Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > STW Project > STW Project 2ndステージ始動

STW Project 2ndステージ始動

back

stw_banner3

 

 

STW それは勝つためのルアーを造るプロジェクト

 

DSC_6999_R2

 

STW(Support To Win)。それはバスフィッシングの本場・アメリカのトーナメントに勝つことを唯一最大の目的とした一大プロジェクト。アーロン・マーティンスをはじめとするトップ・アスリートとメガバスがひとつになって、プロフェッショナルが本当に必要とする、勝つための武器を具現化していく企画である。たとえて言うならF1ドライバーとメカニックが協力して、勝つためのマシンを作り上げる作業。「勝利」の2文字でしか評価されない真剣勝負である。

 

当然ながら、ビジネスという面で考えるとあまりにもリスキー。なにしろ、結果が出なければ、そのルアーが製品として店頭に並ぶことはないのだから。

 

プロジェクトの実現に際して、あるプロは「僕という一人のアングラーが望むルアーに膨大な労力を費やしても、メガバスとしてのメリットは少ないのでは?もっと多くの人が使いたいと望むルアーを作ったほうがいいのではないか」と心配してくれたという。

その提案に対し、STWプロジェクト・スタッフはこう答えた。

「気遣いは無用。なぜならこれはメガバスの挑戦でもあるのだから。私たちはあなたが勝つために最高のルアーを作る。だからあなたは遠慮なく要望を言ってほしい」。

厳しいチャレンジには違いないが、勝算はある。何よりそのルアーで勝つことが出来たら、ルアーメーカーとしてこの上ない達成感を得ることができる。これは世界最高峰の誇りを賭けたメガバスのワールドチャレンジなのだ。

 

既報の通り、前回のSTWプロジェクトは今年2月のバスマスタークラシックをもって最初のプロセスを終えた。満を持して持ち込んだクランクベイト・MSC01は期待通りの活躍をし、エドウィン・エバースが総合1位で予選を通過。アーロン・マーティンスもグッドサイズを次々にキャッチするなど、本戦に向けて好感触を得ていた。しかしクラシック直前の豪雨でコンディションが一変、チームメガバスは優勝にあと一歩と迫りながらも惜敗に甘んじたのであった。

 

 

7月、アメリカICASTへ。ファーストステージの教訓を胸に新たなチャレンジが始動!

 

IMG_0140

 

DSC_7598_R

 

STW最初の挑戦では、勝つことはできなかった。しかし手応えは十分、少なくともルアーのパフォーマンスに間違いはなかった。しかしそれでも勝てなかったということは、何かが足りなかったに違いない。まだなにかできたはずだ、悔しい…。様々な思いが去来するなかでメガバスは雪辱を決意、セカンドステージという形で新たなスタートを切るため、再びアメリカへと向かった。

 

7月、次なるステップに向けて始動したSTWプロジェクト・スタッフは、フロリダで開催されたICASTに参加。全米のプロアングラーとメーカーが一堂に会するこのイベントで、STWセカンドステージのミーティングを行った。

 

※余談だが、ICASTとは、フロリダで開催されるディストリビューター向けの内覧会。一般ユーザー向けには別のショー(バスマスター)がある。どちらのイベントでもMEGABASSはメイドインジャパンのステータスもあって注目度が高く、一般ユーザーのみならずトッププロの多くがブースを訪れる。アーロン等のプロが活躍することで、その傾向はますます強くなる一方だ。訪問客の関心が高いのはクランクベイトやスピナーベイトといったファストムービングルアーをはじめとする新製品。なお、アメリカのトーナメント・シーンでは、ジャークベイト=ワンテンというイメージが定着しており、その評価は高い。

 

STWセカンドステージのプロジェクトに参加するメンバーは、アーロン・マーティンス、エドウィン・エバース、ルーク・クラウセン、ランディー・ブロウキャットの4名。セカンドステージではアーロン・マーティンスとメガバス、エドウィン・エバースとメガバスというように各メンバーとメガバスが個別にヒアリングを行い、個々のオンリーワンにより注力していく計画である。

 

スタイルもロジックも異なる4人のトッププロ。当然その要求はピンポイントをついた汎用性とは程遠いものになる。突き詰めて言えば、彼らが戦うフィールドの、このポイントでこんな時に使うルアー…というコアな話だ。STWプロジェクト・メンバーとのミーティングではスケッチを交えて想定するシチュエーションを互いに話し合い、要求をまとめていく。最終的には使うフックの種類やサイズまで詰めていく具体的な内容となった。以下にその概略をお伝えしよう。

