FRESH VOICE

マキッパ・サワラチューンの秘密を語る。

①開発コンセプト

 

サワラ、サゴシなどをメインターゲットとした青物、カツオなども狙えるチューンver.。

ホームの瀬戸内エリアではマキッパでサワラがよく釣れることから、さらに釣果UPに繋がるよう独自のセッティングでフックなど変えて釣っていたことキッカケに今回、サワラチューンが誕生しました。

 

②マキッパ・サワラチューンの特長とスペック

ベースはマキッパのフロントアシストフックをスイベルとフックに変更。青物が吸い込みやすいようにスイベル仕様といたしました。

また、スプリットリングを外せば、ボデイアイにもアシストフックを装着することで刃物に確実なフッキングに導きます。さらにブレードコロラドブレードを仕様に変更。

テストする中でウイローとコロラドでは後者の反応が良く、マキッパ自体もコロラドブレードの高速巻きでも破綻しないため採用。

 

 

 

フック:線径φ1.3mm(平打1.2mm-1.4mm)の高強度特注シングルフック

→マキッパ40gのアシストフックに用いているフックと同じ線径&強度。

リングサイズ:#3

スイベルサイズ:#5

ブレードサイズ:#1.5(コロラドブレード)

 

 

③こだわりポイント

 

 

前後のアシフトフックに特注のタテアイフックにすることで、おまかせアイへの装着もスムーズで扱いやすい。

このタイプのしっかりしたフックを採用することで、掛けるのはもちろん、ファイトタイムを短くできることで遊漁船などの限られたスペースでも多少強引なファイトでもスムーズに魚を寄せれます(お祭り軽減とも言える)。

スプリットリングや強化スイベルも強く、ブリクラスのファイトも安心してやりとりできます。

 

④対応魚種に有効な使い方やテクニックなど

サワラ場合もXDギアで早い巻きが有効です。だまされたと思ってシーズンの時に試してみてください。また、巻きのスピードによってシーバス、ヒラメ、ブリなども狙えます。

 

マキッパ・サワラチューンはマキッパ性能をさらに対大物へアップデートしたモデル。

自由度が高くなっているため、シーンに応じてオリジナル・マキッパと使い分けてみてください。

発売をお楽しみに。