Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.94

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.94

back

team_blog_banner

 

リリースが間近となったクロダイ専用ポッパー、ポッピングダック。

メガバスの地元、浜名湖で徹底的にテストが繰り返されたポッパーです。

ターゲットはもちろんクロダイ(チヌ)とキビレ。

 

 eb_voi94_01

 

クロダイポッパーゲームはバイト数に反し、キャッチ率が非常に低いメソッドで、そのキャッチ率の低さは、今まである種『仕方ない』という表現をされていました。

そこでメガバスは徹底的にキャッチ率を高めるための試行錯誤を繰り返しました。

 

キャッチ率を高めるためにはどうしたら良いのか・・・

①    フッキング率の向上

②    バラシ率の軽減

この2つが最重要課題でした。

 

 eb_voi94_02

 

①    フッキング率の向上

クロダイポッパーゲームでフッキング率が低いのには2つの原因がありました。

まず1つは魚自体がルアー以外の場所に出てしまうという点。

この問題を解消するために、ルアーの移動距離を出来る限り少なくすることで、ルアー魚に追いかけやすくさせると同時に、ルアー自体ではなくポップ時の泡に対してバイトしてくることが多いクロダイに対し、毎アクション、泡の中心にルアーがあるように設計させました。

もう1つの問題点は、ルアーに魚がしっかりとバイトしてもフックアップしないという点。

クロダイ、キビレはバイト時にルアーを吸い込むのではなく、噛み付くようなバイトをするため、口の中にルアーが入るということがまずありません。おまけに歯が硬く、鋭く大きいため例え入ったとしても必ずフックアップできるわけではないという難しさがあります。

そこで行ったメガバスの打開策はルアーを垂直浮きにし、アクション時でもテールフックを水中に完全に沈め、且つフロントフック#10、リアフック#6という、ボディ全長からは考えられない大型リアフック仕様にすることで口の中にルアーが入った時だけでなく、ルアーに触れただけで口の周りにフックを掛ける方法を取りました。

 

eb_voi94_03

 

この魚も一見すると口に掛かっているように見えますが、よく見ると針先は全て口の外(顎)に掛かっているだけです。しかし、こんなかたちでもしっかりとキャッチすることができます。

 

②    バラシ率の軽減

例えフッキングに成功しても、バラしの多さもクロダイポッパーでは難点でした。

バラす理由はいくつかあるのですが、大きな理由の1つにファイト中のフックのネジれがあります。

ファイト中に魚体を頭からくねらせたり、回転させるようなファイトをすることがあるクロダイやキビレは例えしっかりとフックアップしていても、フックとスプリットリングがネジれ、途中から力をかければかけるほどフックが抜ける方向にかけた力が掛かってしまいます。そのため、手前でテンションを掛けている最中に外れてしまうようなことが発生します。

そのトラブルを解消するため、ポッピングダックには前後共にスイベルアイを採用し、どれだけ魚体をネジられてもテンションを一定にしたまま、フックが追従しバラしを減少させています。

 

 eb_voi94_04

 

冒頭でも言った、今までのクロダイポッパーゲームでのデメリットを排除したポッパーに仕上がっているのがポッピングダックです。

今夏、皆さんもぜひ使ってみてください。

 

POPPING DUCK(ポッピングダック)  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/popping-duck/

team_blog_banner

 

The popper exclusively for black porgy, POPPING DUCK is close to be released.

This is the popper that was repeatedly tested thoroughly at Megabass’s hometown, Hamana Lake.

The target is of course, black porgy and yellowfin seabream.

 

 eb_voi94_01

 

The method of the black porgy popper game is a low catching rate in contrast with numbers of the bites, and the low rate has been accepted as “there are nothing we can’t do”.

So, Megabass has thoroughly tried trial and errors to elevate the rate.

 

 

What can we do to elevate the catching rate?

  1. Increasing the hooking rate.
  2. Reducing the rate letting fish get away.

These are the most important tasks we faced.

 

 eb_voi94_02

 

1.Elevating the hooking rate

There are 2 reasons that the hooking rate is low at the black porgy popper game.

First reason is fish doesn’t aim lures.

Black porgy tends to bite bubbles while it’s popping instead of the lure itself, so to fix the problem, we designed the lure to be at the center of bubbles for every action.

The other reason is hard to hook up even if the fish bite the lure.