 

DSC_7433_R

 

DSC_7541_R

 

DSC_7543_R

 

DSC_7451_R

 

DSC_7491_R

 

アーロン・マーティンスのリクエスト

 

アーロン・マーティンスは母親の代からメガバスのサポートを受け、その付き合いは10年以上にもなる。人気者であり、常に笑顔を絶やさない紳士だが、いざルアーの話になると眼の色がガラッと変わる。釣りに対しては真剣そのもの、怖いまでの本気度がひしひしと伝わってくる根っからのバスプロだ。常にルアーの研究を怠らず、素材を重視するのも彼の特徴である。

 

そんなアーロンのリクエストは、異なる2つのアイテム。どちらもルアーとしては珍しいものではないが、細部の設定は非常に緻密。大きさ、動きはもちろんのこと、使うフックやボディー、ワイヤーの素材まで、すべてにわたってアーロンのこだわりを感じずにはいられない。

 

なかでも特にこだわるのはスピード。その理由を、アーロンのフィッシングスタイルを熟知するSTWプロジェクト・メンバーが補足する。

「彼の釣りは、広範囲をスピーディーにチェックするスタイル。バスのコンディション云々ではなく、釣りの効率を優先しています。どれくらいかと言うと、エレキのスピードがマックスでもリトリーブが追い付いてくるくらいです。釣り場の違いもありますが、日本国内ではそこまで早い釣りを行う人は少数でしょう。ハイスピードで移動しながらルアーを打って、コンディションのいい魚を拾っていく。追ってきて食わない魚は基本的にパス。そういう釣りなんです」。

 

DSC_7725_R

 

DSC_7680_R

 

 

エドウィン・エバースのリクエスト

 

エドウィン・エバースはメガバスのプロスタッフになって2年目の新鋭。しかしトーナメンターとしてのレベルは高く、今年2月のバスマスタークラシックでも3位に入賞するなど実力はトップクラスだ。

 

エドウィンのアイデアは、ある特殊な効果を狙ったもの。結果として同じ効果を持つルアーはないわけではないが、意識的にやっているメーカーはない。そこをメガバスに託す形だ。リクエストされた条件をすべて満たすのはなかなかハードな仕事だが、アイデアとしてかなり面白い。まずはどのような手法で効果を具現化するのかを、STWプロジェクト・スタッフが探っていく事になる。完成にはさらなる意思の疎通を図る必要があるだろう。

 

DSC_7567_R

 

DSC_7557_R

 

 

ルーク・クラウセンのリクエスト

 

ルークは「博士」と呼ばれるほどルアーに詳しいトーナメンター。気になるルアーは片っ端から試してみる性格ゆえ、あらゆるルアーの構造や特性を理解している。それだけに細部へのこだわりが非常に強い。

 

そんなルークは一見オーソドックスとも思えるルアーをリクエスト。しかし、そのなかにルークの明確な主張が隠されている。ルークの場合は斬新なものより、かゆいところに手が届くルアーを、上手に利用することが得意。ここがもうちょっとこうだったらいいのに!という部分を突き詰めていく姿勢はいかにもルークらしいと言える。

 

DSC_7763_R

 

DSC_7752_R

 

 

 

ランディー・ブロウキャットのリクエスト

 

最後はメガバスプロスタッフとして20年以上の実績を誇るベテラン、ランディー・ブロウキャット。1992年、メガバックストーナメントにおける最大魚をドッグXでキャッチし、MEGABASSの名を全米に轟かせたことはあまりにも有名である。

ランディーは長いプロスタッフ歴の中でお気に入りのルアーが固まっており、それらをチューニングするようなリクエストとなった。

ただ、STWプロジェクトとしてはこれだけでは物足りない。そこで何か新たなルアーのテーマがないかリサーチしたところ、これまでにない新しいルアー小型の明確なアイデアがある様子。STWスタッフはチューニングと並行して、その方向性でも実現の可能性を探る予定である。

DSC_7777_R

 

DSC_7819_R

 

 

与えられたスパンは180日。リクエスト以上のルアーを造って勝つ!

