Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.112

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.112

back

team_blog_banner

 

石田です!

 

僕が釣りを始めたばかりの15~16年前の当時、メガバスルアーはかなりの人気でとても手に入らないでした。

その時代を築き上げた数多くのルアーたち。皆様に親しまれ愛され続けた代表ルアーとも言える1つの『あるルアー』が2016年にモデルチェンジ致します。

メガバスユーザーならタックルボックスの中に1つぐらいは入っているのではないでしょうか?

 

愛されているが故にモデルチェンジとなるとメガバスとしては新たなる大きな一歩となりますが、今後とも皆様に愛されるルアーになるよう社長を始め、開発員の方々の手によって日々、試行錯誤しています。

 

 eb_vol112_01

 

まだ全貌をお見せ出来ず、申し訳ありませんが、小粒なボディなだけにウエイトの配置が少し変えるだけで、アクションも大きく変わります。もちろんフォルムを変わるだけで水の受け方や逃がし方が「こんなに変わるのか」と毎度毎度テストの最中、フィールドで感じています。

 

近年、釣り場の減少が進み、多くのアングラーがあえなくメジャーフィールドに足を運ばれことが多くなってきたのではないでしょうか。

ただでさえハイプレッシャーのメジャーフィールドに各地からアングラーが押し寄せることで、ますますハイプレッシャー化が進みます。

その為と「このルアーで釣りたい」や「このジャンルのルアーで釣りたい」という気持ち以上に、「本当に釣れるルアー」が求められてくると思います。

 

よく飛ぶ、よく動くと言った性能は当然のようにのように求められ、先代のルアーは場所を問うことなく対応する能力を持ち、その性能は未だに現役で活躍するルアーです。

 

となると1番の敵が「先代」と言う最大の課題となります。先代以上のスペックを絶対に超えなければなりません。

最大の課題の前にメガバス開発チームも頭を悩ませています。

 

 eb_vol112_02

 

ある程度結果は出ているものの、まだまだ使用感やアクションと言った改善点が山積みの段階ですが、近日各雑誌社様からの「このルアー」がついて発表される予定です。

 

乞うご期待。

team_blog_banner

I’m Ishida!

 

When I was just starting to fish which was 15 to 16 years ago, Megabass lures were too popular to obtain.

Many of these lures made the era, this one representative lure from the era has been loved by everyone will be remodeled in 2016.

If you are a Megabass user, you might have this in your tackle box.

 

This is the big step for Megabass since we’re changing it that’s because it’s loved by everyone, but we all including our CEO are making trial and error every day, for the lure to be loved forever.

 eb_vol112_01

Sorry, I cannot reveal it at this point, but I can tell you it is a small body so that just a little place change of its weight would greatly change its action.

And I’m also feeling myself how much changes it makes on receiving and releasing water with a little bit form change every time I’m testing on fields.

 

I believe so many anglers force to go fishing to major fields lately as number of fishing spots are decreasing. The major field is already high-pressure as it is, it will be worse when all the anglers gather from everywhere.

For that reason, we need the lure that can actually catch fish with more than just feeling “I want to use this lure” or “I want to use this lure of this genre”.

 

The function like great flying distance and great move is basic requirement anymore, the lure has the ability to adopt to anywhere and is still going strong.

 

That is why we are struggling to come up with greater spec that can go beyond.

Our development team are now confronting the biggest challenge.

 eb_vol112_02

We’re at the stage that there’re still so many things we need to improve such as feel of use and its action even though we can see some kind of result. This lure will make an appearance on magazines soon.

 

Stay tuned!

team_blog_banner

我是石田!

 

在我刚刚开始垂钓的15~16年前的时候,Megabass路亚因太有人气而没有弄到手.

创造了那个时代的很多路亚们。可以说是一个被大家一直亲近并爱用着的代表路亚“某个路亚”在2016年将进行型号更新。

如果是Megabass的使用者,在配件箱里应该有放一个左右吧。

 

因为被喜欢所以更新型号对于Megabass是迈开了很大的新一步,为了希望能制作成今后也能被大家喜欢的路亚,以社长为首,各位开发员每天都亲自在进行着样品测试。

 eb_vol112_01

目前还不能看到全貌,非常抱歉。因为身体很小,所以锥子位置稍有变化,抖动动作也会发生很大的变化。当然每次每次在钓场里测试的时候都会感觉到只要形状改变,挡水方法或水流方向“就会发生如此大的变化”。

 

近几年,钓鱼场所的数量在减少,是不是很多的垂钓者都没办法,来大钓场的次数变得多起来了吧。

本来就压迫力很高的大钓场,因为各个地方的垂钓者们蜂拥而至,钓场的压迫力变得越来越高。

因此,比起“想用这个路亚垂钓”或“想用这个系列的路亚垂钓”这种心情,我觉得大家应该更需要“真的可以钓到鱼的路亚”

 

当然追求有优越的抛投力、优美的抖动动作的性能,并且上一代的路亚拥有不管在哪个钓场都可以对应的能力,这种性能到现在仍然能大显身手的路亚。

 

如果是这样的话,最大的敌人就是“上一代”这个最大的课题。一定要超过上一代的规格。

在最大的课题前,Megabass开发团队也正苦思焦虑着。

 eb_vol112_02

虽然已经有一点点的结果,但使用感或抖动动作这些改善点还是堆积如山的阶段,近期计划通过各种杂志社发表“这个路亚”。

 

敬请期待!