FRESH VOICE

秋間近の尺上

こんにちは。Field Staff の小林です

8月も後半 お盆が過ぎ一気に涼しくなりました。
秋の気配を感じ始め 9月に入れば、秋へ一気にシフトして行く。
魚たちは秋の準備は出来ているのだろうか?

今回は7月の終わる頃から気になっていた釣行の最初や最後に寄っていた場所、強い流れから流れが落ち着くそんなに水深の深くないポイント。水が澄んでる時は魚が確認出来る程です。魚が居ることは分かっているのですが、この時期の渇水で水が澄んでる時、ルアーローテやサイズ変更、立ち位置、アップクロス、ダウンクロス、リトリーブの速さ、ルアーのコース、アクション….と有りとあらゆる方法を試しましたが全く反応しません。たま~にルアーを見て動く程度です。
他のポイントなら活性の高い魚も居ると思います…。
ですが…どうしてもココで釣りたかったのです!半分意地と言うか攻略してみたかったのです!!

川に変化が無い安定した状況では何をしてもダメなのは分かりましたので…雨が降るのを待ちました!お盆に降りましたがタイミング悪く、その時は釣行にいけず、後日行った時は引き水で反応が上がったのですが…針に触るが乗らず、釣果は出せずじまいでした。そのあとは濁りと水位が戻り、また厳しい状況に逆戻り( ;  ; )

そして、先日の台風の接近による待望の雨の日。夕マズメ行ってみると雨で水面を叩き、風で落ち葉が大量に流れ、水位も少し増えて濁りが入り、川底が確認出来ません。これは確実に「いつもとは違う状況」…とまではよかったのですが、落ち葉は余計でしたね。
ですが、魚の警戒心は確実に薄れていると思います。この時期は魚を怒らせるのが有効だと思うのでリアクションを誘うド派手カラーを投入し、数投毎に色目の全く違うカラーにチェンジ。…例えば、金系の後に銀系やナチュラルカラーなど、近しい色より、全く異なる色を使うことにより、リアクションをより誘えると考えています。
 
ポイントは先日から色々試してきたことから「間違いなく、アップクロスなら立ち位置はココ!」っと目星を付けていましたので、考えていた通りの位置に着き、X-80jr.BEAT SW GG ティーザーからスタート!濁りも落ち葉も有るため、有効なド派手なカラーを先頭に3種×2色のX-80Jr.シリーズを交互に使い分け、1種類につき10投を毎回、コースやアクション、レンジを変えながら探る。途中、魚の居るであろう場所でステイさせたり、スローリトリーブからド派手なアクション…などなど。
大量の落ち葉に悩まされながらも、立ち位置変えず投げ続けると、遂に60投目。X-80Jr.BEAT SWに我慢出来ず怒ったアマゴがガツンッ!

(X-80Jr.BEAT SW  GLXライムゴールド)

出てきたのはまだ綺麗な尺上アマゴ(33cm)でした。
これから婚姻色が出始めるであろうその綺麗な魚体に雨に打たれながらも、しばし見惚れてしまいました(*^^*)

その後、水位は上がり、濁りもかなりキツくなってきましたので、今回はベストタイミングで入れたんじゃないかなぁと思います。

長い間試行錯誤を続けてきたため、自分の考え、試したかった事にようやく答えに結びついた、この1匹は本当に嬉しく、感動しました。
禁漁までの残り1ヶ月。シーズン終盤で、さらにどんな出会いがあるか楽しみですね。
今回のように魚の姿すら見られない日の方が多くなると思いますが、川に行く事に意味があるので引き続き頑張ります!v(^○^)v

 

 

■ 使用タックル
ロッド:GREAT HUNTING  GH57-3LS
リール:2000番
ライン: PE 0.6号
リーダー:フロロカーボン  1.7号
ヒットルアー:X-80Jr.BEAT SW  GLXライムゴールド

その他使用ルアー
X-80jr.BEAT SW GGティーザー
X-80jr.SW  GGピンクレインボー
X-80jr.SW  GGアカキン
X-80jr. 和銀セツキアユ 
X-80jr. ベビーキンギョ