Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.75

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.75

back

team_blog_banner

 

スローシンキングラバージグ  ZERO-HURRY(ゼロハリ)

 「フォールの優位性」(T-011)

 

eb_vol75_01

 

ノーシンカーワーム。ただワームに針を付けただけという、至ってシンプルなリグ。シンプルイズベストという言葉があるように、ノーシンカーリグは凡庸性も高く釣果も上がる。

 

はい、凄く当たり前な事を言ってみましたが、皆さん良い釣りされていますか?

いよいよシーズン突入な気配がありますが、やはりまだ地域によってはバラつきがあるようですね。

 

さて、スローシンキングラバージグ「ゼロハリ」の話です。

てば、ゼロハリとはどういったものか。まず、大前提として、スモラバではないです。ラバージグです。話はそこからです。

 

ラバージグではあるが、なぜスローシンキングなのか。これが最も重要なポイントですね。

 

ゼロハリの一番のこだわりは、0.9gのスモラバよりもフォールスピードが遅い。簡単に言うと、凄くゆーっくり沈むラバージグです。

 

では、なぜゆっくりなのか。

 

冒頭の話に戻りますが、ノーシンカーリグは、どう使いますか?スイミング系のワームでただ巻き、これを除いては、やはり一番釣れるポイントは、フォールスピードだと思います。

ゆっくりワームを沈めて魚に見せてあげる。

 

ゆっくり?

 

あれだけ、リアクションという言葉が沢山出てくる昨今の釣りで、ゆっくりで釣れるのは、なにか腑に落ちないところがあります。

 

しかし、ワームの釣りにおいて、みんなが口を揃えて言う言葉。

不自然にならないよう、ナチュラルなアクションで魚を誘う。そうすれば、魚に違和感を与えない、と。

 

確かにその通りだと思います。

 

いかに、ナチュラルに。違和感を与えずに。

 

これが重要です。

 

では、ノーシンカーの話に戻ります。

先ほど、スローなフォールアクションで誘ってあげられるのが、ノーシンカーだと申しました。

ゆっくりフォールさせて魚に見せてあげる。

確かに釣れますよね。釣れるが故に、フォールに特化したワームも沢山あります。

 

ではなぜ、リアクションという早い動きではなく、フォールアクションという、ゆっくりな動きで魚が興味を示すのか。

 

それはやはり、ノーシンカーのフォールというのは、自然界に置いて最もナチュラルなアクションだからだと思います。

地球に重力がある以上、モノは落ちます。水圧などの色々な要素はおりますが、水の中も同じです。

 

この重力という、自然界で最もナチュラルなアクションこそが、フォールだと思います。

 

しかし、フォールと言ってもシンカーなどのウエイトがあるリグのフォールよりも、ノーシンカーの方がよりナチュラルでしょう。ものの体積に対して明らかにフォールスピードが早い。これはやはり、ナチュラルではないですよね。違和感の塊だと思います。

 

ゆえに、ノーシンカーのフォールというのは自然界に置いて最も違和感のないナチュラルなアクションだと思います。

だから、魚が違和感を覚える事なく興味を示すのでしょうね。

 

つまり、その自然界で最もナチュラルなアクションである、「フォールの優位性」をあらゆるワームでも出せるようにするのが、ゼロハリなのです!

 

前置きが長かったですね…

 

ごく自然にゆっくりフォールさせられるラバージグがゼロハリですが、じゃあ0.9gのスモラバでいいんじゃないの?と思われる方もいると思います。

 

ただ、0.9gのスモラバは0.9gです。普通のベイトタックルでは扱いづらい。

ゼロハリは、7gあります。

7gもあれば、やや小さめなワームでもベイトタックルで扱い易いのは当たり前ですね。

 

あらゆるワームをスローにフォールさせられ、なおかつベイトタックルで簡単に扱える。そんなラバージグがゼロハリなんです。

 

陸っぱりのキャスティングでピンポイントでフォールさせるもよし、ボートの釣りでアシ際を撃ってスローに誘うもよし。などなど・・・。

 

釣りの幅が広がると思いませんか?

