Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.111

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.111

back

team_blog_banner

 

「New KNUCKLE」

 

 

世界初の2段階リップであるFXシステムを導入し、

1つのルアーで2つのレンジを攻略できる

システムクランクとして発売されたKNUCKLEシリーズ。

 

1つのルアーで2つの役割を担うという、

夢のようなアイデアから製品化されたシリーズですが、

トーナメンターの立場となって考えると、

状況や経験から導き出された、

「狙ったレンジ」というのが存在し、

そこで最高のパフォーマンスを発揮させるということが、

非常に重要な要素となってきます。

 

 

そこで、

KNUCKLEシリーズのレンジ特化型モデルを

競技仕様として試作。

新しい技術を使いながら様々な必要要素をプラスし、

大きく分けて3つのポイントについて、

ブラッシュアップを施してきました。

 

 

eb_vol111_01

 

まず1つ目が「アクション」。

 

よりハイピッチにキレのいいアクションを生み出すために、

サーキットボードリップを採用しました。

板の厚みは、0.6mm。

薄いと思われるかもしれませんが、

必要最低限の強度を兼ね備えながら、最高のアクションを出せる

絶妙なセッティングを施しています。

 

 

 

2つ目が「プレッシャー」。

 

ハイプレッシャーフィールドが多いトーナメントレイクにおいて、

プレッシャーを与えずにより多くの魚を引きだす、または、

プレッシャーを与えられた後に魚を引きだす事は

決して容易な事ではありません。

 

代表的な要素としては、

「音」によるプレッシャー。

サイレント仕様にして、ウェイト(ルアー内部のおもり)を

プラスチックの棒や壁によって固定しても、

少しの隙間が生まれ、ごく小さな音が発生してしまいます。

そこで、少しでもプレッシャーを与えないよう、

ルアーのウェイト音をサイレント化しました。

 

eb_vol111_02

 

採用した構造は、「S-CRANKシリーズ」で開発した、

プラスチックの反発力を使ってウェイトを固定する方法。

「周りを囲む」だけだったウェイトの固定を、

「押さえつける」という方式で固定し、

ウェイトの揺れを完全に排除しました。

 

 

 

そして、3つ目が「バラシ」。

 

手返しよくサーチしても、見つけた魚をバラしていては、

せっかく掴んだチャンスを棒に振ってしまいます。

少しでもそういった可能性を減らしたいという事で、

フロントフックのアイをスイベル化しました。

 

eb_vol111_03

 

フックの可動域を上げることで、魚への追従性がアップ。

暴れる魚にフックの方向が同調し、余分な負荷を軽減。

さらに、ルアーアクションからフックへの影響を減少し、

ブレの少ないフックポイントを実現。

フッキングのパワーがフックへと伝わりやすくなりました。

 

 

こうして出来上がった競技仕様の「New KNUCKLE」は、

一つの武器として、トーナメンターの皆さんと戦っています。

要望に対してルアーをブラッシュアップしていくという経験は、

日頃の開発業務とは違い、非常に有意義な経験となりました。

 

 

まだ発売などは決まっていませんが、

いつかみなさんにもこういった技術の詰まったルアーを

使って頂けたらなと思います。

 

team_blog_banner

 

"New KNUCKLE"

 

 

introducing world first FX system which is 2 stage lips.

 

This series is the production of the dream idea of 2 roles in 1 lure, and the very important factor is to bring the best performance out in “aimed range” which exists when we see through the contenders’ eye judged each condition by their experience.

 

So, we made a prototype exclusive range model of KNUCKLE series-tournament version-.

We’ve added various necessary factors using new technology to improve on roughly those 3 things.

 

 

eb_vol111_01

 

The first one is “action”.

We used a circuit board lip to create a sharp high-pitch action.

The thickness of the board is 0.6mm.

Don’t think it’s too thin! We came up with this superb number for the best action yet holding enough strength.

 

The second one is “pressure”.

 

It’s not easy at all to entice as many fish as possible without giving any pressure or fish already had pressure at the tournament lakes where the most of them are high-pressure fields.

