被災地の方々へお見舞い申し上げます。

今回の50年に一度ともいわれる集中豪雨による、鬼怒川一帯を襲った水害では、被災者の方々には心よりお見舞い申し上げます。

また、他の地域でも被害は甚大で浜松市でも南区が水没するなど大変な事態となった。

改めましてお見舞い申し上げます。

 

私達釣り人が普段身近に接している河川を流れる水は、そこに根ざす魚や自然、釣り人たちにフィールドの根源として癒しの環境を提供してくれるが、言うまでもなく大きな牙を剥くこともあるということを改めて思い知る結果となってしまった。

 

私自身、過去にも阪神大震災や鳥取地震をはじめ、竜巻や土石流など、不幸にもこの身をもって現地で遭遇してしまった数々の災害を体験しているが、自然の驚異に抗う万全な策などいまのところないのが実情だ。

 

出来ることは、そうした不幸に遭遇してしまった場合の対処と助け合いである。

今後も気象条件の変化によって、想定を超えるような自然災害を体験することになるかもしれない事は胸に刻んでおきたい。

日頃から助け合える関係性を構築しておく事と、いざ、その際に要求される迅速な対応を心掛けたいと思っております。

 

 

TOPへ