FRESH VOICE

真冬の東京湾ボートシーバス

東京湾奥エリアの遠藤逸郎です。

 

今シーズンの東京湾奥もディープエリアのシーバスゲームが好調です。

 

 

潮通しの良いディープエリアには例年通り、イワシを追うシーバスの大群が連日押し寄せております。

 

 

主に狙うシュチュエーションは、水深20〜30メートル程度にある沖のストラクチャーや地形変化等です。

 

 

使用するルアーは40g〜60gのメタルジグ、25g〜30gの鉄板バイブ、40g前後のスピンテール系がメインとなります。

(ルアーウェイトはご乗船される船宿指定のものに合わせてくださいね)

 

 

オススメのルアーは上から、ONIMARU(プロト)X-CREWMAKIPPAMETAL-X WAVINGRIDERです。

 

基本的にリトリーブは全てタダ巻きでオッケーですが、シーバスが反応しやすいリトリーブスピードはシビアな場合が多く、ゲーム性が高いので非常に面白い釣りです。

 

縦の動きにシーバスが反応しない時はキャスティングで横引きをするとスイッチが入る事もあり、これらのルアーはどちらの用途でも泳ぎが崩れないのが利点です。

 

 

今年も好調な冬のボートシーバス、ぜひチャレンジしてみてください!

 

 

Bay Works Tokyo Fishing

https://bayworks-tokyo.info/