Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.126

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.126

back

team_blog_banner

 

MEGADOG(後編)

 

 

今回のエンジニアリングブログは前回の続き。メガドッグのカラーバリエーションについて解説したいと思います。なぜこんなカラーを設定したのか、どんな時にどのカラーが有効なのかなどをお話ししますので、使う際の参考にしてください。

 

>>> MEGADOG(前編)

 

●メガバスらしさを表現するカラー群

 

 

メガドッグに限らず、ルアーのカラーは何層にも丁寧に塗り重ねてベイトを忠実に再現するのがメガバスの仕事。そのため今回も基本的にはリアルカラーが中心ですが、本物のベイトとは似ても似つかないカラーで釣るのもルアーフィッシングの楽しみ方のひとつですし、大量にベイトが群れてシーバスが「エサボケ」している状況では、あえてエサとかけ離れたものを放り込んで目立たせるケースもあります。そういったニーズもふまえて、アトラクター的な要素を入れたパターンも併せて提案しています。

 

そこでメガドッグのカラーですが、個々のカラーではなく表面処理(ベースカラー)で分類すると分かりやすいと思います。

 

 

●フラッシング重視のGG

まずはGG、いわゆるグアニウムゴーストを採用したカラーです。これは角度によって光を透過しつつ、順光では強いフラッシングを発揮するメガバス独自のホロ系パターンで、シーバスが視覚に頼った捕食をしている時に有効です。遠くからでもベイトフィッシュとして認識されやすく、ヒラウチドッグウォークの際のフラッシングを深いレンジまで届ける効果もあり、なおかつ自然のベイトフィッシュの透け感もリアルに再現しています。コノシロ、浦戸マレット、イワシ、サンセットレインボーの4つはこの系統です。

 

グアニウムゴーストはベイトフィッシュのウロコに含まれるナチュラルなグアニン色素を忠実に再現。

光を反射するとメタリックに輝くが、逆光ではシースルー(ゴースト)に変化。あらゆる条件下でリアルな存在感を演出する。

 

 

●反射を抑えた和銀&和金

そのいっぽうで、同じホロでも若干アピールを抑えたパターンが『和銀』と『和金』。これはホロの強い反射をあえて鈍くさせたもので、銀箔やたばこの銀紙を使った昔のハンドメイドルアーに近いテイストです。また、メガバスがずっと提唱してきた魚のグアニン色素に近い質感も緻密に再現し、マズメ時のローライトコンディションでもぼやっと光って魚っぽい存在感を維持します。採用しているのはライブシャイナー、和銀コノシロインジケーター、和金オチアユの3パターン。派手なカラーやフラッシングではちょっと強すぎるという、セレクティブな状況に対応しやすいカラーです。

ちなみに和銀コノシロインジケーターのみオデコにチャートを吹いてありますが、これはローライトコンディションにおいて遠くからでもルアーの位置や動きの確認ができるようにという意図です。足場が高い位置から操作する場合でも、このチャートによって動きを把握しやすくなりますよ。

 

和銀は光の透過が少ないメタリック系。メッキ系のピカピカした反射ではなく、柔らかくくすんだ光を放つ。

和金はそのゴールドバージョン。どちらも一段アピールを落としたい場面で活躍する。

 

 

●明滅効果とダウンサイジング効果を強調したGP

GPライムレインボーは、GP(グアニウムファントム)を採用した透け透けのホロパターン。虹色の模様が入っているけれど光は透過している、そんな加工です。このカラーの狙いは極力存在感を消していくこと。ビッグルアーでありながら視覚的アピールの部分でダウンサイジングに持って行く、そんな狙いがあります。魚から見ると、側線で感じる波動の大きさと、接近したときに眼で見えるボリューム感が異なるわけで、そのギャップも狙いました。順光で見るとうっすらと虹色の光が見えていますが、逆光にするとそれも消えてレインボーの塗装だけがわずかに残る。この明滅とダウンサイジング効果がダマしの要素になります。

 

GPはクリア系カラー+グアニン色素のパターンで、シルエットは消しつつ光でアピール。

ボディ外面は光を反射しつつも透過率が高く、完全なクリアよりも水の馴染みが良い。

透明度の高い海域ではとくに効果的だ。

 

 

