Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.61

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.61

back

team_blog_banner

 

フィッシングショーも間近となり、新製品の発表やシーズンインに向けて今年も少しづつ賑わいを見せてきました。

プリスポーンの魚が狙える日も、そう遠くはありません。

そこで今回、完成したのは、スーパースローシンキング設計バイブレーション『フェルマータ』です。

 

 vol61_01

 

春のシャロー攻略で欠かせないルアーがクランクベイトとバイブレーション。

ハードボトムに強いクランクベイトと、シャローフラットに強いバイブレーションです。

クランクベイトは深度やアクションでのローテーションが一般的で、浮かせたりストラクチャーに絡ませたりと言ったテクニックによる使い分けや応用で色々な魚を攻略可能なルアーです。

一方、バイブレーションはというと、サウンドのローテーションは多くのアングラーが行っていますが、その他のテクニックや使い分けが難しいルアーで、基本ただ巻くだけのルアーです。

もちろん、ただ巻くだけで魚が釣れるというのは大きなメリットですが、他のアングラーと差をつけにくいという側面も同時に持ち合わせています。

またバイブレーションのほぼ全てがシンキングモデルであるため、リトリーブスピードを制約され、一定スピード以上で巻き続けなければいけないという一面もあります。

 

そこで、バイブレーションのサーチ能力の高さと、集魚力の高さはそのままに、リトリーブ速度に幅を持たせ(特にスロー方向)、時には止めることができるスーパースローシンキングのバイブレーションはなぜ市場に存在しないのだろう?と疑問に感じ、開発部とテスターで協力しながら開発がスタートしました。

 

最初はまず、完全なサスペンド仕様での試作を行いましたが、すぐにいくつかの問題点が見えてきました。

・遠投性能

・直進安定性

・泳ぎ出し

といったバイブレーションの長所がことごとく失われ、開発初期段階はストレスの溜まるようなルアーしか作り出せませんでした。

 

そこでスローリトリーブが可能で、止めることもできる範囲内でのスーパースローシンキングに仕様を変更させることと、ヘッド形状に少しのフラットを持たせ揚力を持たせることにより、遠投性能と直進安定性を保ちながら一定レンジのシャローを引いてくることができる設定を生み出せるよう、試作を続けました。

 

 vol61_02

 

vol61_03

 

フェルマータのテストを実施していたのは1m未満のシャローしかないような野池や、ウィドーフラットのシャロー。

特に琵琶湖に代表されるようなウィードレイクでは、冒頭で記したようにバイブレーションは春先、非常に有効なルアーである反面、一定水温を超えシャローにウィードが繁茂し始めると同時に使用状況が激減するルアーでした。

フェルマータのプロトモデルでは、今までスピナーベイトやチャターベイトのようなスナッグレス性の高いルアーしか引けなかった、ハイシーズンのシャローをストレスなくリトリーブできるかどうかのテストも繰り返し行い、使い易さも重視する仕様となっています。

根掛かりの多いようなフィールドや野池で、広範囲をサーチしたいけど通常のバイブレーションではロストが怖いといった場面でもフェルマータの出番となります。

 

唯一無二の存在のフェルマータ。今シーズン、今までバイブレーションでは躊躇していたようなフィールドでぜひ試してみてください。

 

vol61_04

team_blog_banner

 

The fishing show is fast approaching, this place is gradually getting busier as we're heading towards the season and releasing new items.

The days that you can catch those fish in spawning season are not too far.

So, here is a vibration "FERMATA" that is designed to have super slow sinking ability.

 

 vol61_01

 

The lures you must have in order to conquest the shallow water in spring are crank baits and vibrations. Crank baits are great around hard bottoms and vibrations are good around shallow flats. The general ways of using crank baits are rotating in depth or action, these are the lures that you can conquest various kind of fish by applying the techniques in so many ways such as letting them float or tangling them with structures.

On the other hand, when it comes to vibrations, many anglers use the technique of rotating sounds, but other than that, people simply reel in with this lures without any tricks since it's hard to apply any techniques.

Of course, it's a big advantage if you can catch fish by just reeling in though, at the same time it is hard to make any differences from the other anglers on fishing result with it.

Since most of the vibrations are sinking models, the retrieve speed is limited which means you have to keep reeling in with more than a certain speed.

 

So, we kept the high ability of searching and gathering fish of vibrations and we tried to add wider range of retrieve speeds (especially slow).

The development department cooperated with testers to make super slow sinking vibrations which can also stop if it’s necessary, which we'd wondered why it had never existed.

