「止めようとすると・・・釣れる!!」激ヤバルアー「I-BRAKE」!

0001

 

 

●ファストムービングの反対。止めようとすると釣れるルアーを作る!?

 

「巻いて釣る」は、ファストムービングルアーの基本。では、巻いて釣れなかったらどうするか?

 

多くのアングラーは、そんな反応薄のスローなタフフィッシュに対して、止めて食わせられるソフトベイトにシフトするだろう。或は、ヨコの釣りからタテの釣りへと転じ、あえて素早いフォールで思わず口を開かせる、リアクションバイトを誘発するジグや、最近では「ビアンカ」のようなスプーンを使うのもアリですね。

 

ファストムービングとはその名の通り、「素早く動かす」ことで魚をチェイスさせ、その際オンしたフィーディングモードに乗じてバイトさせてしまう釣り。スピナーベイト、スイムベイト、クランクベイトなど数多くのファストムービングルアーがあるが、多くのハードベイトは、止めることでその効力の大半を封殺することになる。

 

唯一、素早く動かして、なお、止めて誘うこともできるのは、ONETENなどのサスペンディング・ミノーやSHADING-Xがあるではないか、と一瞬思ったあなたも、すぐにそれは間違いだったと気づく。

 

なぜなら、突き詰めて観察していけば、ミノーやシャッドは、「動」から「静」へのシフトによって生じる、次なる「動」に対する魚の衝動的反応を高めて釣っているから。つまり、やはり「ファストムーブ」することで魚をバイトさせる釣りだ。

 

ファストムービングルアーで魚のチェイスやバイトが無い時、たとえ止められるとしても、再びミノーやシャッドという「ファストムービングルアー」に期待を込めてシフトする人は少ないはず。

 

 

●新感覚!!ストッピングパワーで釣る、I-BRAKE!!

 

0002

 

現在、愛艇ギャンブラーに搭載するARMS SUPER LEGGERA(スーパーレジェーラ)で投げまくっているのが、最終テスト段階に入ったI-BRAKE(アイブレイク)。社内の一部では「アイ・ストップ」(どこぞのクルマのシステムみたい)とか「アイ・ブレーキ」とも呼ばれている、新感覚ルアーだ。

 

I-BRAKEは、そもそもファストムービングルアーではない。いってみれば、「スロームーブ&スローダウン」でかつてなかった破壊力を発揮するルアー。かといって、止めて釣るというものでもなく、ゆっくり巻いてきたのを止めようとする行為・・・つまり、リトリーブスピードを「スローダウン」している時、ブレーキングの際に発生するヒレの微弱な波動とワッキーなテーリングアクションが、挙動不審なナチュラルリアクションを引き起こして思わず食わせてしまう、そんな仕組みである。

 

テストフィールドの関東・中部のフィールドをはじめ、現在最終テストを行っている四国の早明浦ダムの動画撮影中、ポストスポーンのバスを相手に、およそ半日で私に平均30回のチェイス、黒田たちに20回以上に及ぶチェイスをもたらした。「スロームーブ」と「ストッピングパワー」、恐るべし!である。

 

プロトタイプは正直、夏休みの宿題のような工作レベル。そこらへんはこれからいっぱしの作品へと私が仕上げていかねばならないが、基本コンセプトはテスト中に得た圧倒的な釣果によって今後変えることはないだろう。

スイムベイトを追ってくるのだが、見切ってターンしてしまうとき。そもそも、ファストムーブでは追ってくる魚が見えないとき、そんな時こそ、I-BRAKEである。

 

I-SLIDEやI-JACKに引き続き、またひとつバス釣りパターンの新たな扉を発見し、それを開けることができそうな気配。そんな新機軸ルアーやARMS,EVOLUZIONなど、私の個人的作品を満載するアイティオーエンジニアリングが、今夏いよいよオリジナルサイトをオープンするかもです。アイティオーのAMAZING WORLDに好ご期待を!

 

 

 

TOPへ