 

eb_vol111_02_e

 

 

The typical factor of the pressure is “sound”.

We came up with a silent spec. We couldn’t make the lure completely silent by putting plastic sticks or walls to fix the weight (inside the lure) since a small gap occurred no matter how hard we tried.

So we made the sound of the weight itself silent.

 

 

 

The structure we’ve adopted is the method that was developed for “S-CRANK series” to fix the weight by utilizing only repulsion of plastic.

We completely eliminated the shake by holding the weight down instead surrounding around the weight.

 

The third one is “fish getting away”.

 

It’s no use if fish keeps getting away no matter how quickly we search fish.

We used a swivel for the front hook eye because we wanted to reduce those possibility as minimum as possible.

 

eb_vol111_03_e

 

The ability of chasing fish went up by expanding the range of the hook movability.

The movable hook reduces an excess load as the hook goes along with the fighting fish that tries to get away. Furthermore, you’ll have a stable hook point by reducing the influence of the lure action to a hook.

By doing so, it’s much easier to convey the power to hook.

 

 “New KNUCKLE”-tournament version- that was created after going through these process fights fish as a weapon along with contenders.

Brushing up the lure by requests was really good experience compared to the usual development tasks.

 

It’s not official yet about when it will come out or so but one day I want you to use such a cool lure packed with technology!

team_blog_banner

 

“New KNUCKLE”

 

 

以导入全球首发的2阶段长舌板的FX系统,

1个路亚可以攻击2个区域的系统胖子路亚而发售的KNUCKLE系列。

 

1个路亚扮演2个角色,说起来像做梦一样的主意已经产品化的系列,

从淘汰赛选手的立场考虑的话,从状况或经验中总结出,

“以定目标的范围”存在着,

因此让它能发挥最高的性能,成为了非常重要的要素。

 

 

因此,

将KNUCKLE系列的范围限定型产品作为竞技规格进行试作。

边使用新技术边追加各种各样必要的要素,

大致分开对3个重点进行精益求精。

 

 

eb_vol111_01

 

首先第一点是“抖动动作”。

 

为了能在更加高速下呈现出优美的抖动动作,

采用了树脂长舌板。

板的厚度是0.6mm。

大家可能觉得很薄,

实际是兼备最低限度强度的同时,展现出最好的抖动动作的绝妙组合。

 

 

第二点是“压迫力”

 

针对高警惕性钓场非常多的淘汰赛湖,

通过不给予压迫力引出更多的鱼,还有,

被给予压迫力后再引出鱼来并不是一件很容易的事情。

 

 

代表性的因素是“声音”带来的压迫力。

做成无声规格,就算将坠子(路亚内部的坠子)通过塑胶棒或壁进行固定,

也还是会有一点间隙,会发出极小的声音。

所以,像没一点压迫力那样,将路亚的坠子声音无声化了。

 

 

eb_vol111_02_e

 

采用的结构是,通过“S-CRANK系列”开发了的

利用塑胶的反弹力来固定坠子的方法。

以前用只“包住周围”来固定坠子变成“压住”的方式进行固定,

完全排除了坠子的摇动。

 

 

 

然后,第三点是“脱钩”。

 

就算收竿投钓很好地进行搜索,找到的鱼脱钩的话,

好不容易找来的机会就这样白白浪费。

为了尽量减少这种事情发生的可能性,

对前部鱼钩的别针孔进行了旋转轴承化。

 

 

eb_vol111_03_e

 

 

通过提升鱼钩的可动区域,提高对鱼的追随性。

对活跃的鱼与鱼钩的方向同步,减少多余的负担。

并且,减少路亚抖动动作给鱼钩带来的影响,

实现了偏离较少的上钩位置。

上钩的力度也变得容易传达到鱼钩上。

 

 

这样做出来的竞技规格“New KNUCKLE”,

作为一个武器,同淘汰赛的大家一起在作战。

针对此次要求,将路亚精益求精的经验,

同每天开发的工作不一样,成为了非常有意义的经验。

 

发售等还没有确定 ,

非常希望哪一天能使用到集聚这些技术的路亚该多好啊。