 

ヒアリングを終えた時点で、完成までに与えられた猶予は6カ月。プロトタイプは国内で完成に近い状態まで仕上げ、各プロに渡すときには微調整を行う段階になっていることが理想である。次回はその経過を報告することになるだろう。

 

「メガバスがやる以上、外観はもちろん、動き、内部構造のシステムに至るまですべてのテクノロジーを注入して、リクエスト以上のものを作り上げる。彼らが上げてくる明確なコンセプトに、メガバスとしてのメッセージを付加して返します」と口を揃えるSTWプロジェクト・スタッフ。

 

その目的はただ一つ、「勝つこと」のみである。

stw_banner3

 

STW: This is the project to make the lures to win

 

DSC_6999_R2

 

STW or Support to Win. This is the big project focusing only to win the tournament at the home of Bass Fishing, America! This project is to create the necessary weapons to win as a professional, cooperating with top athletes like Aaron Martens and Megabass together. For instance, it’s like when a F1 driver collaborates with a mechanic to make the best machine to win. This is serious matter for us since it’s only evaluated by this word “WIN”!

 

Of Couse, it is extremely risky when we think about the business side. Because if we don’t get the result we’re never going to see the lures in any shops!!

 

While we were forming this project, one pro told us with worry, “Taking an enormous amount of time to make a lure just for me, one angler, has no merit for Megabass, doesn’t it? Why don’t you make a lure which fits many people’s demand?”

Our STW staff answered to the question.

“Don’t worry about it, because this is Megabass’ challenge as well! We make the best lure for you to win! So, please DO NOT hesitate to give us all the ideas you have!”

It is pretty difficult challenge, but there is a chance of winning! If we can win this challenge with the lures, we get the best feeling of the achievement as lure makers! This is the biggest world challenge for MEGABASS with our greatest pride!

 

As we’ve already reported, the last STW project was already done with the first process at the Bass Master Classic Feb 2014. The crank baits MSC01 which were fully prepared got a great result as we’d expected, Edwin Evers passed preliminary with total ranking number 1. Aaron Martens caught good size fish one after another showing great approach towards final match. But suddenly the condition was changed due to heavy rain right before the Classic started; TEAM MEGABASS lost the battle even though we were so close to the ultimate winner.

 

 

July: Off To ICAST America

The new challenge started with the lessons we’d learned from the first stage

 

IMG_0140

 

DSC_7598_R

 

We couldn’t win the STW first challenge. But we got something; at least the lure performance was right! But we couldn’t win, there must be something missing. We could do something more, how disappointing! So many thoughts crossed our minds though we determined to win, and we were off to USA again to make a new fresh start for the second stage.

 

July: the STW project staffs that had started to make a move to the next step joined in ICAST in Florida. STW had meetings for second stage at this event which was gathered by pro anglers and distributers from whole entire United States.

 

* By the way, ICAST is a show in Florida exclusively for the distributers. There is another show (Bassmaster) for the public. MEGABASS draw a lot of attentions in both events since our products have the status of “Made in Japan”, and not only general users but also so many top pros visit our booth. As our pro anglers like Aaron go strong, this tendency stays strong! Our visitor’s biggest interests are our new products starting with fast moving lures such as crank baits and spinner baits. We have solid reputation like Jerkbaits =ONETEN at US tournament scene.

 

The members who join this STW second stage project are Aaron Martens, Edwin Evers, Luke Clausen and Randy Blaukat, total of 4. At this stage, MEGABASS had individual meetings with each angler to hear their individual needs out.

 

All four top pro anglers have totally different styles and logics. Of Couse, their demands could be very specific and totally far from ordinary one. Let’s say…something like “the lure that I can use at this point and at this time, in this situation…on this field”…like something more to the core.

We talked and tried to put all the ideas together with using sketches for the entire possible situations. We all ended up talking about very specific details like hook sizes and what kind of hook in the end. This is the overview of what we got from each questionnaire.

 

DSC_7433_R

 

DSC_7541_R

 

DSC_7543_R

 

DSC_7451_R

 

DSC_7491_R

 

Bass Pro’s Request No.1

Aaron Martens

Aaron Martens has gotten support from MEGABASS since his mother’s generation. Our relationship is more than 10 years. He is popular and a gentleman who never forgets to smile, but it comes to lures he is totally different person. His attitude towards fishing is very serious and we can feel it like almost scarily, we would say he is real bass pro! He never stops studying lures and what’s so characteristic of him is he’s so particular about the materials.

