FRESH VOICE

VIBRATION-X DYNA RESPONSEと一緒に12月の霞ヶ浦水系へ

こんにちは!

寒い季節がやってきました。フィールドに出れば、数こそ釣れませんがまだまだコンディションの良いプリプリなバスに出会えるはずです。

そんな私も、トーナメントシーズンが終わりW.B.S.プロクラシック以来、閉じこもっていましたが…今回新作の佐藤信治プロ・プロデュースのDYNA RESPOSEを持って久しぶりに寒風の中霞ヶ浦水系でバスフィッシング!

 

 

 

この時期の霞ヶ浦水系の水温は10℃ほどです。

 

使い方としてはメタルバイブとしての基本使用のリフト&フォールで、場所は霞ヶ浦水系のテトラ帯や石積エリアです。

1~1.5m程のシャローエリアで結構根掛かりが気になるかと思いきや・・・不思議とシャローを攻めているのにあまり根掛かりせず、更にルアーの後ろにセットされているティンセルにより糸がらみが軽減されストレスの無いルアーです。

 

 

 

 

ちなみ今回の釣行でのルアーのロストは一度もありませんでした。

霞ヶ浦水系の浚渫跡以外はほぼ最大で4mまでのシャローフラットなので必然とシャローでの使用がメインになり、ルアーウエイトでは1/4ozの出番が多くなるかと思います。

水深のある2~2.5mぐらいのテトラ帯では1/4oz~3/8oz、1~2m程の石積エリア、テトラ帯での使用は1/4ozの使い分けがおすすめです。

ラインは、リフト&フォールでの使用によるラインのヨレなどのトラブル防止とバスの乗りを重視する為にナイロンラインを使用。

皆さんもこの冬実践してみてはいかがでしょう!

 

W.B.S. 長岡 正孝

 

ロッド:OROCHI XXX F4-65K  ONETEN STICK

ライン:NYLON 12lb

ルアー:VIBRATION-X DYNA RESPONSE(1/4oz~3/8oz)