FRESH VOICE

神戸沖太刀魚ジギング

皆さんこんにちは!

メガバススタッフのトシユキです。

 

今シーズン二回目の太刀魚ジギングで、神戸沖に出てきました。

 

本日もいつもお世話になっている、須磨から出船の耕栄丸さんです。

 

このところ、そこそこ数は上がっているようですが、サイズはどうでしょう…。

 

本日入ったポイントは60m~70mの平地で、既に船団が出来ていました。

 

先ずは様子伺いでSLASH BEAT150g、カラーはピンク系やパープル系が最近の当たりカラーと船長がおっしゃるので、バイオレットピンクをセット。

 

指示棚は底から10m付近で、先ず少し早目のワンピッチで探っていくけど反応無し…。

 

徐々にスピードを落としながら、反応を確認していくと、じゃれ付くような感触が伝わって来ます。

 

それにしてもSARBERISTは軽くて感度抜群ですね~!

美しいデザインでビギナーからエキスパートまで使いやすいロッドに仕上がっています。

 

 

さらにジャークスピードを落としたところでゴン!

 

しかし、ぜんぜん引きません…。

上がってきたのはベルトサイズの可愛い太刀魚(笑)

 

 

同じパターンを試しますが、上がってくるのはベルトサイズばかり…。

 

サイズアップを目論んで今度は、かなりスピードを上げて出来るだけジグを飛ばし過ぎないように誘ってやると、少しサイズアップ!

 

 

 

指示棚より少し下の方が魚のサイズが良いようなので、底から5m~8m付近を中心に探っていきます。

 

するとロングフォールでも反応が出だしたので、すかさずジグをSLASH BEAT BACK SLIDER180g、カラーはお気に入りのバナナにチェンジし、同じように早目のジャークにロングフォールを混ぜてやると結果が…。

 

 

意気揚々とジグを入れ直すと、今度はフォール中に引ったくるようなバイト!

 

しかし、明らかに太刀魚じゃない引き…。

 

正体はサワラでした~!

太刀魚ジギングでもちょくちょく釣れる嬉しいゲストです。

 

 

その後はまたまたベルトサイズの猛攻に遭い、過去ドラゴン実績の高いトロピカルカラーにチェンジして、同じように早目のジャークでロングフォールを混ぜるパターンで攻めますが、サイズはF3.5止まり…。

 

 

 

最終的にベルトサイズを含むトータル30本で終了…。

結局ドラゴンには出会えませんでした…。

 

本日は、少し早目のジャークでジグを飛ばし過ぎないように出来るだけ柔らかく誘うのが効きました。

 

早く、柔らかく相反する動作ですが、ロッドを一番手柔らかいものにし、ジグを少し重めにしてやると操作がしやすくなります。

 

SARBERISTならLスペックにSLASH BEATSLASH BEAT BACK SLIDER180gのセットがお薦めです。少しオーバースペックになりますが問題ありません。

 

神戸沖太刀魚のシーズンはまだまだ序盤です。

グッドサイズの群れが入ってくるのに期待しましょう。

また、状況をお伝えします~。

 

タックルデータ

ロッド:SABERIST SA-63LSABERIST SA-63ML

ライン:PE0.8号

リーダー:5号

バイトリーダー:メタルライン3号

使用ジグ:SLASH BEATSLASH BEAT BACK SLIDER 150g~180g