Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.43

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.43

back

team_blog_banner

 

A-005

2014 NEW PRODUCT

CODE:V9

 

 

クーラーの効いた部屋と、スレきった野池。

 どちらが良いかと言われると…

 

 

ちょっと悩んでしまいますが、

なんだかんだで釣り場に立っております。

そんな今日このごろの開発部員でございます。

 

 kuroken

 

テスターの黒田さんの動画を見てご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

今回は秋のマキモノシーズンに入るこれからにもってこいの、

NEWスピナーベイト「V9」を紹介したいと思います!

 

 

メガバスのスピナーベイトと聞くと、

v-flat_MAIN

 

V-FLATやVENOMなど、キャラ立ちした製品が沢山あります。

今回はどんな個性を持ったスピナーベイトかというと、

実はそんなに個性がありません。。。

 

だがしかし!!!

 

 

どんな場所どんな状況でも役に立つ、都合のいいルアー。

攻撃タイプでも体力タイプでもなく、

「バランスタイプ」のスピナーベイトが今回の“V9”なのです!

 

v9_main

 

最も意識した点は、スピナーベイトに必要な要素を高次元でクリアすること。

個性を引き立てるのは二の次で、様々な機能を徹底的に磨きました。

 

  • レンジキープ力
  • 飛距離
  • 障害物の回避能力
  • フッキング率
  • 幅広いリトリーブ可能スピード

 

などなど。

とにかく普通に使えるという事です。

 

 

 

少し詳しく。

●レンジキープ力

wide-tite_jp

ヘッドとブレードのバランスによって成り立ちますが、ブレードという要素が非常に大事です。セミウィロータイプ?といいますか、少しコロラド寄りの形状をしています。パワーの強いコロラド寄りブレードの湾曲するカーブを少し強めることで、水を動かしながらも適度な引き抵抗に調整してあります。

 

●飛距離

once

3/8oz.や1/2oz.という表記は曖昧で、結構振り幅があります。

基本的にメガバスでは、3/8oz.は10.5g、1/2oz.は14gという基準にしているのですが、それよりも3/8oz.や1/2oz.な範囲で重く調整してあります。なので、引き心地・使用感はいつものままに、キャストがもう少し飛ぶようにセッティングしています。

 

●障害物の回避能力

trace-cose

魚型のヘッドなのにお腹が伝統的なV字という、ハイブリッドなヘッドにデザイン。Vが横倒れして障害物を回避しやすく、背中の溝がヘッドを安定させ、見た目もリアルという欲張りなヘッド。湾曲したワイヤーが、障害物接触時の衝撃を和らげ、ストラクチャーをなめるようにトレースできます。

 

●フッキング率

ロングシャンク&ナローゲイプフックを採用。リアクションバイトなので、フッキングが心配という方も、わずらわしいトレーラーフックいらず!

 

●幅広いリトリーブ可能スピード

ゆっくり巻いても良く泳ぎ、早く巻いても横倒れしない(これが結構重要)バランスにしてあります。

 

 

 

さらになんと!!!

 

新しい機能も搭載!!

 

 

◎ブレードとワイヤーの接触

blade-scratch

これは相当新しい。

作っておいてなんですが、正直ちょっとびっくりしました。

ワイヤーにちょっとだけブレードが接触していると何がいいのか?

 

 

ズバリ、「音」と「振動」。

 

金属接触の「カチカチ・・・」という音が、より広範囲の魚にアピールして、手返しよくサーチしてくれます。

 

 

でも、一番の衝撃は「振動」。

 

 

出来ればみなさんにも巻いてみて頂きたいのですが、

引き心地がかなり斬新です。

scratch-feeling

ブレードのバイブレーションが手元に「ブルブル」と伝わるスピナーベイトはよくあるのですが、V9は「カチカチ」と振動が伝わります。

ブルブルとカチカチで何が違うのかというと、振動の「鮮明さ」がまるで違います。

カチカチという鮮明な振動は、スピナーベイトが「動いている」と手元にはっきり教えてくれるのです!

 

「あれ? なんか? たぶん動いて… る? …よね?」

という曖昧な感じがなくなります。

 

ルアーがちゃんとアクションしているか分かる事というのはとても大事ですね。

動いていないと魚も釣れないので…。

 

 

 

ぜひこれは、試してみて下さい!!

スピナーベイトの世界がちょっと変わると思います。

 

 

現在、9月末発売に向けて製作中です!

チェックしてみて下さいね!

 

製品ページはこちら

http://www.megabass.co.jp/site/products/v9/

 

 

実は、テスト時の動画がアップされています。

モザイクまみれですが、よろしければチェキして下さい。

 

MEGABASS MOVIE #203 Engineering Movie Vol.1 「プロトタイプコード09」

 

MEGABASS MOVIE #208 Engineering Movie Vol.2 「Strength Test」

 

 

team_blog_banner

 

A-005

2014 NEW PRODUCT

CODE:V9

 

The room with air conditioner on or untouched very wild pond...

