FRESH VOICE

炸裂 ! サーフェス パワー ボム ! ~ LATES ~

夜明け …
周囲が薄明るくなると共に、いよいよ川の表情が見えてくる …
雨後で水量多く、滔滔と勢いよく流れる川
私は瀬に立ったまま、白濁した川面を苦々しく眺める …

濁り水には存在感のあるものがいい …
魚からの視界が悪く、荒い流れの中ではルアーの存在感が薄れてしまうから …
そう、カラー的にも、アクション的にも派手なものがいい …
そんな思いの中で、この晩、是非試してみたいルアーがあった。

i-JACK

こいつの強力な水面攪拌力とボディ内部の 「 ラダー・アクション・バランサーシステム 」 が奏でる
強烈なサウンドは、圧倒的な存在感を生み、キツイ濁り水の中で抜群な集魚効果を発生させると
確信にも近い期待を抱きつつ、カラーも時期に合わせて 「 鮎カラー 」 を用意してもらっていたのだ。

そう絶対に効くと思ったのだが …

残念ながら、この夜は無反応 …

少々信じがたかった …

一晩中、川の中を右往左往し、バテバテだったが
マズメのプライムタイムに望みを託して、ルアーを ラテス に替え、
今一度上流から川を攻め直してみる。

既に過去のブログにて報告の通り、シーバス相手にも実績十分な LATES !
激しいロールアクションで、 i-JACK と同様に水面攪拌系にして、
「 ジャラジャラ 」 としたラトルサウンドもまた同様にシーバス使用としては派手目な方だと思っているのだが …

意識したのはシルエット …
その細長いシルエットが、ずんぐりむっくりな i-JACK のシルエットに対して、
水中から、より分かりやすくベイトライクなのかもしれないという淡い仮定だった。

川を下りつつ、夜中さんざん叩いた流れに、改めて LATES を通していく。
濁り水の水面~水面直下を、ブリブリと激しくロールしつつ泳ぐ ラテス
流芯脇の流れの緩流帯で身をよじらせつつ、ゆっくりゆっくりと目視しつつ、上流へ逆巻きしていた時だった !

スッと LATES の背後の白濁りの水面に 黒い影が浮かび、
直後立ち上がる強烈な水柱 ! !

ボォフ ! !

間髪入れずのフッキングで加重された パンゲア はスムーズにベンディングし、
レギュラーテーパーの綺麗な弧を描く !

流れに乗って一気に川を下る魚 !
ドラグを鳴らしつつ、ド派手なエラ荒いをかまし、パワフルなやりとりを楽しませてくれたのは、
秋のハイシーズンの始まりを感じさせてくれる銀ピカで元気なシーバス君でした ♪

仮定したボディ形状 ( =シルエット ) の差なのか ?
いやいや、単純にマズメパワーの効果なのか ? (笑)
ズバリと言い切る事はできませんが、まあこんなデータがとれました。

個人的には、相変わらずの ラテス の戦闘力には驚きもしなくなりましたが、
数年前まで対シーバスにはサイレントルアー絶対派だった己れが、すっかり ラトリン・ラテス を使う事に
躊躇しなくなり、もはや、より強力なアクションとサウンドを持つ i-JACK に期待しかしてないという
節操ない心情の変化に我ながら驚くばかり … (笑)

まあ、それぐらい ラテス のお世話になってしまったということです ! (笑)

今回は、ちと i-JACK を使いこなせませんでしたが、 こちらも時間の問題でしょう !
間もなく iジャック の炸裂具合もご報告したいと思います ♪
それでは、また !

今回の使用タックル

ロッド : SP-100 M
リール : シマノ 4000
ライン : DragonCALL 8braid PE 1.2号
ルアー : LATES ( MEGABASS SEXY SHAD )