 

This Aaron Martens’ requests are these 2 different items. Those are not really rare as a lure but he was very particular about the details. I cannot stop feeling Aaron’s obsessions towards these lures not only size and movement but also hook, body, and wire’s material.

 

Especially, what he was particular about was speed. STW Project member who understands Aaron’s fishing style explains the reason why.

“His fishing style is checking around everywhere very speedy within wide range. He puts more value on fishing efficiency than condition of bass or so. He fishes speedy that the retrieve catches up with the speed while the electric motor is running its maximum. I know fishing places vary, but I don’t think there are so many people who fish like him in Japan. Moving a lure around with high speed and picking up the only good condition one. Basically, he passes the one which cannot catch up with the speed and bite. That’s the way he fishes.”

 

DSC_7725_R

 

DSC_7680_R

 

 

Bass Pro’s Request No.2

Edwin Evers

It is his second years for Edwin Evers after he became MEGABASS pro staff. But his level is quite high at the tournaments; he ranked in 3rd at Bass Master Classic in Feb 2014 which proved him a top class angler.

 

Edwin’s ideas were aiming for this particular effect. There are some lures that can have same effect as a result, but there are no makers that make the lure exactly aiming for getting the effect. He entrusts MEGABASS on that. It is hard to clear all the requests though, his ideas are quite interesting. First, STW project staff will explore how to shape all his ideas into the effects. We might need further discussion in detail later to complete this lure.

 

DSC_7567_R

 

DSC_7557_R

 

 

Bass Pro’s Request No.3

Luke Clausen

 

Luke is called “Doctor” since he knows lures very well. He is the type who has to try everything what he finds interests, so he understands all the lures’ structures and features. That’s why he is more detail-oriented.

 

What Luke had requested seems like very ordinary lure at a glance. But there is his obvious persistence hiding behind it. The case of Luke, he is good at making most out of the lure fits his needs than using innovating ones. This is Luke that he investigates the part once he thinks “If it’s this way, it could be better!”

 

DSC_7763_R

 

DSC_7752_R

 

 

 

Bass Pro’s Request No.4

Randy Blaukat

 

 

Last but not least, this experienced Randy Blaukat who has great records as the MEGABASS Pro Staff more than 20 years. This is very famous story that he caught the biggest fish with the lure DOG-X at the MEGA BUCKS tournament in1992 and instantly he made our name MEGABASS well-known all over the United States.

Randy requested to tune up the lures he likes, as he’s been pro so long he has already his favor. But as STW project, that’s not satisfying. So we dug deeper for any new themes of his lures, he seemed to have some clear ideas of a new small size lure which we’ve never seen before. STW staffs will try to find out if we can possibly make his new idea into reality while we are tuning his lures up.

DSC_7777_R

 

DSC_7819_R

 

 

The days we are given are 180 days

We will win with the ultimate lures we’ll make!

 

We have total of 6 months from now as we are done with all the interviews. We’ll finish making prototypes almost perfect condition in Japan then we’ll bring the prototypes to USA to adjust the details when we get them to pros, this is our ideal. Next time will be the report of how that goes.

“We want to put all MEGABASS technology into these lures; we commit to make the best stuffs which are better than they’ve asked for from looking-wise to the movement and internal structure system. We will get back to them with our messages attached as MEGABASS to all the clear concepts they gave out.” All the staff of STW said.

 

The purpose is only one, “WIN”.

stw_banner3

 

 

STW 创造得胜路亚的计划

 

DSC_6999_R2

 

STW(Support To Win)。这是为了参加钓鲈鱼的原产地·美国淘汰选拔赛,以获胜作为最大目的而展开的一大计划。以Aaron Martens先生为首的各个顶级钓鱼选手和MEGABASS齐心合力,针对专业选手在装备上的真正需要,具体实现以得胜为唯一目的的终极武器的企划。就好像是F1的跑车选手与技术人员协力合作,为了创作能够得胜的机器一样。这是个除了「胜利」2字以外,不接受其他任何评价的决一胜负。

 

理所当然的,在商业利润考量的话,实在风险太大了。因为无论怎样好的商品,如果没有好的成果,那个路亚就不能够以上架商品出现在市面上。

 

在展开这个计划时,某个专业人员提到「只因为配合我这个钓鱼人的期望,而在路亚上花费如此庞大的心血,对于MEGABASS来说,是不是没有好处太不值得了呢?为何不制作出更多人想使用的路亚,不是更有意义吗?」,哪个专业人员非常担心的说到自己的想法。

