FRESH VOICE

サクラマスネライマス

こんにちは。

Great Hunting Field Staffの永嶋です。

 

今回は、海サクラマスを狙いに行ってきました。

前週にかなりの数が接岸したとの情報を受け、夜明けの1時間前の午前4時現地着で一番乗りを狙ったのですが、既に見たことない位の台数の車が・・・。

心の中では、「はい、終了~!」と嘆いておりましたが、とりあえずポイントへ向かいます。

さすがに一級ポイントは空いていないので、適当に場所を確保して夜明けを待ちます。

既にポイントには2~30人が待機しております(笑)

 

空が薄明るくなってきた頃、キャストを開始!

先発は、最近お気に入りのX-80MAGNUM

カラーは、前回の釣行でサクラマスを連れてきてくれた赤金(GLX AKAKIN IWASHI II)をチョイス。

先ずは、表層をただ巻き。

次に、ジャークを織り交ぜながらリトリーブしてきます。

が、しばらく投げるも、異常なし!

ゴールデンタイムなのに周りのアングラーも静かです。

 

ルアー交換でもしようとBOXを覗くと、あるルアーが目に留まりました。

X-80MAGNUMのサクラマスが大好きなピンク(HT HIRAME PINK IWASHI)!

このルアー、これだけ人がいる中でも一際目立っております(笑)

明るくなってきたとは言え、まだ夜明け前ですし、風向きで少し川の濁りが入っている状況ですから、とにかく派手なルアーで気付かせる作戦です。

 

同行している兄に「これ、釣れそうだよな~」なんて言いながら、ルアーを見せびらかしてからキャストを開始。

表層を引っ張っても反応が得られないので、着水後10カウント位沈めて巻き出します。

すると、表層より引き抵抗を感じる層があり、そこを外さないようにリトリーブ&軽いジャークで誘います。

フルキャストから半分くらいまで巻いてきてジャーク&ストップの際に「モソッ」と違和感が!

すかさずラインスラッグをとり軽いジャークで「ドンッ」とフッキング!

海サクラマスのリールロックは、本当に最高です!

かなりの人数の中で第1号ヒットは注目を浴びますね(嫌いじゃないです。笑)

 

 

大きくはないし、ネットで鱗が剥がれてしまっていますが、やはり格好いい魚ですね。

 

その後、やはり一級ポイントのみで釣果が上がり、その他の場所はいまいちな状況。

 

完全に日が昇り、周りの釣果も落ち着いてきた頃にX-80SWに変更し、少しサイズ感を落とします。

ルアー変更後の第一投目、着水後10カウントでリトリーブを開始し、ジャークを2回入れたところで「ゴゴッ!」とバイトが!

 

1本目とほぼ同サイズではありますが、嬉しい釣果です。

 

 

その後、昼過ぎまで粘りましたが、異常なしで撤収です。

 

季節物の魚を狙うのは、魚との闘い以前に人との闘いがありますよね。

鮭やサクラマスは特にそうだとは思いますが、少し前のアメマス狙いでは、前日の午後10時には満杯で入れないなんてこともありましたから、自分含めて、釣り人ってどん欲だな~とつくづく思います。

 

これから5月いっぱいはサクラマスを狙っていきたいと思いますので、またアップできるよう頑張ります!

 

ではまた!

 

【使用タックル】

ロッド:SHADOW XX  SXX-96ML

リール:4000番エクストラハイギア

ライン:PE1.2号+リーダー16 lb.

ルアー:X-80MAGNUMX-80SW