If you ask me “Which do you like..?” well..

 

I have to think for a while to answer that...

Anyway, I am standing here around the wild pond before I even answer the question.

That’s what’s going on these days with our developer.

 

 kuroken

 

I believe some of you already watched our tester Mr. Kuroda’s video so you know, at this time; I want to introduce the NEW Spinner Bait “V9” which is the perfect match for this coming fall season.

 

When I say MEGABASS spinner Bait...

v-flat_MAIN

 

I know you’ll think of a lot of unique characters such as “V-FLAT” and “VENOM”.

And then you might be expecting what kind of unique character the new spinner bait has, ..actually, not really...

 

But!

 

It’s a universal, very convenient lure that suits to any occasions!

It’s not attack type, it’s not energy type! This “V9” is the balance type of spinner bait!

 

v9_main

 

The part we cared the most was clearing the majority of the necessary factors for spinner bait.

We polished all the various functions instead of making it standing out.

 

  • The great ability of staying within the range
  • The great leaping distance
  • The great ability of avoiding the obstacles
  • The high rate of hooking
  • The wide range of retrieve speed

etc...

Well, in a word, it’s quite useful.

 

 

 

More details

*The Ability of Staying within the Range

wide-tite_en

It’s made with the perfect balance of head and blade. Especially the factor “blade” is very important. Semi-willow type? I would say...more look like Colorado blade. By enhancing the curve a little bit of this blade similar to Colorado which has strong power, it’s adjusted to moderate resistance with moving water.

 

*Leaping Distance

once_en

These values 3/8 oz. and 1/2 oz. are very ambiguous, there is some allowance.

We usually set 3/8 oz. equivalent to 10.5g and 1/2 oz. equivalent to 14g as the Megabass standard, but at this time, we chose rather heavier weight within the allowance range. So you’ll get the great distance at your casting on top of the right resistance and perfect usability.

 

*Great Ability of Avoiding the Obstacles

trace-cose_en

The head is fish shape and its belly keeps the traditional V-shape! I would say we designed the hybrid head! The V-shape on the bottom allows its body tilt to dodge the obstacles easily but the groove on its back makes the head stable. And the head looks super real. The curved wire eases the shock when it touches the obstacles; it will go along right on any surfaces of those obstacles or bottom of the seas.

 

* The High Rate of Hooking

We used long shank and narrow gape hook. Fish bite by reflex action so you don’t need the annoying trailer hooks even somebody who worries about hooking!

 

* The Wide Range of Retrieve Speed

We calculated the perfect balance for any retrieve speed so that it swims very well even when you reel in so slowly and it stays straight (this is important more than you think) even when you reel in fast!

 

 

 

Furthermore!

 

New feature was also added!

 

 

*Touching Blade and Wire Each Other

blade-scratch_en

This is pretty innovative.

I’m the one who made it but still, kind of, in shock that I did it!

Do you know why I make a big deal about the wire slightly touching the blade?

 

Yes! “Sound” and “Vibration”!

 

Those touching metals each other make unique sound and appeal to fish in wide range, which results in efficient search.

 

But the most innovative part is “Vibrations”!

 

I strongly recommend you to experience yourself!

You’ll feel the difference when you are reeling it!

scratch-feeling_en

There are so many cases that you feel the trembling type of vibrations with spinner baits but you’ll feel clicking, clacking type of vibrations with V9.

Do you know what difference those “trembling” and “click clack” make?

Clarity of vibration!

This “click clack” vibration let you know the spinner bait”V9” is working hard!

 

Uh? What? Maybe it’s moving? I assume it’s moving..

Those ambiguities will be gone away!

 

It is very important to know the lure is working properly, isn’t it?

Because if it’s not, you’ll never catch fish!

 

It’s so worth to try!

You’ll change whole opinion about spinner baits!

 

They are currently in production to be on the market in Sep.

Check it out!

 

Product Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/v9/

 

The video during the test was up.

Sorry that it’s pixelated a lot but if you don’t mind check it out!

 

MEGABASS MOVIE #203 Engineering Movie Vol.1”Proto Type code 09”

 

 

MEGABASS MOVIE #208 Engineering Movie Vol.2 「Strength Test」

team_blog_banner

 

A-005

2014 NEW PRODUCT

CODE:V9

 

 

凉飕飕的冷气房与没有动静的野生池。

 

如果要我选择哪里比较好的话…

 

 

虽然有些让人左右为难,

但是还是摆脱挣扎站在钓鱼场。

这就是今天开发部专员的现状。

 

 kuroken

 

如果看了测试员黑田先生动画的人应该都知道,

这次就是想跟您介绍即将进入秋天钓鱼旺季的必备装备,

新型振动型假饵「V9」!