●ルアーフィッシング本来の力を持つドチャート

リアルなベイトフィッシュカラーと対照的なのが、スパークル・ドチャートです。表面にはラメが施してありますが、完全に塗りだけで仕上げたソリッドのチャート/オレンジベリーです。このカラーはベイトが大量に群れてシーバスがエサボケしている状況で、あえてベイトフィッシュの視覚的要素と真逆にすることによって目立たせ、バイトさせる狙いです。表面の輝きが欲しかったので、マットではなくあえて艶のある塗装にしました。こういうカラーは好き嫌いがハッキリ別れますが、いろいろ聞いてみると、「好き」という人も、最初は大嫌いだったけど使ってみたらすごく釣れて好きになったというケースが多いようです。要は食わず嫌い的な話なので、これまで使ったことのない方にも是非試してもらいたい色です。決して奇をてらった配色ではなく、ベイトを見飽きた魚に対する合理的なアプローチなので、使ってもらえば必ず新しい発見があると思います。

 

一見ド派手なチャートだが、シーバスルアーでもその効果は実証済み。

大量のベイトがいるなかでは実に合理的な喰わせの切り札になる。

 

 

●マイスターのこだわり。慎太郎ナチュラル

これは私・鈴木慎太郎こだわりのカラーで、透明、リアル、ド派手の中間色的なところを狙っています。ゴースト系の下地にきめの細かいパールとマズメ時に効く紫を配色、ベリーには控えめなオレンジをサッと吹いて薄いラメでコーティングと、全体に中間的な存在感を出しています。完全に透けるクリアではなく、ナチュラルでもあるしアピール性もあるのですが、ド派手系のカラーのように強すぎることはありません。水色や光線量にも左右されにくく、パイロットカラーとしても使いやすいため、いろいろなカラーのなかからどれを使うか迷ったとき、これを使っとけば間違いないよ、という提案でもあります。何よりこの半透明の抜け感は、発泡素材やウッドでは出せないカラーなので、ぜひ皆さんも使ってみてください。

 

完全に透けるクリアではなく、ナチュラルでもあるしアピール性もある。

慎太郎ナチュラルは条件を選ばないオールマイティなカラーだ。

 

 

以上、メガドッグのカラーについてお話ししましたが、全体にこだわったのは生命感、生き物っぽさです。これは造形の段階から一貫したメガバスのこだわりなので、塗装でもそれに応えたいという想いが常にあります。もちろん、陰影をつけた細かい吹き込みや表情など、すべてが手作業。職人が一本ずつエアブラシで塗っています。些細な部分では、リアルパターン6色には下あごの部分のみ色を塗らずに透明なまま残すという裏ワザも使っています。

 

 

工程的にはひと手間、ふた手間増えてしまいますが、本物のベイトとしてのリアルさだけでなく、ルアーだから表現できるリアルさを追究することで、メガバスのオリジナリティを感じ取ってもらえたら嬉しいですね。

 

※ 記事中のMEGADOGの画像はプロトモデルです。

 

 

 

 

>>> MEGADOG Products page

 

>>> MEGADOG(前編)

 

TOPへ

team_blog_banner

 

MEGADOG (Part 2)

 

 

Today’s engineering blog is a continuation of the previous installment. We’d like to take a look at the color variations of the MEGADOG. We’re going to cover our selection process, and which colors are advantageous in different situations.

 

>>> MEGADOG(Part 1)

 

●A Very Megabass Color Selection

 

 

All Megabass lures including the MEGADOG are carefully painted in multiple layers to faithfully recreate the appearance of live bait. To that end, there is a principle focus on realistic colors. However, one enjoyable aspect of fishing is using lures with colors completely unlike that of real bait. When sea bass become complacent in the face of large schools of bait, throwing in something that’s distinctly set apart from conventional bait can be a great way to stand out. So, considering those factors, we also planned to introduce some flashier “attractor” patterns.

 

It’s simpler to categorize the MEGADOG’s colors according to the base finish, rather than review each specific color individually.

 

 

●The Flashing-Focused GG

The GG uses the Guanium Ghost color scheme. This is a unique, holographic Megabass pattern that lets light pass through depending on the angle, while generating strong flashing in direct ligh for a dynamic presencet. It’s very advantageous when sea bass are relying on their eyesight to target prey. It’s easily recognized as a baitfish flash from a distance, and the roll-walking sends flashing down deep into the water. Guanium Ghost realistically reproduces the translucent qualities of natural baitfish. The Konoshiro, Urado Mullet, Iwashi, and Sunset Rainbow fall under this category.

 

Guanium Ghost faithfully recreates the guanine pigment found in the scales of baitfish.

It reflects light with a metallic glimmer, but when backlit it transforms into a translucent “ghost.” It projects a realistic presence under any condition.

