FRESH VOICE

繋がる記憶 ~ GREAT HUNTING 50 FlatSide ~

小雨舞う曇天の午後
久々に山へ登る。
しばらくサーフで好調だったヒラメに
遊んでもらっていたわけだが、
ここ最近、私にはアタリすらなくなり ・・・
傷心を癒すべく、涼みがてら渓へ ♪

川辺の草木は、いよいよ鬱蒼と生い茂っており、
水辺に下りるまでに少々てこずるが ・・・
なんとか川に下りてしまえば、
そこには澄んだ流れ ♪
川面を下ってくる空気は、冷たく心地よい !

が ・・・ !

小雨交じりの湿度MAXの状況の為、
ひたすら曇り続ける偏光グラスと格闘しつつ、
川を釣り登る ♪ (笑)

本日の先発 ( にして完投 ) は、
GH50 FlatSide (FS) の、レッドストリーム ♪

私、溺愛カラー ! (笑)

派手過ぎず ・・・
地味過ぎず ・・・
ホンノリ滲む黄金色は ・・・
当然 ゴールド・エクスペリエンス ♪ (笑)

カムループス をフォアやらバックやら、
忙しく曲げつつ、
GH50 をテンポ良く流れに射す。

煌く GH50 を目で追いつつ ・・・
追尾する魚影が無いか注意しつつ ・・・
時折、無反応さに首を傾げながら ・・・
それでも期待を込めて、
丁寧に流れを GH50 で斬っていく。

一切反応の無いままに、
いよいよ10m程先で堰堤という位置。
陽が遮られた薄暗い橋脚下のショボイ瀬に、
( 既に意識は堰堤に惹かれていた故の )
確認がてらのワンキャスト ♪ (笑)

広さも無い。
深さも無い。
淀みとも言えない、
ないない尽くしの中途半端なスポット ・・・
ただただ明度が足りなくて、
水中が霞み、確認できなかったワンスポット。

僅かにダウンクロスで GH50 を射し、
流れに乗って、その暗がりのスポットに
GH50 が滑りこんだ瞬間 ・・・

ズン ! !

突如ラインの先に重みが追加され ・・・
暗く、穏やかだった水面がよじれる ! ?

加重を確認しつつ、
ゆっくりと カムループス を曲げ
大きくフッキングを見舞えば ・・・

当然、魚は怒り出し ・・・
クネクネとのたうち、暴れまくる !

浅い瀬の中、
激しく水飛沫を上げながら右往左往 !
「 ジリ ・・・ ジリリ ・・・ 」 と
時折ドラグを鳴らし、ラインを出されつつも、
擦れる物 ・ 隠れる場所 が無い位置へ、
騙し騙しなんとか誘導して ・・・

無事ランディング ♪

予想外なスポットに潜んでいたのは ・・・

グッドサイズの岩魚 ( 44cm ) ♪

一方、「 ここに憑くなら当然 ・・・ 」 と、
期待を込めて叩いた堰堤の方は、
信じ難いが無反応 ・・・

堰堤の深みより、
ショボショボな浅い流れを好むとは ・・・

これ如何に ?

そういえば、以前にも似たような事が ・・・
ふと己のブログを見返してみれば ・・・

ありました ♪

『 梅雨 ・・・ 増水 と 濁り ・・・ とくれば トラウト もいいよね ♪ 』

4年前のブログ記事ですが、
やはり梅雨時期の話。

今回の出来事と合わせて考察すれば ・・・

堰堤以上に捕食効率の良い場所があれば、
大型魚は問題無く、そんな場所を占有 ・・・
「 深さ 」 ・ 「 広さ 」 といった諸事情は、
明度の 「 暗さ 」 で代替といった感じでしょうか ?

記憶だけに頼っていると、
うっかり見過ごしてしまいがちな発見 ・・・
日記でもいい、何かしら
データを残しておくのは大切ですね ♪
勉強になりました。

ここ数日、山梨は連日の夏日で、
うだるような蒸し暑さ ・・・
来週の天気予報にも、ほぼ雨マークはなく ・・・
このまま梅雨が明けてしまいそう ・・・

もっとも暑くなればなるほど、
緑の木陰が涼しい山奥での渓流ミノーイングは、
その楽しさ、快適さが発揮されるのでありまして ・・・

悩ましくもあり、楽しみでもあり ♪ (笑)

今回の使用タックル

ロッド : GH67-3LS Kamloops Stinger 673
リール : シマノ 2000
ルアー : GREAT HUNTING 50 Flat Side ( FS ) ( M RED STREAM )
ライン : PE 0.8号 + フロロ 4lb