FRESH VOICE

行ってみないと分からない! 投げてみないと分からない!

久々の川を訪ねる。
印象の良かった川。
型良く、魚影も濃かった川。

車を置いてから、入渓まではちょっぴり歩く。
様子見に、川に降りる前に、堰堤から溜りを覗いて見る ・・・

う~ん ・・・

ん ?

居た !

目が慣れたら結構居る ♪ 

陽射しの差し込む溜りにて、優雅に泳ぐ魚の姿

変わっていない光景に安堵するとともに、高まる期待 ♪

いよいよ川に降り、釣り登る。
ザブザブと浅瀬を歩けば、何処からとも無く、四方八方へ逃げ惑うトラウトの稚魚の姿

次々と現れる目ぼしい淵々に、X-55 を撃ち込んでいけば、
淵の大きさ次第だが、広めの淵だと数匹のアマゴがチェイスしてくる ♪

・・・が、喰わない ・・・?

一瞬のダッシュで、何処からとも無く流れの中から現れるが、ミノーから15cmくらいの距離をとってスッと
スピードダウンし、そこからはゆったりと追尾し始め、こちらの「 巻きシロ 」が無くなった途端に警戒 ・・・
一目散に逃げ隠れ、二度はチェイスしない ・・・

スレてる ・・・ のか ?(汗)

グングンと釣り登り、良さげなポイントを手早く、撃ち続けるも ・・・

冷たく澄んだ、ジンクリアな水の中
自動ブレーキばりの急制動でストップする魚達 ・・・

警戒しつつも、誘惑に負け、X-55 の餌食になるのは
好奇心旺盛な若い岩魚さん達ばかり ・・・ (苦笑)

4時間程、沢を釣り登り続けたが状況は変わらず、魚の活性は上がらなかった・・・。

この日、随所随所の淵で、良型のイワナやアマゴが陽の中に身を晒し、佇んでいる光景を目にした。
無警戒に日光浴を楽しいでいるような様子 ・・・

ウェーダー越しに感じる水は冷たく、暑さを避けた釣り人には、心地よい釣り場だったのだが・・・
魚には、まだちと低かったのか ・・・

それとも、やはり釣り人に、ルアーに、スレているのだろうか ?
あるいは、その両方 ?(笑)

ま ! ・・・ 夏本番にでも改めて出直して、確認してみようと思う。

そういえば週末、私が山奥で悩んでいた一方、
三保ではワラサ祭りだったらしく、
土曜日は昼日中ナブラ出まくりで、友人も良型を2本獲ったとのことだが ・・・
その後はどうなのだろう?

・・・ と、いろいろ想像を膨らませても、答えが出るわけは無く ・・・(笑)

ま ! どんな釣りも、気になったら 「 行ってみて ! 投げてみる ! 」 という事に尽きるかと !

今回の使用タックル

ロッド : デストロイヤー(フェイズ1) F1-61XS
リール : シマノ 2000
ルアー : X-55 ( GG OIKAWA )
ライン : ドラゴンコール 8braid PE 0.8号 + フロロ 4lb