FRESH VOICE

濁った時こそ丁寧に

台風後も雨が続いたりと、濁りが抜けずフィールドコンディションはイマイチな様子。

しかし、水が動くので例年のターンオーバーがあまり見受けられない事が幸いです。

 

ターンオーバーを気にしなくて良いとなれば、シンプルに状況に合わせ攻略するまで。

 

濁りが強い場合、ハイシーズンならフレッシュな水を求めるのがマストですが、秋も深まり水温低下するここ最近。体力の有り余って居る個体以外は、中層~低層の水温が上がり易いストラクチャー周りを、寒くなるにつれ一段と意識する傾向にあり、狙い目になります。

 

マッディウォーターだからこそ強波動やハイサウンドのルアーが効く場合もありますが、狙うポイントが多く規模の大きいフィールドなら横の釣りで手数を増やして拾う策かと思います。

 

一方で、小規模なフィールドや魚が付きやすいストラクチャーが限られるポイントではハイアピールなルアーだと、プレッシャーを与えてしまうリスクがあります。

 

そんなピンスポット攻略にオススメしたいのが『ボトルシュリンプのBIGフックセッティング』です!

 

 

このリグはフック自体のウエイトを最大限に利用する為、ボトルシュリンプで使用できるMAXフックサイズにします!そうすると水平フォールを保ち、フォール姿勢のバラツキが無くなります。

 

このリグで特に確認して頂きたいのはアームアクション。

ジグなどのトレーラーで使われた事のある方はご存知かと思いますが、着底時のワームが倒れ込む瞬間にアームが叩くようなアクションをします。

これをこのリグだとフォール時は常時に発生させる事ができます。

 

この自発的なアクションを利用するため、リアクションというより喰わせの釣りにめっぽう強く、ピンスポットに居座っている魚を獲るのに効果的なリグです。

 

 

シンカーを積んでいませんが、ワーム自体に比重あるので、3inchでもスピニングタックルでしっかり飛んでくれます!

 

 

4inchならベイトタックルのMHクラスでも扱えます!!

 

オススメのフックサイズは3inchには#2/0、4inchには#4/0、5inchには#6/0 のオフセットフックがベストなバランス!

(2.4inchの場合はアームの長さが短い為、このリグでの効果は薄いです。)

 

注意点として、このリグは究極的な点の釣りになるため、無闇に撃ち続けると非常に時間が掛かります。通い詰めたよく把握したフィールドで、魚が付いているだろうと予想できるくらいのストラクチャーなどでしっかり1匹獲るといったようなシュチュエーションに効果的です。そんなピンスポットのアプローチ時に奥の手として使用して下さいッ!!

 

 

■ 使用タックル

ロッド:F2-64XS

リール:RC-IDATEN 256

ライン:DRAGONCALL SUPER FINESSE 4lb

ルアー:BOTTLE SHRIMP 3inch

 

ロッド:HYUGA 611MH

リール:IP79

ライン:DRAGONCALL MILD FLUORO 14lb

ルアー:BOTTLE SHRIMP 4inch