FRESH VOICE

早春のスピナーベイトゲーム

この時期のバス釣りで『Xデー』って良く耳にしませんか?

春を意識し始めたデカバス達がシャローに上がってくる大潮のタイミングのアレです。

 

デカバスハンターの皆様は毎年この『Xデー』を楽しみにしていたかと思いますが、

私のXデーは少々異なります。

 

理由はこちら、、、、

 

 

アイスライドのテールのように、鼻、着脱式にできないだろうか(;´・ω・)

愛媛県の池田です。へぶしっ

 

さて、三寒四温もいよいよ大詰め。

3月上旬からは外気温も落ち着き、バスフィッシングも春本番へ向かっていくタイミングです。

 

2月中旬から大型の個体はスポーニングを意識して岸際に差してきており、

この先の水温上昇と共に小さい個体も動けるようになりシャローで釣れ始めると思います。

 

つまり狙ってデカいの釣るなら 今でしょ! というワケです。(ネタ古っ)

 

 

そして早春バス攻略で私が特におすすめしたいルアーが

スピナーベイト×シャッドテール(5inch)の組み合わせです。

 

 

スピナーベイト×シャッドテールの特徴は?

・アピール力が上がること

・ルアーボリュームが上がること

・シャッドテールの抵抗が加わりゆっくり引けること

 

 

その特徴が何故良いのか?

・三寒四温の水温上昇と強風で水に濁りが入る ⇒ 強い波動(アピール力)が必要

・早春のバスは視力が弱い(所説あり)    ⇒ 存在感(ルアーボリューム)が必要

・まだバスはエサを勢いよく追わない     ⇒ スローに見せることが必要

 

 

装着するシャッドテールワームは5インチクラス。

SV-3の強波動ブレードに負けないブリブリと強いアクションものがオススメです。

頭を2センチほどカットして接着面を太くし、スカートを押し上げてフレアさせ易くしています。

 

 

狙うエリアは例えばこんな感じです。

 

 

巻いてくるのは基本岸際1mのライン。

着水と同時に巻き始め、下から食い上げさせるイメージです。

 

立ち木等、中層にサスペンドできるものがあれば、念入りにトレースしておきます。

 

SV-3はコンパクトスピナーベイトであるため、シャッドテール装着時はトレーラーフック必須なのですが、トレーラーフックにより根がかりのリスクが上がります。

立ち木周りはレンジを入れこまずに表層のみでOKです。

SV-3の強波動ブレードとシャッドテールのアクションとボリューム感で下から引っ張ってきてくれます。

 

 

春にスピナーベイトといえば定番のアイテム!。

この時期に準備するという方も多いのではないでしょうか?

 

冬の間しまっておいたスピナーベイト、、、保管状態が悪く錆びさせてしまった、、、、

なんてあるあるですよね。

 

スピナーベイトはブレードの回転レスポンスは命。

私はボールベアリングスイベルのスペアと錆び取り・防止の為の潤滑防錆スプレーを用意しています。

 

 

 

釣行毎終了時にスイベルにシュッとしておけば次回釣行も心配ありませんし、

少々の錆びなら復活します。値段もお手頃(100円程度)ですので是非試してみて下さい。

 

 

数を釣るのはなかなか難しいですが、かわりに狙ってサイズを出しやすいのが今の季節。

花粉対策万全にして今週末もSV-3でデカバス狙いに行ってまいります(`・ω・´)b

 

■ タックルデータ

ロッド:LEVANTE F5-611LV

リール:ハイギア

ライン:フロロカーボン 14lb.

ルアー:SV-3 3/8oz. +シャッドテール(5inch頭カット)