The lure won’t go inside their mouths since the way black porgy and yellowfin seabream bite which is biting down instead of sucking in. On top of that, their teeth are strong, sharp and big, and that makes even harder to hook them up.

So our solution for that is floating the lure vertically, and letting the rear hook stay in the water completely even in action, and we use #10 for front hook and #6 for the rear hook which is a super big rear hook for the body length, but that way, they can be hooked simply when it’s touched by lures by their mouth not only lure goes inside their mouths.

 

eb_voi94_03

At the glance, this fish was hooked in its mouth but the tip of the hook was only hooked outside of its mouth (its chin). And you can surely catch fish this way.

 

 2.Reducing the rate letting fish get away

Even though you successfully hook the fish, there is another problem of this black porgy popper which is easily fish get away. There are several reasons, but the biggest one of all is that the hook twists around during the fight. The hook and split ring often get twisted around because black porgy and yellowfin seabream turn and twist its body hard during the fight, as the result, the hook starts to slip away if you put more force into the fight. That’s why fish get away while you’re putting more tension.

To solve the problem, we adopt swivel eyes on both sides for POPPING DUCK, so that we can reduce the problem of fish getting away since tension is stable and so does the hook no matter how many times fish twist and turn around.

 eb_voi94_04

 

This is the POPPING DUCK that is eliminated all the demerits of black porgy popper game which I stated in the beginning.

Enjoy the popper game with this POPPING DUCK in this summer.

 

POPPING DUCK  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/popping-duck/

team_blog_banner

 

临近发售的黑鲷专用拨水路亚popping duck。

是在Megabass的家乡,浜名湖彻底地反复进行测试了的拨水路亚。

目标当然是黑鲷和黄鳍鲷。

 

 eb_voi94_01

 

黑鲷拨水垂钓是一种咬钩次数多的反面,得鱼率非常低的方法,关于那个得鱼率低,至今为止都是用“没有办法”来表述。

因此Megabass为了彻底地提高得鱼率,反复进行了测试。

 

为了提高得鱼率怎样做才好呢?

①    上钩率的提升

②  脱钩率的减少

 

 eb_voi94_02

 

①    上钩率的提升

在黑鲷拨水垂钓时上钩率很低的原因有2个。

首先第一个是鱼自身偏离到了路亚以外的地方。

为了解决这个问题,路亚移动距离尽可能地减少,让鱼能容易追逐到路亚的同时,不是路亚自身而是针对拨水时的水泡而咬钩特别多的黑鲷,设计成了每次抖动时,让路亚保持在水泡的中心。

另外一个问题是,在路亚上即使鱼牢牢地咬钩也不上钩的问题。

因为黑鲷、黄鳍鲷在咬钩时不是吸进路亚,而是啃咬型的咬钩,所以路亚进入口中的可能性是没有的。况且因为牙齿又硬又尖又大,即使进去也不一定百分之百会上钩的难处。

因此,Megabass的解决办法是让路亚垂直浮起,在抖动时尾钩也完全浸在水中,并且安装前端鱼钩#10、后端鱼钩#6这种从身体全长来看无法想象的大型鱼钩,不仅仅只是在路亚进入口中时,只要轻触到路亚嘴巴周围就会挂上鱼钩的方法。

 

eb_voi94_03

 

这个鱼乍一看好像勾在嘴巴上,仔细看一下,其实钩尖只是全部都挂在嘴巴外面(颌)。但是,即使是这种样子也能稳稳的钓到。

 

② 脱钩率的减少

即使上钩成功,脱钩的情况特别多也是黑鲷拨水垂钓的难点。

脱钩的原因有几个,最大的原因之一是战斗时鱼钩会有弯曲现象。

战斗中会将鱼身从鱼的头部开始弯曲,让它旋转的战斗中黑鲷或黄鳍鲷即使牢牢地上钩,鱼钩和扣环会变弯,途中越是用力越就会朝鱼钩脱落的方向用力。为此,在面前施加最大张力时发生了脱钩。

为了消除这种问题,在popping duck的前后都采用旋转别针孔,不管鱼身体怎么被扭曲张力还是固定的那样,鱼钩会追随着而减少脱钩。

 

 eb_voi94_04

 

开文章开篇也说过,去除了到目前为止的黑鲷拨水垂钓中的缺点而完成了的拨水路亚就是popping duck。

今年的夏天,请大家一定要使用看看。

 

POPPING DUCK  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/popping-duck/