 

 

一提到MEGABASS的振动型假饵,

v-flat_MAIN

 

大概就会联想到像是V-FLAT或是VENOM等,好几款富有个性的商品吧!

而这次为您介绍的振动型假饵究竟有着怎样的特色呢,

其实说真的没有什么特别的个性。。。

 

但是,且慢!!

 

若要说到能够无论在何种场所都派上用场,方便的路亚。

不属于攻击系列也不属于体力系列的哪一类,

而是「均衡系列」的振动型假饵,就是这回所介绍的“V9”哦!

 

v9_main

 

最让人夸耀的一点就是,作为振动型假饵所需要的所有必备要素,它都以很高的水准加以克服。

虽然说看起来好像没有那么有个性,但是这款商品彻底的在各式各样的机能都具备了很高的战斗力!

 

  • 角度保持力
  • 飞行距离
  • 回避障碍物的能力
  • 鱼儿上钩率
  • 速度快,能够在广大范围诱导鱼儿

 

等等都是它的特色。

总之,就是可以很一般的使用。

 

 

 

那么说明详细一点的话。

●角度保持力

wide-tite_ch

虽然说路亚头部与亮片的均衡是很重要的关键,但其实亮片这个要素其实是非常重要的。在此可以简单称之为准柳叶造型?但是也稍微偏向科罗拉多亮片的形状。偏向科罗拉多亮片的造型强而有力,而将亮片的角度稍微增强后,就将其调整为即使水面波动时也可以拥有适当的水阻力了。

 

●飞行距离

once_ch

虽然3/8oz.与1/2oz的标记似乎有些暧昧,但是事实上是有相当的振幅的哦。

基本上MEGABASS在3/8oz.为10.5g,而1/2oz.则是14g作为基准,而这里则是在3/8oz.与1/2oz.的范围中做出重度的调整。因此在收起路亚的感觉与使用感上可以保持原状,但是设定在抛竿时可以抛出比平常更远的飞行距离。

 

●回避障碍物的能力

trace-cose_ch

虽然头部为鱼型设计,但是腹部却是传统的V字造型,让人感觉是非常高度结合的设计。V型设计不但可以横倒,容易避开障碍物,而背上的沟痕更可以让头部安定。这样的头部设计在外观上也是十分拟真,可以说是集结众所期望于一身的奢侈设计。而弯曲的钢圈可以缓和与障碍物碰触时的冲击,可以平缓构造,让亮片彼此重合。

 

  • 鱼儿上钩率

采用了长脚&窄口(long shank&narrow gape)鱼钩。这款属于行动型的假饵,对于担心鱼儿上钩率的诸位钓友来说,不需要特别使用那些会让人烦恼的拖弋鱼钩哦!

 

●速度快,能够在广大范围诱导鱼儿

即使快速卷线也可以良好的做出动作,而且在快速下也不会横倒(这点时非常重要的),具备了保持平衡的特点。

 

 

 

此外更让人惊奇的!!!

 它还搭载了新的机能!!

 

 

◎亮片与钢圈的接触

blade-scratch_ch

这可是崭新的造型哦!

虽然这是由我们创作出来的,但是说真的,看到成品后真的吓了一跳呢。

钢圈稍微接触到亮片,究竟会带来怎样的好处呢?

 

简单地说,就是「声音」与「振动」。

 

金属接触时发出的「卡其卡其・・・」的声音,可以在更大范围中吸引鱼儿的注意,很有效率的寻找到鱼儿们所在的位置。

 

 

但是,最让人感到冲击的就是「振动」这点了!

 

 

如果可能的话,真希望让大家都来试看看呢,

在使用路亚时,真的是很特别的崭新体验呢!

scratch-feeling_ch

 

亮片的振动时的频率传达到手中,让人感受到「卜卜卜」传动的振动型假饵不在少数,但是V9所传达的则是更强力的「卡其卡其」と的振动力。

「卜卜卜」与「卡其卡其」・・究竟有怎样的分别,其实振动的「鲜明度」可是天壤之别的哦。

「卡其卡其」的鲜明振动,可以让您的双手亲自感受到振动型假饵真的「在动作」!

 

咦? 有吗? 路亚有没在…动啊? …真的有吗?

像这样的暧昧感就会消失哦。

 

能够实地感受到路亚的动作的这一点,相信也是很重要的吧。

如果路亚不动,那么也就钓不到鱼了呢…。

 

 

 

请您务必要亲自感受一下!!

您一定会感受到在振动型假饵世界中开始的小小的变化。

 

现在正朝着能够在9月下旬发售而努力制作中!

请您一定要多加注意哦!

 

商品的网站请点击这里

http://www.megabass.co.jp/site/products/v9/

 

 

其实我们已经上传了测试时的映像。

虽然是做了马赛克处理的影片,还请您做个参考。

 

MEGABASS MOVIE #203 Engineering Movie Vol.1

 

 

MEGABASS MOVIE #208 Engineering Movie Vol.2 「Strength Test」