FRESH VOICE

NEW

大分リベンジその1

■ 大野川リベ~ンジ!! ■

土曜日14時からのイベントに合わせて取った飛行機は、始発の6時台(笑)

9時半ぐらいには大野川に到着できるのでイベント前に一戦交えることが出来そうです♪

んで、この時間帯にもう一度やりたかった場所に向かうと先行者さん。

お声がけすると『え!?久保田さん!?この後イベントに行こうと思ってたんですよ!』と驚いてくれたのは【大分県で一番カゲロウを持っている男さん】←後の会話から僕が勝手に命名(笑)

こういう時って『え?僕のこと知ってくれているんですか?』と未だに逆に驚いてしまいます(^^;)

さて釣りですが・・・少し離れたところにエントリーして試してみたかったことをやってみますが、取材時と潮が違う為ちょっと大野川への到着が遅かったようで狙いたかったタイミングとズレているっぽい。

小ヒラが場を制しており、動画上でもあったパシュパシュボイルがいたるところで起きています。

地元の方がどんな釣りするのかな~と観察させてもらった後はイベントまでおしゃべりタイム。

合流した【マグナム師匠】と嵐の大野智似の【グラサン先輩】も交えて釣り談義。*勝手に命名してスミマセン

このお三方。僕がこのイベントの後で自力で魚に辿り着きたいんだという想いを汲んでくれて釣果に繋がりそうな具体的な話は伏せてくれて本当に優しい方々でした♪

そしてイベント店舗に移動してイベント終了して・・・・

フリィィぃぃタァァぁぁイム!!!

下流に行ってみたり上流に行ってみたり自由気ままに釣り三昧♪

取材時には出来なかったナイトゲームもし放題♪

んんん~~~最高です♪

下流域で有効そうなベイトを発見できなかったので中流域に向かいます。

前回で下げの潮が効き始めるタイドグラフとの時差は把握できていたので僅かにできる流れのヨレを狙っていきます。

カン!

コン!

とここでも小ヒラのバイト。

少しレンジを下げて小ヒラの層を避けてみると・・・

ググン!!とヒット!

 

取材時よりも少~しだけサイズアップした40cmくらいのヒラスズキ
Megabass GENMA 85S 17g)

 

動かすとヒラに襲われるのか?と思って泳がせるというより漂わせる感じでゲンマを流し込んでいくと・・・

 

ゴン!

と来て先ほどよりも良い引き♪ ・・・が、この引きはマルじゃない・・・

 

もうちょっとサイズアップして50cmのヒラスズキ
Megabass GENMA 85S 17g

 

ナイスサイズとは言い難いけど自力で辿り着いた魚ってのはやっぱり格別です♪

この調子で60cmくらいまでサイズアップしてくれれば御の字なんですが・・・

 

サイズダウンして30cm台のヒラスズキ
Megabass GENMA 85S 17g

 

この夜はこの魚で終了としまして翌日朝からの下げを狙います。

続く。

 

久保田氏のブログはこちら

https://www.fimosw.com/u/sandwalker