FRESH VOICE

神戸沖太刀魚ジギング ~ルアーローテ~

皆さんこんにちは!

Megabassスタッフのトシユキです。

 

先週に引き続きドラゴンゲットを目指して、須磨から出船の耕栄丸さんにお世話になりました。
船長夫婦がとても親切で人気の船宿です。
乗船前後のアルコール消毒など、感染防止対策もバッチリで安心して乗船出来ます。

 

この日の天候は朝から曇り空で、お日様が顔を出すのは僅かな時間帯だけでしたが、
太刀魚&青物ジギングの二本仕立て。

先ずは太刀魚からスタート!

 

SLASH BEAT150g、カラーは前回説明したローライトでもアピール出来るバイオレットピンクをチョイス。
いつも釣り開始直後はSLASH BEATを使用し、太刀魚の食い方を確認します。

 

オーソドックスにワンピッチジャークなのか、それともスローなワンピッチジャークか、1/2、1/4と刻んでジャークするのか、もしくはフォールに強い反応があるのか…。

 

そういった様々なジャークに対応してくれるのが、SLASH BEAT♪

 

皆さんもフィールドに着いたら、様々なテクニックを駆使して魚の反応を見るための確認作業をされていると思います。

 

私の場合、よほどパターンを決め打ちしない限り、このSLASH BEATで確認作業を行います。

 

この作業でフォールに強い反応があれば、すかさずSLASH BEAT BACK SLIDERにチェンジし、このジグ特有の長いバックスライドの効いたロングフォールでアピールさせます。

 

私にとってSLASH BEATはサーチベイト兼ジャークによる上げで食わす用で、SLASH BEAT BACK SLIDERはフォール主体の下げで食わす用みたいな感じです。

 

さて、本日はどうでしょうか…。

 

ポイントは水深60~70m、ボトムからノーマルなワンピッチジャークで試してみると、底から5m付近でフワッと絡み付くような反応が…。

ほんとSABERISTは軽量で使いやすく、感度抜群です~♪

 

そのまま誘い上げてくると、8m付近でヒット!

 

 

好スタートですが、ポツポツ釣れる感じで後が続きません…。

 

次に長めのフォールを混ぜながら確認していくと、同じく底から5m付近で反応が…。

 

フックアップ出来ないので、直ぐさま底を取り直し、同じように長めのフォールを入れてやると、同じ水深でヒット!

 

 

これはフォール主体のパターンと読み、すかさずSLASH BEAT BACK SLIDER150g、カラーはローライトに強いトロピカルに変更し、同じように長めのフォール主体で誘ってやると好反応!

 

 

 

その後もジャークスピードを変化させて魚が飽きないように誘ってやると、同じく底から5m付近で釣れ続け、10時までに29本の釣果…。

 

 

途中、なんとかドラゴンサイズをと思い、SLASH BEAT BACK SLIDERのシルバーゼブラカラーで共食いパターンを試してみたり、デットスロー、ウルトラ早巻きをしてみたりといろいろ試しましたが、結果的に数はそこそこ釣れたもののサイズはF4止まりでした…。

 

 

10時以降はポイントを移動して青物を狙いましたが、潮が思ったほど効いておらず不発に終わりました…。
私の本命は太刀魚だったので青物不発は良しとしますが、次こそはドラゴンサイズを仕留められるよう頑張ります!
ここ最近の神戸沖での釣果ですが、かなり良いサイズが混じり出した感じです。

 

テンヤも含めてですが、日によってはF8の130センチを越えるようなドラゴンも上がっているようです。
今がまさにドラゴンチャンスかもしれませんね…!

 

皆さんもSLASH BEAT、SLASH BEAT BACK SLIDERで太刀魚ジギングにチャレンジしてみませんか♪

 

 

 

タックルデータ

 

ロッド:SABERIST SA-63LSABERIST SA-63ML

ライン:PE0.8号

リーダー:フロロ5号+先糸フロロ14号

使用ジグ:SLASH BEATSLASH BEAT BACK SLIDER 150g