 

根据这个疑问,STW计划的团队人员如此回答。

「请您不要担心。因为这也是MEGABASS的挑战。我们为了您可以赢得胜利而制造出最棒的路亚。因此希望您能够不挂率的说出所有的要求」。

虽然这的确是非常困难的挑战,但是我们拥有胜算!因为如果能够靠这款路亚获得胜利,就可以得到对路亚制造品牌来说,没有任何东西可以相比的无上成就感。这是以全世界最高峰的荣耀作为赌注的MEGAGASS的世界级的终极挑战。

 

就像是先前传来的好消息,之前的STW计划已经在今年2月的比赛Bassmaster Classic中,顺利的结束了最初的阶段。充满着众人期待而准备好的曲柄假饵·MSC01,正如我们期待的那样表现活跃,Edwin Evers先生以综合项目第一顺位通过预选。而Aaron Martens先生也接连不断的捕捉了极佳尺寸的战果等,对于迎面最后决战来说,这样的表象让人有很好的预感。但很可惜的,在classic的决战前,由于下了暴雨,使得条件为之一变,MEGABASS团队在差一步就获得优胜之前,非常让人惋惜的尝到了失败的滋味。

 

 

7月。朝向美国I CAST

把第一阶段的教训谨记在心,开始展开新的挑战!

 

IMG_0140

 

DSC_7598_R

 

STW的最初挑战,没有能获得胜利。但是很有胜算,最起码路亚的表现是无可指摘的。可是即使是如此,肯定是因为还有什么不足,才导致无法获得胜利吧。一定还欠缺了某个致命性的要素,真令人懊悔…。大家在各种各样的想法中,MEGABASS团队决心雪耻,希望能够在第二阶段的比赛中展开新的开始,而再次朝向美国前进了

 

7月,朝向下个阶段而开始行动的STW企划的团队人员们,参加了在佛罗里达举办的I CAST。在全美的专业钓鱼选手与制造厂聚集一堂的这个活动中,STW团队进行了关于第二阶段的会议。

 

※闲话一下,所以I CAST是指在佛罗里达召开以专业人员为对象的内部观览会。除了针对一般人士以外,还有另外展览会(Bassmaster)。无论哪边的活动,MEGABASS都是以made in Japan的公司,在所有的展览场上获得高度的瞩目。不只是普通钓友,也有很多顶级专业选手来我们的单位参观,而使用这些路亚的选手们十分活跃,而更加吸引大家来参观。来访客人们最关心的就是曲柄假饵和旋转匙状诱饵等等属于快速晃动路亚的新商品。此外在美国淘汰赛上,很多人都有急速运动假饵就等于MEGABASS的ONETEN的深刻印象,而拥有很高的评价。

 

参加STW计划第二阶段的选手为Aaron Martens,Edwin Evers,Luke Clausen,Randy Blaukat等4位。在第二阶段的比赛之前,将以Aaron Martens先生对MEGABASS,Edwin Evers先生对MEGABASS的方式,也就是每个选手与MEGABASS将会进行个别访谈,这是期望能够满足每个人的独特要求的特别计划。

 

风格与逻辑都是迥然不同的4为顶尖专业达人。当然每个人所要求的重点都是特殊而比较不具有普遍性的。追根究底来说,大概谈的都是一些他们在参赛时的状况,还有在某个时候想使用某种种类的路亚等等话题。STW计划与选手们的会议上,利用了素描作了记录,并且互相商量预想的参赛情况,并且将大家的要求加以整理。现在已经到了讨论关于最终赛时所使用的鱼钩种类与尺寸等,决定这些具体内容最后阶段了。以下简单为您传达作战时的概略。

 

DSC_7433_R

 

DSC_7541_R

 

DSC_7543_R

 

DSC_7451_R

 

DSC_7491_R

 

各位专业钓手的要求①

Aaron Martens

 

Aaron Martens先生从他母亲的世代开始就接受了MEGABASS的赞助,与他合作已经有10年以上的时间。是非常受到欢迎,笑容不断的绅士。但是只要一和他谈起有关路亚的话题,他的眼神就会变色。对于钓鱼他是十分认真的,他所传达出来对钓鱼的重视程度,传达人心,有时甚至会让人感到害怕。是个彻底彻尾的专业钓鱼狂。对于路亚的研究也绝对不落人后,而注重路亚素材就是他的特征。