 

皆さんも、スローにアプローチしてみて下さい。

結果はおのずと付いてきます。

 

では、濃い釣りを。

 

ZERO HURRY Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/zero-hurry/

 

team_blog_banner

 

Slow sinking  rubber jig ZERO-HURRY

 “The superiority of fall” (T-011)

 

eb_vol75_01

 

This is a no-sinker worm. It’s a pretty simple rig that just a hook is attached to a worm. The no-sinker rig has no strong characters therefore you’ll have better fishing results. Do you know the saying “simple is best!” right?

 

Well I know everybody knows that, anyway are you guys catching a lot of fish?

We are finally entering into the big season, although it seems to vary depending on the areas.

 

Now, let me talk about the slow sinking rubber jig “ZERO HURRY”.

What is “ZERO HURRY”? First of all, it’s not a small rubber jig! It is a rubber jig! Let’s start from there.

 

Why it’s slow sinking even though it’s a rubber jig! I’m telling you, this is the most important point!

 

The remarkable feature of “ZERO HURRY” is “fall speed”! Its fall speed is slower than that of small rubber jig 0.9g. In brief, this is a rubber jig that sinks super slow.

 

I go back to the beginning, how do you use the no-sinker rig? The great fishing result will depend on “fall speed” besides letting the worm swim by steady retrieve.

Let them (fish) see by the worm sinking super slow.

 

Super slow?

 

You hear the word “reaction” so many times in this fishing world these days, are you thinking that sounds not settle by super slow, aren’t you?

 

But, everybody says this in the worm fishing world.

Appeal fish with as natural action as possible, then fish don’t get skeptical to the worm.

 

That is so true.

 

As natural as possible! Don’t make them skeptical.

 

That is the most important thing.

 

So, I’ll go back to the story about a no-sinker rig.

I said earlier a no-sinker rig is the one can induce fish with slow fall action.

Let them (fish) see the worm very good by falling so slow.

See, you can catch a lot of fish, can’t you? That’s why there are so many worms that are specialized for this “fall”.

 

Do you know why fish will show their interests to this slow movement “fall action” instead of the fast movement such as “reaction”?

 

That’s because “fall” of a no-sinker rig is the most natural action in the nature.

As long as the gravity exists on the earth, things fall! There are some different factors such as water pressure in the water though, basically it is same in the water as well.

 

This gravity which the most natural action in the nature is “fall”!

 

The fall of a no-sinker rig would be much more natural than the fall of rigs with weights like sinkers.

If it falls obviously faster than it should be considering of its volume, then that’s not natural, right? That just goes against the nature.

 

That’s why this “fall” of a no-sinker rig is the most acceptable natural action in the nature, so I believe fish are interested in this.

 

 “ZERO HURRY” is the one that can bring “the superiority of fall” which is the most natural action in the nature in any worms.

 

Sorry, I spent too much time on preliminaries…

 

 “ZERO HURRY” is the rubber jig that can fall slow and natural but then, some of you might think “why don’t we use a small rubber jig 0.9g, isn’t it same?”

 

A small rubber jig 0.9g weighs only 0.9g. It is hard to use with an ordinary bait reel.

“ZERO HURRY” weighs 7g!

That’s why it’s easier to use with any bait reels even if you use smaller worms.

 

 “ZERO HURRY” is the rubber jig that can make any worms fall slow and easy to use with a bait reel.

 

Pin-point fall when you cast from shore or aiming around reeds from your boat to induce fish slowly…

 

Don’t you think it expanded the possibility of how to fish?

 

Ok, now it’s your turn to try approaching them slowly with this!

The results will follow.

 

Enjoy the great fishing!

