MEGABASS Engineering Team Blog Vol.22

team_blog_banner

 

こんにちはUFOです!

 今回は「DX-FREE 2.0とDX-FREE 3.0」の特徴について書いてみます。

 DEEP-X300の派生モデルとなるDX-FREE2.0とDX-FREE 3.0は、DEEP-X300と同じようなアクションとボリューム感でレンジキープ出来る、言わばDEEP-X300のハイブリッドモデルです。

 

01

 

水深約2mの対象物がターゲットな場合はDX-FREE2.0を使用

水深約3mの対象物がターゲットな場合はDX-FREE3.0を使用

 

要は潜航深度によくあるストラクチャーに合わせてリップを調整してあるので2,3mにあるウィードやマンメイド、リップラップや沈船などがあれば水深を見てルアーを選択して投げるだけ!

後は飛距離もDEEP-X300同様、良く飛ぶのでロングディスタンスからのアプローチも可能になります。

是非、野池やリザーバーでも使用して頂きたいルアーに仕上がりました。

 

ウィードレイクでの使用はDEEP-X300も交えて使い分けるのが鉄則。

300じゃウィードに刺さり過ぎる場合やレンジが微妙に合ってない状況にDX-FREE 3.0がベストな設定なので初めて使う方にもわかりやすく使えると思います。

 

02

 

これからアフターのシーズン。

バスが沖へ散ったタイミングはDX-FREEで魚を探しましょう。

 

今、ブラッシュさんで撮影中のアイテムなので動画が出来ましたら、是非ご覧ください!

 

03