Megabass JAPAN QUALITY

HOME > YUKI ITO 鬼斬ブログ > メガバスブース超満員御礼!!ありがとうございました!!

メガバスブース超満員御礼!!ありがとうございました!!

back

ito-blog_20180328_01

 

ito-blog_20180328_02

 

名古屋キープキャスト開催日と同日になってしまったドイツ・ミュンヘンで開催されたIFデザインアワード受賞式会場からトンボ帰りで帰国し、九州へ!

西日本釣り博会場の釣りビジョンさん、今江さん、KATSUUたちとのスペシャルイベントに合流するため、九州小倉へ上陸!もう何十年もこうしてあちこち飛び回っておりますと時差ボケなど無い体質に。24時間営業のコンビニエンス体質といいますか。

 

 

 

今江さんがメガバスのステージに立つのはもちろん、初のこと。前回大阪ショーでは、イマカツさんブースに私がゲストとして呼ばれ、今江さんが司会をされましたが、今回は私が司会。今江さんをスペシャルゲストとしてお招きしまして、I×I(アイバイアイ)の濃厚解説をしていただきました。電撃VSタキオンから、電撃アクションを生み出すタキオン高速移動のマイクロLBO搭載・・・二人が生み出した新型シャッドの概念によって、おそらくバスフィッシングは今後大きく変わっていくだろうと予測されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロッドでは、大注目!!の、じつに18年ぶりのフルモデルチェンジ。希少金属をふんだんにハイブリッドした最新のタイタニウム製ロッド「ALL NEW EVOLUZION(エヴォルジオン)」に触れられるということで、往年のエヴォ使いと初代オーナーの方々が西日本エリアの枠を越えて九州に集結!!なんと関東から来られた熱いファンの方々もいらっしゃいました。「とにかく信じられないほど軽い。」「しなやかなのにビンビンの超好感度。」エヴォならではのラグジュアリーなデザインに秘められた驚愕のスーパーテクノロジーの数々。

 

ito-blog_20180328_21

 

はっきりいいまして私は、ここまでバスロッドはスゴくならなくていいんじゃないか?と思っております。私は、このたびIF受賞した「オリジナル・デストロイヤー」のビシバシのハイテンショングラファイトシャフト、スイートスポットもタイト、取り扱いに一定スキルを要するスパルタンなキレっキレシャフトで、自身の身体能力と感覚神経を研ぎ澄ます釣りをすべく精進しております・・・つまり、エヴォって釣りが超・快適過ぎるのです!最新のエヴォは超の上に超が3つくらいつく、超超超・超快適です。釣りが上手くなったような、とんでもない勘違いをおこします。

したがって丸2日間釣りしていますと、2日目には私も自然にエヴォへと手が伸びてしまいます。ホント、技術の進歩って恐ろしいです。ALL NEWエヴォルジオン、みなさん熱視線を浴びせておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

釣りビジョンさんで新たに始まった動画コンテンツ、「アイティオーレポート!」でも鋭意解説しております。

 

ito-blog_20180328_30

 

そして、メガバスロッドファクトリー「2018 スペシャルライン」として新たにデビューを飾るのが、各国メディアでいま一番の話題になっている大注目の新素材スペシャルモデル「VALKYRIE(ヴァルキリー)」!!!戦死者を審判し天国か地獄かの冥界へと振り分けて連れていく、伝説の女神の名前。日本ではエンマ大王ってところでしょうか。

ヴァルキリーでは、日本の繊細な綾織り技術とこれまで未知のマテリアルといわれていた超極細神経みたいなマイクロファイバー(グラス)をカーボンファイバーと融合した繊維、ハイブリッド構造「SHIELZ(シールズ)」がいよいよ完成しアンベール!一部の伝統的な着物(きもの)の帯などでも採用されている高耐久構造ですので、エンマ大王ではなく、女性司としてヴァルキリーになったとか。

これまでのメチャ重たいビッグベイト用ヘヴィロッドをはるかに凌ぐハイパワーロッドなのに、フツーのバスロッドのごとく振り回せる驚異的な軽快感と取りまわしの良さを実現させている。漢のモンスターハンティングバスロッド!というより、だれもがフツーのバスロッド感覚で気軽に扱える、「正真正銘の対モンスターハンティングバスロッド」です。

 

ito-blog_20180328_31

 

なお、最新のマイクロファイバー(グラス)は、驚異的な耐久力の高さと優れたネジレ剛性に加えて、カーボンロッドと同レベルの高い感度までもたらしている。ブラックジャングルデビューの時代にSHIELZが開発されていたら、迷わず導入しただろう。ほんとに技術の進歩とは恐ろしい。ここにきてメガバスの素材構造導入の研究成果がいっきに花開いた感じです。釣竿の進化がまたはじまる。これは、新たな釣りのはじまりを意味しているのです。とにかく、マイレコードを記録更新したいならば、ヴァルキリーです!

 

 

 

 

 

 

さらにヴァルキリーには、MAHZ(メガバス・アジャスアブル・ハンドリング・システム)を初搭載。お好みに応じて、「リアハンドルの長さを瞬時に可変できる」スグレモノ。さっそくスギちゃん(杉村プロガイド)をはじめ、アメリカのトガったアングラーたちの間で超絶人気を誇るビッグバスドリームの面々が、モンスターハンティングで激しく好釣果を見せつけている。

ちなみにヴァルキリーでスイムベイトやバイブレーション、クランク、スピナベを投げると、恐ろしく良く飛ぶ。彼方へとぶっ飛んでいく。SHIELZで構成したトルクフルなシャフトは、スイングスピードに関係なくこれら高・空気抵抗値をまとうルアーの「荷重が乗るスイートスポットの領域が極端に広い」からだろう。好ご期待!!

 

ito-blog_20180328_38

 

その他、いよいよITOエンジニアリングからデビューした超高回転型剛体リール、「RHODIUM(ロジウム)」や、新型LBO II(リニアベアリングオシレーター)を搭載しておよそ20年ぶりに正常進化を遂げたDEEP-X100、200、フラップスラップなど。

 

ito-blog_20180328_39-40

 

ソルトもNEWテクノロジーを新たに導入したロッドやルアーの数々に、みなさんから多くのお問合せをいただいております。釣りは、新しい道具が新しい釣果を連れて来るのもまた真なりですので、今年は全国のアングラーのみなさんにも色々と手に取っていただき、チャレンジしていただけたら、と思っております。

今年のメガバスのテーマは、「心躍る釣果をもたらす、アートとテクノロジーの高次元融合」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「THE FINAL FRONTIER(ファイナルフロンティア)」とは、「最後の開拓者」。いつしか個々のチャレンジスピリットが希薄化し、他人のエンターテイメントを見て満足するようになってしまった受動的なこの世界で、メガバスはアートとテクノロジーの最先端に立ち、破壊と創造をしていきます!主役はチャレンジングなアングラー自身。

では、フィールドでお会いしましょう!!

 

 

 

TOPへ