FRESH VOICE

大阪湾太刀魚ジギング~洲本沖編~

皆さんこんにちは!

Megabassスタッフのトシユキです。

 

今回は今シーズン初の洲本沖での太刀魚ジギング釣果レポートです。

 

今回もまたまた、西宮から出港の釣人家さんにお世話になりました。

 

ここ数日の洲本沖では130㎝オーバーのドラゴンサイズもテンヤ仕掛けで上がっているとのことで、期待に胸を膨らませての釣行です。

 

今シーズン初の洲本沖ですが、天気は快晴、風もそんなに吹かず絶好の釣り日和です。

 

潮周りは大潮ということで太刀魚には少し不向きな感じですが、反面ドラゴンサイズ捕獲のチャンス!

 

約1時間半ほどのロングドライブで洲本沖に到着。

ポイントは航路筋を離れた大阪よりの水深75m~80mのフラットエリア…。

 

既に船団が見受けられます。

 

 

いつものようにSLASH BEATをセットして、太刀魚の雰囲気を確認します。

 

普段のこの水深なら、120g~150gあたりを選択するところですが、例の鯖フグ対策で急速沈下させるために180gをセットして釣り開始です。

 

船長の指示棚である底から10m付近までをいろいろなジャークで試しますが、無反応…。

 

船をポイントへ入れ直し、再度探っていくと、指示棚付近でジグに微妙な反応が…。

 

丁寧にロングフォールを混ぜながら誘ってやるとゴン!

 

初ヒットはF3クラスのアベレージサイズです。

 

 

ロングフォールに良い反応が出たので、いつものローテーションのSLASH BEAT BACK SLIDER180g、大型に実績のあるトロピカルカラーにチェンジして探っていきますが、ポロポロと拾い釣りのような展開で、サイズはなかなか伸びません。

 

 

その後、フグの猛攻によるPEラインの高切れなどもあり、ストレスの溜まる展開に…。

 

バナナやアカキンゼブラなど定番のゴールド系カラーも試しますが、サイズはF3.5まで…。

 

 

潮が転流するタイミングで、船長が航路筋へ大きくポイントを移動…。

 

ターゲットをドラゴンサイズへ変更したようです。

 

水深90m~80mで前日、前々日にこのポイントで130㎝オーバーが上がっています♪

 

船長の指示棚は水深60m~65m、ここでもSLASH BEAT BACK SLIDER180g、カラーはトロピカルをセットしてロングフォール主体で探っていくと、反応はあるもののサイズは先ほどと変わらず…。

 

再度、船をポイントに入れ直した直後にゴン!

 

今までとは違って締め込みが強く、上がってきたのは、F4.5のグッドサイズ♪

しかしドラゴンには到底及びません…。

 

 

その後はフグとの格闘でまたまた高切れが連発し、心折れそうになりながら奮闘しましたが、サイズアップは叶わず、ストップフィッシング…。

 

合計20本の釣果でした。

 

 

 

暫くはこの大阪湾一帯で、フグの猛攻は続きそうなので、PEラインは単色で地味目のカラーのものを使用したほうが良さそうです。

 

フグ対策も万全にして、次回また頑張ります!

 

タックルデータ

 

ロッド:SABERIST SA-63LSABERIST SA-63ML

ライン:PE0.8号

リーダー:リーダーフロロ5号2m、バイトリーダーフロロ14号50㎝

使用ジグ:SLASH BEATSLASH BEAT BACK SLIDER 180g