FRESH VOICE

冬の野池攻略

こんにちは!

Megabassフィールドスタッフの石井 晃太です。

 

気温2℃〜3℃さらに爆風の中、冬の野池をチェックしました!

VIBRATION-X DYNA RESPONSEでバイトを得ることができました。

DYNA RESPONSEはリフト&フォールを小刻み行い、狙ったコースを丁寧に探ってあげると反応を出やすい傾向でした。

 

 

冬のバスフィッシングは暖かい昼が1番良いと思っていましたが…、

最近の傾向から、朝のほうがバイトの多いことに気づきました。

そのフィールドの時合いを見つけるとより釣りやすいですね!

 

石井的には

オカッパリでは1/4~3/8oz.が扱いやすくおすすめです!

狙うレンジ、ベイトのサイズ等で使い分けます!

 

特にメタルバイブをあまり使ったことがないよ!

ボトムをとるのが苦手だよ!って方にはまずは3/8oz.をオススメします。

比較的ボトムとアクションが手に伝わってきやすいく、安定した飛距離も出すことができます。

 

メタルバイブで釣る際に重要なのはルアーの動き、レンジ、コースの3つイメージがしっかり出来ているか、出来てないかで釣果に差が出ると言っても良いくらいです。

 

野池等の水深が2m〜3mも無いフィールドではリフト&フォールを小刻み行い、狙ったコースを丁寧に探って、狙ったがコースのルアー着水地点から足元までが全部チャンスだと思って意識して探っています!

これが小刻みに小さくリフト&フォールする理由です。

リアクションバイトの方が多い釣りになるため、いかにバスの目の前でルアーをしっかりアプローチ出来るかを重要視しています。

 

DYNA RESPONSEはルアーをリフトする瞬間から振動をしっかりと感じやすく、フォールする時も落ちていくのがラインにしっかり伝わり、ボトムについてるのが分かりやすく、自分がどこを通しているかイメージしやすいルアーです。

さらに後方にティンセルを搭載しているのでメインラインへの絡みを軽減し、ストレスなくサーチ出来ます!

 

石井晃太

 

この日はなんとか2本のバスをキャッチすることができました!

冬のバスフィッシングはバスと出会るとより嬉しくなりますね!

 

是非お試し下さい(^o^)

 

 

■ タックルデータ

ロッド:F2-64LV

リール:FX73sv

ライン:フロロカーボン 10lb.

ルアー:VIBRATION-X DYNA RESPONSE 3/8oz.