Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.92

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.92

back

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (TA-007)

­­­­­2015NEW PRODUCTS

Code name: MARINEGANG 90 / 120

 

 

昨年発売され、ルアー業界にまさに「革命」を起こしたMARINEGANG140とFLATBACKER。

ベアリングブッシュを用いた、全く新しい重心移動システムLBO(Linear Bearing Oscillator)を搭載し、圧倒的な飛距離と釣獲能力によりソルトルアーシーンを席巻しています。

 

この新技術LBOは、昨年の発表以降も休むことなく進化を続けています。

先に発表した2モデルは、主にサーフなどの大場所をメインフィールドとするルアーでしたが、この優れた技術を活かしたいのは大場所とは限りません。

河川の橋桁打ち、港湾部での対岸打ち、明暗打ち、ウェーディングでの瀬打ち、潮目打ち・・・。こういった飛距離が欲しいシチュエーションで、ベーシックなベイトサイズの、ベーシックなミノーが使えたら。

ソルトアングラーなら誰しも考えることでしょう。

メガバスの開発スタッフも同じです。

 

この要求の実現の為に、メガバスでは協力ベアリングメーカー様と共に開発を続け、ベアリングブッシュの更なる小型化に成功。

わずか3mm径のシャフトの周りに直径0.8mmのスチールボールを68個配置し、それを無限循環運動させるという、技術の粋を結集させたベアリングブッシュウエイトが完成しました。

この小型化LBOにより、実現可能となったルアーが、今回ご紹介するMARINEGANG90と120です。

 

 vol92_01

 

MARINEGANG90は、港湾部でのベストボリューム。

また、その他のフィールドでもカタクチイワシやイナッコがメインベイトの場合はこの大きさがマッチすることが多いものです。

 

 vol92_02vol92_03

 

 

MARINEGANG120は、90と140の間を埋めるサイズ。

港湾、河川、サーフ、磯と最もオールラウンドに使って頂けるサイズです。

 

 vol92_04 vol92_05

 

 

どちらも2フック仕様で、初回生産分よりフローティング、シンキングの2モデルを発売予定です。

 

 

気になる飛距離は、テスト段階において以下のような平均飛距離を出しています。

LBO非搭載の同サイズルアーと比較すると、約20%の飛距離向上が計られました。

 

 vol92_06

※当社調べ

 

尚、潜行レンジについてはMARINEGANG140が最大1.0mであるのに対し、90は最大1.2m、120は最大1.4m程度と少し深めに設定しました。(いずれもフローティングモデルでの比較)

90及び120は、港湾等水深のあるエリアでの使用と、デイゲームでの使用頻度を考慮に入れた設定となっているためです。

 

 fermata

 

アクションについても、140は重心移動軸とロールアクション軸を一致させた、ロールをベースとするシンクロナイズド・リアルアクションですが、90及び120はデイのシーバスにもアピールしやすいハイピッチド・ウォブンロールアクションに設定しています。

 

 

ベイトのサイズだけでなく、フィールドや時間帯、レンジ等の細かなシチュエーション等に、より的確にアジャスト可能となるMARINEGANGシリーズ。

90および120の8月発売に向けて、現在、最終調整&テストを重ねています。

楽しみに!

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (TA-007)

2015NEW PRODUCTS

Code name: MARINEGANG 90 / 120

 

 

MarineGang140 and FlatBacker were released last year and caused a “revolution” in the lure industry.

Outstanding flying distance and catching ability with totally new shifting in the center of gravity system, LBO (Linear Bearing Oscillator) using the bearing bush are sweeping away all the salt lure scenes.

 

This new technology, LBO is still developing without stopping after the release of last year.

2 models that were released earlier are the lures for mainly big places like surfs as main field, however that’s not the only place you want to use this outstanding technology.

How about the following places such as nearby bridge girders in rivers, the other side of dock harbor, spots that have contrast of light and shade, rippling shallow with a wader on and current changing spots, etc.?... Any saltwater anglers might have thought one time that what if I can use a basic bait size minnow at these situations where we want flying distance.

So DO Megabass developers!

 

To actualize this demands, Megabass and a bearing manufacturer have successfully worked together to develop much smaller bearing bushes.

The bearing bush weight that is 68 Steel balls that are 0.8 mm diameter around only 3mm diameter shaft gathered all the latest technology which has the endless circulation motion was completed.

The lures became available that’s because of this minimized LBO, and the lures are MarineGang 90 and 120 which we are introducing at this time.

