Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.95

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.95

back

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (TA-008)

­­­­­2015NEW PRODUCTS

Code name: PSYCHIC

 

 

雨の多い時期になりましたが、サーフターゲットの釣果は随分安定してきましたね。

特にこれからはマゴチのハイシーズン。

多少の雨ならフィールドに出掛けたいと思っている開発員です。

 

今回はそんなサーフゲームにおける頼もしいニューカマー「PSYCHIC(サイキック)」をご紹介します。

ルアーのジャンルとしては「ダートプラグ」、もしくは「ワインドプラグ」という分類になるかと思います。

 

 eb_vol95_01

 

PSYCHICはただ巻きではほとんどアクションしませんが、アングラーのロッドワークで繰り返しジャークを入れることにより、まさにベイトフィッシュが逃げ惑うような左右へのエスケープ・ダートアクションを披露します。

ミノーやバイブレーションといったハードプラグでの単調なアクションでは反応がない状況においても、リアクションにより積極的にバイトを誘発し、ソフトルアーにはないフラッシング効果でより広範囲にアピールが可能です。

 

ジャークのリズムは、ポイントの水深や、距離、狙いたいレンジによっても異なりますが、1秒の間に1~2回程度が目安。

こちらの動画でもアクションやロッドワークを公開していますが、一度ご自身で目視しながらジャークリズムとダートの感覚を掴んでおくと、よりアクションイメージがつきやすいと思います。

フィールドが遠浅であったり波が高かったりするとアクションが確認しづらいので、水深のある穏やかなエリアで確認されることをお勧めします。

 

 eb_vol95_02

 

このPSYCHICの開発に際しては、大きく2つのハードルがありました。

1つは、誰にでも簡単にダートが出せる、ボディ形状とウエイトバランスの追及です。

最終的に掴んだセッティングについては秘密とさせて頂きますが、ここで少しだけ明かしますと、ボディ下半身からテールにかけての形状がダート性能を向上させるためのキモです。

 

 eb_vol95_03

 

もう1つのハードルは、引っ張ったラインを追い越すほどのダート性能を実現したが故に発生するライントラブルです。

つまり、水流抵抗を抑えたルアー本体はジャークにより進行方向にスムーズにダートしていきますが、ラインは水流抵抗によりはらまれ、ボディが通過する際にそのはらんだラインをリアフックが拾うトラブルが発生するのです。

これを防ぐため、リアフックにはフックポイントが必ず下向きになりラインを拾いにくいWフックを選定。

また、フックが暴れてラインを巻き込まないように、かつ安定して左右対称のダート性能を保持するために、新しくリアフックホールドシステムを開発しました。

通常のフックアイの後ろに、Wフックの軸を挟んで左右対称にホールドする2つ目のアイを設定し、さらに使用中のズレ・脱落を防止するために軸の上部には磁石によるマグホールド機能を搭載しています。

これにより、ストレスがなく、かつフッキング率の高いゲームが両立可能となりました。

 

 eb_vol95_04

 

これからのサーフゲームでの強い味方、PSYCHICは6月末には全国のショップにお届けできる予定です。

皆様、楽しみ!

 

PSYCHIC(サイキック)  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/psychic/

 

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (TA-008)

2015NEW PRODUCTS

Code name: PSYCHIC

 

 

It has entered rainy season, though the fishing result of surf target is getting stable.

Especially, since it’s going to be high season for flatheads.

We are the developers who want to go fishing no matter what unless it’s raining super hard.

 

I will introduce you to a reliable new comer “Psychic” for the surf game this time.

This lure would be classified as “dart plug” or “wind plug”.

 

 eb_vol95_01

 

Psychic rarely has no action when you just reel it in, but it starts to show off the escape and dart action right to the left like bait fish is swimming away to escape from its predators when you throw a jerk action repeatedly in your rod work.

When there are no reaction to monotonous move that hard plugs like Minnow and Vibration have, this is the one to appeal to fish effectively in much wider areas with flashing effect which all soft lures don’t have.

 

1~2 times in a second is the best tempo to jerk even though there might be slight difference depending on the water depth, distance and range.

Although, we show the action and rod work in this action video, we recommend you to see yourself to get the tempo and feeling of jerk and dart so that you can picture the action easily.

When you do so, choose the area where it is calm and deep since it is difficult to see under the condition of high waves or shallow water.