 

 

●The Toned-Down Reflection of Wagin and Wakin

The Wagin and Wakin patterns have a more toned-down holographic coloring compared to the Guanium Ghost. These colors purposefully dull the strong holographic reflection and have a similar appearance to handmade lures of the past which used gold or silver leaf. They precisely reproduce the texture of guanine pigmentation found in fish and emit a subtle glow during the low predawn light, maintaining a very natural presence. The Live Shiner, Wagin Konoshiro Indicator, and Wakin Ochiayu all use this coloring. These are highly suited for selective situations where fancy colors and flashing are a bit too much. The Wagin Konoshiro Indicator has a brightly colored forehead. This is so that it’s easy to confirm the lure’s position and movement in low light conditions. Also, when using the lure from a place of high footing, this helps you to better track the movement of the lure.

 

Wagin is a more opaque, metallic color. It emits a soft, dull light rather than something shinier and more sparkly.

Wagin is the gold version of that. Both of them are effective in situations where you want to tone down your approach a notch.

 

 

●The GP Emphasizes Flashing and Minimizes.

The GP Lime Rainbow is a transparent holographic pattern that utilizes the GP (Guanium Phantom). It’s designed so that light passes through its rainbow-colored pattern. The goal of this coloring is to downsize or minimize the visual presence of the lure as much as possible, despite it being a larger lure. From the point of view of the fish, the strength of the waves generated don’t match up with the size conveyed visually by the lure, which is an intentional mismatch that we have found to be triggering. In direct light you can see faint, rainbow-colored light reflecting, but when backlit that disappears almost completely, and you’re left with a transparent pattern with very faint rainbow effect. This flashing and downsizing effect are great for tricking bass.

 

The GP are clear colors + guanine pigmentation pattern, which minimizes their silhouettes while using a more subtle reflection to attract fish.

The outside of the body reflects light while still letting a lot of it through, which allows it to blends into the water better than a completely clear lure.

It’s especially effective in areas with clear water.

 

 

●The Do-Chart Uses the Full Force of Lure Fishing.

The Sparkle Do-Chart contrasts starkly with realistic baitfish colors. The surface features lamé coating and the lure has a solid chart and orange belly. This coloring helps the lure stand out in situations where schools of baitfish make it more challenging to zero in on your lure offering. By making it have the completely opposite visual profile from baitfish, it’s able to trigger bites. We wanted some shine on the surface, so we went with a gloss finish rather than matte. When we tested with our staff, it seems that many fans of this lure were initially skeptical (given the large profile), but once they used it the results spoke for themselves. That’s why we’d like people who have never used this coloring to give it a try. We definitely aren’t trying to be unconventional purely for the sake of being unconventional here! This coloring is the result of a logical approach to bass that are inundated with baitfish and are looking for some different stimulation. I think if you give it a try, you will most certainly discover something new—as we have!

 

The Chart appears exceptionally flashy at first glance, but it comes with a proven track record with sea bass lures.

Amidst a sea of bait, this logically devised trump card will get you bites.

 

 

●The Meister’s Commitment. Shintaro Natural.

“I’m Shintaro Suzuki, and this is my chosen coloring. It aims to be somewhere in the middle of transparent, realistic, and flashy. It uses the Ghost base coat with fine-grained pearl and purple that are effective during predawn. The belly has a tempered orange with a thin lamé coating, with an overall intermediate presence. It’s not a completely transparent: it has natural appeal, but nothing too strong as with the super flashy colorings. It’s not easily affected by water quality or light level and is easy to use as a pilot (first choice) color. If you have trouble choosing a color, you can’t go wrong picking this one. This half transparent feel is a coloring that can’t be attained with foam or wood, so I’d love for you to give it a try for yourself.”

 

It’s not a completely transparent finish. It’s natural but also has strong appeal.

The Shintaro Natural is an almighty coloring that is effective in virtually any situation.

 

 

So, we’ve covered the various MEGADOG colors. Overall our focus was on a natural, lifelike presence that covers saltwater and freshwater applications. This is a focus of Megabass design that remains consistent all the way from the design to hand-painting. The painting is where we bring our creations to life. Of course, the detailed shading and expressive coloring are all hand-painted by craftsmen using an airbrush. Focusing in on detail, you can see the trick used in the 6 realistic color patterns of leaving the lower jaw transparent without paint.

 

 

We’d like for you to experience Megabass’ originality in the realism of our hand-painted finishes, where we not only strive to pay homage to real baitfish, but also to capture and convey the full presence of our lures.

 

* The photograph is a prototype.

 

 

 

 

>>> MEGADOG Products page

 

 

TOPへ