 

ZERO HURRY Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/zero-hurry/

 

team_blog_banner

 

慢速下沉橄榄头橡胶丝  ZERO-HURRY

 “下沉的优越性能”(T-011)

 

eb_vol75_01

 

无沉坠物软饵。只是在软饵里装上鱼钩的非常简单的索具。像有句话所说的一样“简单的就是最好的”,无沉坠物索具的平凡性也可以提高钓鱼的收获。

 

是的,现在说了句非常理所当然的事情,大家有没有钓到很多鱼呢?

虽然进入垂钓旺季的时期即将来临,但还是会有地域性的差异。

 

那么,就谈谈慢速下沉橄榄头橡胶丝“ZERO-HURRY”。

ZERO-HURRY到底是个什么样的东西呢?首先,作为大前提,不是小型橡胶丝,而是橡胶治具。话题就从那里开始。

 

橡胶治具为什么是慢速下沉呢?这个是最重要的要点。

 

ZERO-HURRY最讲究的是,比起0.9 g的小型橡胶丝下沉的速度会更慢。简单的说就是非常缓慢下沉的橡胶治具。

那么,为什么那么缓慢呢?

 

回到文章开头,无沉坠物索具是怎么样使用的呢?除了用游水系列的软饵只进行卷线外,我觉得最能钓到鱼的重点还是下沉速度。

将软饵缓慢下沉,特意让鱼看见。

 

缓慢?

 

垂钓中,快速反应这个说法出现得如此之多的最近,缓慢就可以钓到鱼的说法,总感觉有些地方不能理解。

 

虽然,软饵垂钓,大家都异口声说的词语。

为了不变成不自然,用自然的抖动动作诱惑鱼儿。如果那样做的话,不会给鱼异样感。我觉得确实像所说的这样。

 

怎样才能自然。怎样才能不给与异样感。

 

这个很重要。

 

那么,回到无沉坠物的话题。

刚刚有说到缓慢的下沉抖动动作可以诱惑鱼的是无沉坠物。

缓慢下沉而让鱼看见。

确实能够钓到鱼是吧。因为可以钓到鱼,下沉时特殊化了的软饵也非常多。

 

那么为什么,不是快速变化的反应抖动动作,而是用所谓的下沉抖动,缓慢的动作来展示鱼的兴趣呢?

 

我觉得这个总的来说,还是因为无沉坠物的下沉,放在自然界里也是最自然的动作。

只要地球有地心引力,东西就会下落。虽然有水压等各种要素,但在水中也是一样。

 

这种所谓的地心引力,我觉得在自然界最自然的动作就是下沉。

 

但是,即使说下沉,与沉坠物等有重量的索具相比,无沉坠物的东西会更加自然。针对物体的体积,很明显下沉的速度要快。这个毕竟不是自然的是吧。我觉得这个非常有异样感。

 

所以,我觉得所谓的无沉坠物的下沉就是放在自然界的最没有异样感的自然抖动动作。所以,不是让鱼感觉到异样感,而是展示兴趣对吧。

 

也就是说,在自然界最自然的抖动动作,“下沉的优越性能”在一切的软饵可以展示出来的是ZERO-HURRY。

 

不好意思,前言太长了…

 

虽然能够极度自然的缓慢的下沉的橄榄头橡胶丝是ZERO-HURRY,认为那么用0.9g小型橡胶丝不就可以了吗?的朋友应该也有。

 

0.9g的小型橡胶丝只有0.9g。普通的小鱼钓具非常难操作。

ZERO-HURRY有7g。

如果有7g的话,即使是稍微小一点的软饵小鱼钓具也非常容易操作应该是理所当然的吧。

 

所有的软饵都能让它缓慢下沉,并且用小鱼钓具可以简单的操作。这种橄榄头橡胶丝就是ZERO-HURRY。

 

陆钓时抛投垂钓时的目标位置的下沉也可以,海钓时的攻击边缘的缓慢诱惑也可以。等等・・・。

 

有没有觉得钓鱼的范围扩大了?

 

大家也用缓慢的速度来攻击鱼儿看看。

一定会给大家带来很好的结果。

 

那么,期待大家有一个盛大的垂钓。

 

ZERO HURRY Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/zero-hurry/