 

 eb_vol95_02

 

When it comes to the development of this Psychic, there were roughly 2 hurdles.

The first obstacle was to pursue the perfect balance of body shape and weight to obtain easy dart action that everybody can do.

Although, we are keeping the secret about the setting that we have eventually achieved, I’ll give you just a little tip, the shape of a half down to its tail of its body is the key for improvement of the dart function.

 

 eb_vol95_03

 

The other obstacle was line trouble, that’s because we had achieved the outstanding dart function that the lure started to pass the strained line. A lure itself with less water resistance could go smoothly with dart action to the direction of travel, however the fishing line would receive more water resistance, as the result the rear hook picked up the line when the body went over the line. We adopted W-hook system which the hook point of rear hook is always facing downward (so that the hook hardly can pick up the line) to prevent this incident. We’ve also developed a new rear hook hold system to prevent the hook moving around too much to pick up the line and to keep steady bilateral symmetry dart function.

We put a second eye behind the conventional hook eye to hold W-hook shank symmetrically, furthermore this lure is loaded mag hold function on top of the shank to stop shift and fall by magnet while in use.

By doing so, great game without stress and with high hooking rate became possible.

 

 eb_vol95_04

 

Psychic which is your great ally at this coming surf game will be shown up nationwide in the end of June.

Don’t miss it!

 

PSYCHIC  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/psychic/

 

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (TA-008)

2015NEW PRODUCTS

Code name: PSYCHIC

 

 

到了多雨的季节, 海滨沙滩的垂钓成果也开始稳定多了.

特别是现在开始是牛尾鱼的高峰季节.

我是如果只下一点点小雨就想跑到钓场去的开发员.

 

这次给大家介绍面向那种海滨沙滩很可靠的新产品「PSYCHIC」.

我觉得从路亚的种类来说的话是“DART(不规则游水)栓型路亚”,或者是分类到“WIND栓型路亚”类。

 

 eb_vol95_01

 

PSYCHIC只卷起来的话是不会有抖动动作的,但是通过专业钓手进行耍竿反复进行抖竿动作,淋漓尽地表现出游钓鱼像迷路逃跑样左右到处乱逃的不规则抖动动作。

针对米诺路亚或颤抖式路亚这种硬栓型路亚进行单调的抖动动作而不发生反应的状况,通过抖动动作积极地诱发鱼咬钩,软饵路亚中没有的闪烁效果,能更广范围地进行自我表现。

 

抖竿的节奏依垂钓位置的水深度或距离、目标范围也会不同,1秒间大概是1~2次。

这个视频中也有公开路亚的抖动动作和鱼竿的抖竿动作,自己如果亲自试一次边看边寻找一下抖竿节奏和不规则游水的感觉,应该会更容易找到抖动动作的感觉。

因为如果在又远又浅,波浪很高的钓场时,抖动动作很难确认,所以建议在水比较深比较平缓的区域进行确认。

 

 eb_vol95_02

 

关于这个PSYCHIC的开发,从大方面分为2个难点。

1个是让谁都可以简单的做出不规则游水动作,对身体形状和重量平衡进行了研究。

最后汇集组装的请允许我保密,在此一点点公开的话,就是身体下半身开始到尾部的形状是不规则游水性能增加的关键。

 

 eb_vol95_03

 

另外一个难点是,实现了超越伸长线的程度的不规则游水性能,所以发生了缠线问题。

也就是说,抑制了水流阻力的路亚本身随着抖竿向前顺利地进行不规则游水,但是线因水流阻力而停止,身体通过时这个停止了的线碰到前端鱼钩而发生了缠线。

为了防止这个,前端鱼钩选用了一定朝下的线而很难碰到线的W鱼钩。

还有,为了不变成因鱼钩控制不了而导致鱼线缠住那样,且保持稳定地左右对称的不规游水性能,开发了新的前端鱼钩固定系统。

通常鱼钩别针孔的后面,设定挟住W鱼钩的轴左右对称进行固定的第二个别针孔,并且为了防止使用中的偏移,脱落,在轴的上部通过用磁铁装上MAG HOLD功能。

通过这个,实现了无压力,且上钩率很高的两全其美的垂钓。

 

 eb_vol95_04

 

从现在开始海滨沙滩垂钓的最强伙伴PSYCHIC,预计将于6月末到达全国的店铺。

大家,敬请期待!

 

PSYCHIC  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/psychic/