FRESH VOICE

ONETEN LBO SW橋脚明暗部でのジャークベイト攻略

皆さんこんにちは広島の門永です^^
梅雨明けも発表されていよいよ本格的な夏が始まりますね汗
日中は流石にキツイので、これからは夜間やマズメがメインの釣行になってきます!
 
ナイトでのシーバスゲームで有効なポイントのひとつに橋脚があると思うんですが、僕の住む広島は、この橋脚での釣りが特に盛んな地域なんです!
今回はこの「橋脚」でのシーバスゲームについてちょっとお話ししようと思います!
 
常夜灯が完備された橋脚でデカいシーバスを狙う場合、明暗の明り側ではなく暗側(闇側)を意識して橋桁の奥に送り入れるアプローチをしていくのがセオリーだと思うのですが、時に明暗ギリギリをトレースした方が良い魚が出る場合もあります!
落ちてくるベイトの種類やサイズで変わってくるのですが、イナッコやサヨリのサイズもまだ小さい夏場は、特にこの「明暗の境目」でのパターンがハマりやすい傾向にあるんです。
 
明暗部では基本、ミノーやシンペンを流れを利用してナチュラルに引いてくるのが良いのですが、夏場は秋などのハイシーズンと違い魚の活性自体はそれほど高くはありません。
雨後の増水した河川なら話は別ですが、食い気の少ないシーバスに口を使わせようとするならばリアクションの要素を持ったルアーもローテーションに入れていくことが大切になると思います!
 
リアクション要素の強いルアーといえば一番に「バイブレーション」を連想するのですが、バイブレーションは魚のサイズを選んで釣り難いデメリットがあります。
そして魚をスレさせやすい特徴も少なからずあります!
 
そこでオススメしたいのが「ジャークベイト」でのリアクションの釣りなんです!
そしてあくまでもデカいシーバスを狙っていくのであれば、最低でも10㎝以上のものをチョイスすることが必要だと思います!
 
今回オススメしたいのが「ONETEN LBO SW」「ONETEN MAX LBO SW」の2つのジャークベイト!!
世界的にも有名なあのワンテンにLBO IIを搭載したぶっ飛びジャークベイト!!そして今回そのワンテンLBOにSWモデルが仲間入りします!
 

n62ijhvon3re3barmacm_480_480-73d60b82.jpg

この2モデルの特徴はやはりLBO IIを搭載したことによる安定した飛距離と立ち上がりの早さ。
そしてオリジナルモデル以上のレスポンスの良さにあると思います!
どんなリトリーブスピードにも対応してくれて、流れの中での安定感もかなり優秀だと思います!
 
フローティングモデルのジャークベイトですので、例えばミノー的にスローリトリーブで食わせのアプローチもできますし、ドリフトも得意です!
 
そして今回のお題でもあります、ナイトゲームでのリアクションの釣りでも明暗部をジャークベイト特有の激しいフラッシング(明滅)で、魚が思わず口を使ってしまうような反射的な釣りも完璧にこなしてくれます!
 
もちろんデイゲームでもその性能はずば抜けて良好で、トゥイッチやショートジャークでのレスポンスの良さは、このワンテンの右に出るものはいないと言っても過言ではないです!
 

npbmojsa3mtm56ix9cr6_480_480-d097a5dc.jpg

要するにボックスに1つ入れておけば、いろんなシチュエーションで活躍してくれるバーサタイルな性能を持ったジャークベイト!それがワンテンなんです!
 
僕は初代のワンテンが発売された時から長い間バスやシーバスで使い込んできましたが、今回LBO IIを搭載したことによってかなりソルト向きなルアーに生まれ変わったと感じています!
 
135㎜のワンテンMAX LBOは、より飛距離を伸ばせますし、このサイズ感は増水時の河川や秋のハイシーズンにもかなり期待できると思います!
 

zmpphmosdr7y9mu3zyvu_480_480-d8387357.jpg

 
皆さんも是非この「ONETEN LBO SW」「ONETEN MAX LBO SW」を使って橋脚での攻めの釣りでナイスな一本を狙ってみてください!

今まで反応しなかった魚からもバイトが得られる可能性を持ったジャークベイト!それがワンテンシリーズです!
 

i6fyo85hdihkaeee2nt4_480_480-dabd12b2.jpg