 

Aaron先生提出了的要求,是2个内容相异的部分。而这些要求对路亚来说,哪一个都不是那么的希奇,但是在细微的设定上都必须要非常缜密的设计才行。对于尺寸于动作的要求不在话下,连所使用的鱼钩,本体甚至是钓鱼线的素材等等,我们可以感受到Aaron先生对所有素材所坚持的专业感。

 

其中特别让人感受到他坚持速度。谈到其理由,熟知Aaron先生钓鱼风格的STW计划团队人员如此补充说明。

「他在钓鱼时,会先在广范围中快速确认鱼儿的状况。不会以鲈鱼的状况最为藉口,乃是以钓鱼的效率作为最优先。如果要举例说明,就是即使电动马达的速度到达最高,他也会用钓鱼卷线来追着它跑。当然因着钓场不同而有所改变,但是在日本国内能够以如此快速钓上鱼耳的人实在是少数。他一边以快速移动,一边放下路亚,然后趁机将状况良好的鱼儿捕捉上来。如果瞄准的鱼儿不吃饵,基本上他也不会眷恋而改变目标。这就是他的钓鱼风格」。

 

DSC_7725_R

 

DSC_7680_R

 

 

各位专业钓手的要求②

Edwin Evers

 

dwin Evers先生是成为MEGABASS的专业选手才满2年的新锐选手。但是在淘汰预赛中却是水平最高的,在今年2月的Bassmaster Classic也获得了第3名的佳绩,是具有顶尖实力的钓鱼高手。

 

Edwin先生提出了瞄准某种特殊效果的建议。当然作为结果,拥有同样效果的路亚现在并不是没有,但是并没有选手有意识的作出这样的效果。因此他委托MEGABASS来呈现这样的效果。要满足他所提出的所有要求,并不是一件简单的事情,当时作为点子来说,实在非常有意思。究竟要如何具体的呈现他的建议,STW计划的工作人员正在努力探究。为了要完成目标,还要更进一步的彼此沟通。

 

DSC_7567_R

 

DSC_7557_R

 

 

各位专业钓手的要求③

Luke Clausen

 

正如Luke先生被称为「博士」一般,他是个对路亚十分了解的钓鱼选手。对于看中的路亚会从头到尾的加以研究。而因着他这样的性格,对于各种各样路亚的构造与特性没有什么不在他的手掌心里。他对于细部的设计可是特别讲究的。

 

Luke先生对路亚提出了十分特殊的要求。但是我们从他的要求中,可以观察到他的明确主张。Luke先生与其说是要创造出崭新的路亚,还不如说是他很擅长改进路亚来满足大家想要搔到痒处的愿望。如果能够再稍微改良一下就更好了!对于这样迫切求好的心,也真的让人感受到这就是Luke先生的风格。

 

DSC_7763_R

 

DSC_7752_R

 

 

 

各位专业钓手的要求④

Randy Blaukat

 

最后是作为MEGABASS的专业钓手,拥有超越20年以上傲人佳绩的老手,Randy Blaukat先生。他在1992年的megabacks比赛中,以Dog X钓到了最巨大的鱼,使得MEGABASS的名声享誉全美国,是个有名的钓手。

Randy先生在他历史悠久的专业生涯中,有他个人执著使用的路亚,而他作出了调整这些路亚的意见。当然对STW计划团队来说,光是如此可是一点也不满足的。当我们再次的向他讨教有没有哪些新型路亚的点子时,他提出了以往未见的新型小型路亚的明确意见。STW计划将会与调整作业同时进行,试着检讨开发新型路亚实现的可能性。

 

DSC_7777_R

 

DSC_7819_R

 

 

还剩下180天的准备时间。

创造超越大家要求的路亚,获得胜利!

 

在结束访问时,到完成计划为止只剩下6个月的时间。最理想的流程是当基本模型在日本国内大致接近完成状态后,还能够交给各个选手时还会作出微调。相信下一次可以为大家带来计划过程的报告。

 

「既然是MEGABASS所制作,所以无论是外观,动作以及内部构造的系统都能够注入最大的技术,能够创作出超越大家所要求的最佳成品。对于专业选手们所以提出的明确的构想,我们还会再用心的加上属于MEGABASS的巧思」,STW计划团队的所有的工作人员同声一心的如此说。

 

而这唯一的目的,就是要获得那无上的「胜利」。