 

 vol92_01

 

The MarineGang 90 is the best volume for dock harbors.

This size also matches for the most of the situations of using Japanese anchovy and Mugil cephalus as main baits.

 

 vol92_02vol92_03

 

MarineGang 120 is the size that covers all the sizes between 90 and 140.

This is the size you can use all-round such as dock harbors, rivers, surfs and shores.

 

 vol92_04vol92_05

 

 

Both have 2 hooks and there have been 2 models, floating and sinking models since first production.

 

Let’s talk about the flying distance that everybody concerns, average flying distance from the testing is below. The flying distance went up by approx. 20 %, compare to the lures without LBO.

 

 vol92_06

※当社調べ

 

In contrast with the sinking range of MarineGang 140 is maximum 1.0m, 90 is maximum 1.2m and 120 is maximum 1.4m which we set a little deeper. (Using floating models)

90 and 120 are set that way because of considering of the frequent usage around deep water such as dock harbors and the day games.

 

 fermata

 

Regarding of its action, 140 has synchronized real action, mainly rolling action, which matches both an axis of rolling action and an axis of shifting in center of gravity and 90 and 120 have high-pitch wobbling and rolling action to appeal to the sea bass easily in day time.

 

MarineGang series are adjustable to fit perfectly to every situations that are effected by all the details such as field, time, ranges and bait sizes.

We are doing final check and testing of 90 and 120 before the release in August.

Get ready for the awesomeness!

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (TA-007)

2015NEW PRODUCTS

Code name: MARINEGANG 90 / 120

 

 

去年发售,在路亚界掀起了“革命”风波的MarineGang140和FlatBacker。

使用了衬套轴承,安装了全新的重心移动系统LBO(Linear Bearing Oscillator),由于它压倒性的抛投距离和垂钓收获能力,席卷着海钓路亚的舞台。

 

这个新技术LBO,去年发表以后完全无休一直在进行改进。

刚刚发表的2个型号,主要是以海滨沙滩等大场所为主要区域的路亚,但想灵活发挥这个优越技术的不限定于大场所。

河流的桥梁边垂钓、港湾部的对岸垂钓、明暗垂钓、穿水裤入浅水区垂钓、海流分界处垂钓・・・。在这种想要抛投距离的情况时,应该使用基本路亚尺寸的基本的米诺路亚会很好吧。

如果是海钓钓手谁都会考虑到的事情吧。

Megabass的开发员也是一样。

 

为了实现这个要求,Megabass和协力轴承厂一起持续开发,成功研发出了更加小型化的衬套轴承。

在直径仅仅只有3mm的旋转轴的周围配置直径为0.8mm的钢珠68个,集结了所谓的让它进行无限循环运动的技术范围的衬套轴承身体已经完成了。

通过这个小型化LBO,可以实现了的路亚就是这次介绍的MarineGang90和120。

 

 vol92_01

 

MarineGang90,在港湾部的最合适的大小。

还有,在其它钓场也是当日本鳀或鲻鱼为主要游钓鱼时,这个大小跟游钓鱼匹配的情况很多。

 

 vol92_02vol92_03

 

 

MarineGang120是在90和140中间的尺寸。

港湾、河川、海滨沙滩、海岸等是最万能的尺寸。

 

 vol92_04vol92_05

 

 

哪个都是2个副钩的规格,首次生产时预计发售漂浮型、潜水型2个型号。

 

大家在意的抛投距离,在测试阶段已经有如下的平均抛投距离。

无LBO搭载的同尺寸的路亚相比,大约增加了20%的抛投距离。

 

 vol92_06

※当社調べ

 

另外,潜水范围方面,以MarineGang140最大是1.0m进行对比,90最大是1.2m、120最大是1.4m左右,像这样稍微设定深了一点。(总是跟漂浮型型号的对比)

90以及120是,考虑到在港湾等水比较深的区域使用时,和在白天垂钓中的使用频度而设置的。

 

 fermata

 

关于抖动动作方面,140是设定成让重心移动轴和滚筒抖动轴一致,以滚筒为基础的同步行动・逼真抖动,90及120是设定成在白天的海鲈鱼面前也容易自我表现的高速旋转摆动抖动动作。

 

不仅仅只是路亚的尺寸,钓场或时间段、范围等细微的状况下,全部可以正确地调节的MarineGang系列。

面对8月份发售的90及120,现在在进行最终调整&测试。

敬请期待!