FRESH VOICE

「ヒラメさ~ん!時間ですよぉ~!」 ~ MARINE GANG Cookai 140S ~

 

深夜から竿を振り、海の様子を伺う。

探しているのは地形変化、それに流れ。ついでにベイトも見つけられたらハッピー♪

そんな事を願いながら、浜辺を黙々と歩きつつキャストを重ね、少しづつ地形図を描いている。

 

 

数日前の雨により、河口からは灰色の水が海に注がれておりこれが、どう影響するのか、しないのか・・・?

手持ちのデータは、「あまり関係ない」と言っているが、周囲の実績は、明らかに濁りを避けている・・・

ウ~ン・・・難しい・・・(笑)

 

 

夜明けが近づけば、続々と釣り人が現れ、浜辺のスペースは綺麗に消えていく・・・

悩み迷ってはいられない。

自信は無くても、何か「理由」が持てる位置で竿を振っていたい。

結果的にそれが、ダメな方の理由だとしても・・・

 

 

釣り座を決め、既に1時間・・・

沖に向かってMARINE GANG Cookai 140Sを投げ続けているが、いまだバイトは無い。ベイトにも触れず、薄暗い海面に特に変化も見られない・・・

 

そうして、いよいよ東の空が白み、光量が増し始めた時だった・・・

「ヌグッ!?」

突如、MARINE GANG Cookai 140Sが動きを止めた!?

 

 

即座にフッキングを放ち、パタパタとした手応えに相手を確信するも、安堵感の後、途端に腹立たしさがこみ上げる・・・

「正解の位置」で、「正解のルアー」を投げていても、あくまで、「その時間」・「その時合」・「そのタイミング」が来なければ、やっぱり口を使わない・・・

 

好物らしいから、わざわざ黄金色に輝く空海を持参して、失礼が無いように早めにお宅に到着もして、玄関で呼び鈴連打してるのに、ひたすら「居留守」を決め込んでおいて・・・時間が来たら、悪びれもせず、何事も無かったかのように玄関開けて、挨拶も無しに、手土産だけはしっかり受け取るという、この対応・・・

 

改めて思い返すだけで、何だか無性に腹立たしくなってきたので・・・

この週末も、マリンギャング空海を携えて、懲らしめに行ってやろうと思います!(笑)

 

 

【使用タックル】

ロッド:Shadow XX  SXX-100M

リール:4000番

ライン:PE 1.5号

リーダー:ナイロン30lb.

ルアー:MARINEGANG Cookai 140S(GG赤金)