FRESH VOICE

オッチー的!早春にオススメ!!プリスポーンに効くハードプラグ

どうも!!オッチーです。徐々に暖かい日も多くなりバス釣りシーズンの到来です。デカイ魚が釣りやすい早春のタイミング。個人的に大好きなシーズン!!今回は早春に効くハードプラグのご紹介ですっっ!

 

プリスポーンに効く3種のハードプラグ

個人的には早春のタイミングは時合いを捉えることが大切。せっかく時合いに入ってもライトリグをしていては、時合いを掴めない...だからこそ、ガンガン巻いてデカイ魚を狙っていきたいですよね。
でも、巻きモノなんて世の中にいっぱいあるから、実際どんなルアーが良いか解らないのが正直な所です。

今回、僕がオススメするルアーはこの3種。

 

 

まずはキングオブジャークベイト、ONETEN LBO。もちろんLBOではなくてONETENでも全然オッケー。ただし明らかにLBO II搭載モデルの方がキャストしやすいので個人的にはLBOモデルがオススメです。

 

越智 一輝

 

次にフラップスラップLBO。これは個人的な位置づけはロールアクションのシャロークランク。ボトムに当たった時の平打ちアクションが最高!前回モデルから使用してましたが、LBO搭載のモデルは遙かにキャスタビリティーが良くなり、釣れるルアーが最高に釣れるルアーになったイメージです。笑

そして、最後の切り札、I×Iシャッド Type-R。これを巻いて釣れなかったら今日は巻いて釣れる日じゃなかったと諦めて帰ります。笑
この3種が個人的に信用している神スリーですっっ!!

 

越智 一輝

 

ルアーを信じてハードボトムを巻きたおせ!

ハードプラグの釣りでいちばん大切なのが信じて巻き続けること。なに精神論言うてんねん!?って思った方も多いかもしれません。

でも、これってすごく重要だし、ハードプラグの釣りの核心の部分かもしれません。ただし、適当に巻いてて釣れるほど甘くないのも事実。

フィールドの地形がどうとか、さまざまな釣れる要素がありますが、簡単に説明するとハードボトム。リップがボロボロになるようなゴロタや硬い地質の場所をひたすら巻いてみてください。

春はシャローのハードボトムに魚が差してきて時合いが起こります。その魚を釣る為に有効なのがハードベイトです。

 

個人的に早春の早いタイミング(水温10度前後)で有効なルアーがワンテンのストップ&ゴーのアクション。レギュラーリトリーブで巻いてハードボトムにコンタクトしたら2~3秒止めて巻く。この繰り返しです。もちろんジャークしてもいいですが、春にシャローへ上がりたての魚には、そこまで激しいアクションは要らないと個人的には感じています。

 

 

フラップスラップLBOはフィーディングに上がった、やる気のある個体に対してフラッシングのリアクションで釣るイメージ。ボトムに当てて、キラっと光って、ボトムにまた隠れて光るの繰り返しが釣れるってイメージで使っています。

そして、これでも釣れなかったら、I×Iシャッドを投入する流れになります。
これだけ小型でキャスタビリティーがあり、根掛かりが少なく、イイ意味で少しクランクベイトの要素が入ったシャッドプラグは唯一無二と思います。

 

 

この3種のルアーを扱う為にオススメなロッドはVALKYRIE VKC-69M+ですね。

 

 

もちろん、VALKYRIE VKC-66M+でもVALKYRIE VKC-67MLでも全然オッケーですが、ロングキャストが必要なオカッパリではVKC-69M+がオススメです。

巻きの釣りは苦手だなぁって方も今年は是非、ハードプラグをガンガン巻いてもらいたいと思います!!

 

越智 一輝