FRESH VOICE

オッチー的!!チャターベイトとスピナーベイトの使い分け

こんにちは!オッチーです。

スポーニングも一段落して、梅雨時期となりました。今年は梅雨が長いそうです。

個人的には仕事が休めて釣りに行けるので大好きなシーズン。笑

今回は梅雨に効く2種類のルアーについて紹介します。

 

越智 一輝

 

■ チャターベイトとスピナーベイトの使い分け

チャターベイトとスピナーベイト。どちらも釣れるジャンルであり、個人的には多用するルアーです。

でも、明確な使い分けムズくないですか??

僕も昔は明確な使い分けもせず、その日の気分で使ってました。

今ではしっかりと使い分けをしているので簡単に説明したいと思います。

 

 

今回は簡単に分かりやすく表にまとめてみました。

1項目ずつ説明しますね。

 

まずは1つ目の「スピード」。

ハイシーズンになれば、魚が賢くなります。そう言った賢い魚を騙す為に必要な「スピード」。

スピナーベイトはルアーの見た目の通り、抵抗になるパーツが多く付いているため、スピードが出しにくい。

一方、チャターベイトはハイピッチなアクションで早巻きにも対応できます。

コレによりクリアな水質でも魚を騙しやすいのが特徴。

 

越智 一輝

 

しかし、この後の2つ目の項目、「レンジの幅広さ」に繋がるんですが、スピナーベイトと比べ、チャターベイトは出しにくいんです。

メガバスのロビンブレードは浮き上がりのよいハイピッチなアクションが特徴。この特徴から水面下~1m以内を狙うので適してます。それより深いレンジを狙う場合にはスピナーベイトのSV-3って感じで使い分けます。

また、立木などの縦ストに対してカーブフォールでアプローチする際にはSV-3の方が有効になります。

 

 

3つ目の項目、「アピール力」ですが、2つのルアーともにアピール力は高めです。

ただし、チャターベイトの特性上、スロー引きがしにくいため、濁りの強い場合は個人的にSV-3からアプローチしてからチャターベイトという順番でルアーを選択してます。

 

 

4つ目の項目、「スナッグレス性能」に関してはスピナーベイトが優勢になります。

チャターを魚の目線より上にトレースして食わすテクニックもありますが意図的にルアーのトレースレンジを変える必要がありますので、根掛かりしにくく簡単なのはスピナーベイトですね!

 

簡単ではありますが、コレがオッチー的チャターベイトとスピナーベイトの使い分けになります。

また、この2種類のルアーを使う時は先調子気味のMHクラスのロッドにハイギア以上のリールがオススメです。

僕はVALKYRIE VKC-611MHを好んで使ってます。

 

 

チャターベイトとスピナーベイトは野池でも、リザーバーでも、効果的ですので是非試してみて下さい。