 

First, we’d tried to make prototypes with complete suspended type lures.

But we soon bumped into some problems.

 

*great flying distance

*stability of going straight

*great start in swimming

 

Those strong points of vibrations stated above were all gone, we ended up stressing out ourselves with those prototypes that we made in the beginning.

 

Then, we changed the idea to a super slow type that makes slow retrieve possible and also could stop from a suspended type. We kept trying to make prototypes in order to produce the design that could keep being reeled in at certain range in shallow water while still keeping the great flying distance and the stability of going straight by flattened its head shape a little bit to gain the lifting power.

 

 vol61_02

 

vol61_03

 

All the places where we tested "FERMATA" were wild ponds that are shallow less than 1m or shallow weedy flats.

Even though vibrations are very effective lures during spring as I said earlier, the usage of the lure goes down rapidly around especially the weedy lakes represented by Lake Biwa since weeds grow thicker in shallow water when the water temperature rises.

We repeatedly tested with the prototypes of "FERMATA" to make sure if these can be retrieved in high season shallow water easily without any stress which usually only the snag-less lures like spinner baits and chatter baits can do.

This "FERMATA" is perfect for those scenes that you want to search wide range but you're afraid to use your normal vibrations because they can get lost easily in the fields and wild ponds where they could get snagged a lot.

 

This "FERMATA" is super unique and is one of a kind! Please check it out this season in the fields where you’ve been hesitating to use normal vibrations!

 

vol61_04

team_blog_banner

 

垂钓秀也近在眼前,随着新产品的发表还有季节的开始,今年也渐渐地热闹起来。

可以以产卵准备期的鱼为目标的日子也不是特别远了。

因此这回完成了的是以超级慢速下沉为设计的颤泳型路亚“Fermate”。

 

 vol61_01

 

春天攻略浅水区域必不可少的路亚是胖子路亚和颤抖型路亚。

是对硬底区域较强的胖子路亚和浅水区域较强的颤抖式路亚。

因为胖子路亚一般是依深度或抖动动作而分别进行,通过所谓的让它浮起来,或让它缠绕水中障碍物等技巧,而灵活使用或应用的可以攻略各种各样的鱼的路亚。

 

一方面,说起颤抖式路亚,大部分的垂钓者都用声音来区别,这个以外的技巧或灵活运用比较难的路亚,基本上只是卷起来的路亚。

当然,只是卷起来就能钓到鱼是非常大的好处,但同时也存在很难和其他垂钓者区分差距的方面。

并且,因颤抖式路亚基本上都是沉水类型,收线速度受限制,存在一定速度以上必须要不停地卷线的问题。

 

因此,对将颤抖式路亚的高度的搜索力和高度的集鱼力保持不变,将收线的速度变灵活(特别是慢速方向),有时可以停止的超级慢速下沉的颤抖式路亚为什么在市场上不存在呢?而产生了疑问,通过开发部和测试员的协助开始进行了开发。

 

最初,用完全悬浮的规格进行了试做,马上就发现了好几个问题。

・远投性能

・直进稳定性

・出击

所说的颤抖式路亚的长处全部丧失,开发初期阶段只制作出了不满意的路亚。

 

因此,为了能够创造出在按可以缓慢收线,也可以停止的范围内的超级慢速下沈的规格而进行变更,及通过将头部形状稍微变扁平来提高浮力,保持远投性能和直进稳定性的同时,可以在一定范围的浅水区域进行拉动的设定,在持续进行试做。

 

 vol61_02

 

vol61_03

 

实施Fermate的测试是在只有不到1m的浅水区的野地池、还有水草平面的浅水区。

特别是以琵琶湖为代表的的水草湖,开篇提到了的颤抖式路亚,在初春时它是非常有效果的路亚,但另一面当超过一定水温在浅水区水草开始繁茂时,使用状况急剧减少的路亚。

FFermate的原型样品,反复进行可不可以在像迄今为止只有旋转亮片路亚饵或挡水片米诺路亚那种避免障碍性能很高的路亚才能拖动的旺季浅水区无压力的收线的测试,制作成了也重视使用便捷性的规格。

即使像在缠钩很多的场地或野地池,想进行大范围的搜索,但通常的颤抖式路亚怕失败的场面而由Fermate出场。

 

独一无二的存在的Fermate。现在的季节,像迄今为此的颤抖式路亚犹豫过了的区域,请一定要试试看。

 

vol61_04