FRESH VOICE

寒くても熱い??

皆さんこんにちは!
MEGABASSフィールドスタッフのあつしです!

 

先日少し野池を回ってきました!

 

この日は冷え込みが凄く朝一はリアクション狙いでスタート!

 

F3-610XS + ブレーディングX 3/8oz のPEセッティングで水抜き付近や1番深いポイントをテンポ良くリフト&フォールで探るとバイトが!!

 

しかしドラグ調整をミスってしまいバラし、、、

 

その後反応もないので日が昇ってきたタイミングで日が当たるシャローカバーへ!

 

F6-69X + ジグ3/8oz + DONG PATHの組み合わせで丁寧に探るとバイト!

 

今度はしっかりとキャッチ!

 

 

プリっとしたコンディションのイイバス!

 

ちなみにバイトがあった場所はこんな感じです!

 

 

寒くなってきて冷えこんできましたが、落ち葉やゴミでできたカバーや、落ち葉が底に溜まっているポイントは暖かくなりやすいのでまだまだ狙い目です!

 

寒くてもシャローにはやる気があるバスがいるのでいれば答えは早い!

 

1月や2月の厳寒期でもこんなゴミ溜まり等には差してくるので要チェックです!

 

そしてカバー打ちをするのならフッキングしてすぐにカバーから離せられるロッドパワーが必要不可欠!

 

F6-69Xは凄くパワーがあるロッドなのでカバー打ちにはマストアイテムです!

 

そしてDONG PATH

カバーの中にするっと入ってくれてテールが程よくアピールしてくれるのでオススメです!

 

皆さんも寒い時期のシャローカバー試して見て下さい*(^o^)/*

 

■ 使用タックル
ロッド:F6-69X SUPER DESTROYER

リール:ハイギア

ライン:16lb
シンカー:ジグ 3/8oz + DONG PATH