MEGABASS Engineering Team Blog Vol.92

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (TA-007)

­­­­­2015NEW PRODUCTS

Code name: MARINEGANG 90 / 120

 

 

昨年発売され、ルアー業界にまさに「革命」を起こしたMARINEGANG140とFLATBACKER。

ベアリングブッシュを用いた、全く新しい重心移動システムLBO(Linear Bearing Oscillator)を搭載し、圧倒的な飛距離と釣獲能力によりソルトルアーシーンを席巻しています。

 

この新技術LBOは、昨年の発表以降も休むことなく進化を続けています。

先に発表した2モデルは、主にサーフなどの大場所をメインフィールドとするルアーでしたが、この優れた技術を活かしたいのは大場所とは限りません。

河川の橋桁打ち、港湾部での対岸打ち、明暗打ち、ウェーディングでの瀬打ち、潮目打ち・・・。こういった飛距離が欲しいシチュエーションで、ベーシックなベイトサイズの、ベーシックなミノーが使えたら。

ソルトアングラーなら誰しも考えることでしょう。

メガバスの開発スタッフも同じです。

 

この要求の実現の為に、メガバスでは協力ベアリングメーカー様と共に開発を続け、ベアリングブッシュの更なる小型化に成功。

わずか3mm径のシャフトの周りに直径0.8mmのスチールボールを68個配置し、それを無限循環運動させるという、技術の粋を結集させたベアリングブッシュウエイトが完成しました。

この小型化LBOにより、実現可能となったルアーが、今回ご紹介するMARINEGANG90と120です。

 

 vol92_01

 

MARINEGANG90は、港湾部でのベストボリューム。

また、その他のフィールドでもカタクチイワシやイナッコがメインベイトの場合はこの大きさがマッチすることが多いものです。

 

 vol92_02vol92_03

 

 

MARINEGANG120は、90と140の間を埋めるサイズ。

港湾、河川、サーフ、磯と最もオールラウンドに使って頂けるサイズです。

 

 vol92_04 vol92_05

 

 

どちらも2フック仕様で、初回生産分よりフローティング、シンキングの2モデルを発売予定です。

 

 

気になる飛距離は、テスト段階において以下のような平均飛距離を出しています。

LBO非搭載の同サイズルアーと比較すると、約20%の飛距離向上が計られました。

 

 vol92_06

※当社調べ

 

尚、潜行レンジについてはMARINEGANG140が最大1.0mであるのに対し、90は最大1.2m、120は最大1.4m程度と少し深めに設定しました。(いずれもフローティングモデルでの比較)

90及び120は、港湾等水深のあるエリアでの使用と、デイゲームでの使用頻度を考慮に入れた設定となっているためです。

 

 fermata

 

アクションについても、140は重心移動軸とロールアクション軸を一致させた、ロールをベースとするシンクロナイズド・リアルアクションですが、90及び120はデイのシーバスにもアピールしやすいハイピッチド・ウォブンロールアクションに設定しています。

 

 

ベイトのサイズだけでなく、フィールドや時間帯、レンジ等の細かなシチュエーション等に、より的確にアジャスト可能となるMARINEGANGシリーズ。

90および120の8月発売に向けて、現在、最終調整&テストを重ねています。

楽しみに!