あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。昨年も多くのアングラーのみなさんに支えられまして大変お世話になりました。今年もエモーショナルな出会いを楽しみに、世界各地のフィールドとファクトリーを往復しようと思います。本年も宜しく御願い申し上げます。

さて、年始は伊東水軍の2号(パフェ子)と3号(吹雪)を連れて、恒例の豊川稲荷のぼり旗への書き初め?をはじめ、各地の神社へと初詣に参拝。おみくじを引いたところ、大吉が! まずは好調の滑り出し。昨年は、バスワールド誌の取材で原局長と黒木大先生(カメラマン)達とおみくじを引いたところ、我々は、フツーに吉とか中吉とか出たんだけど、黒木センセのみが大凶を引き、みんなで大騒ぎいたしました。そもそも、めでたい日にジョーカー入れとくなっつーの。でもある意味、大吉より確率低いのでウラを返せば超ラッキーじゃんってことにして、みんなで黒木センセを励ましました。ご本人は撮影もそこそこに、帰りしなは口数少なく随分落ち込んでましたけどね(笑)

 

伊東由樹

 

いよいよ政権も自民党に移り、景気対策への意気込みも強く伺えるためか、各地は例年以上に参拝客の顔が上向きというか、前向きになっているような気がいたしました。昨年は、パフェ子がお供え物を食べてしまったり、吹雪がお稲荷さんにおしっこを引っかけたりと、参拝客の白い視線を背にいそいそとお参りをすませた伊東水軍でしたが、今年はなかなか優秀。

今年の彼女らは、参拝客をかきわけ本堂にドタバタ乗り込んでしまったり、参拝客が投げる小銭がディスクに見えたのか、賽銭箱によじ登ってキャッチしようとしたり(そういえば、甥っ子たちにまだお年玉をあげてなかったなと、いま思い出す)と、まあまあ・・ありましけど、参拝客のみなさんは始終ニコニコしておりましたので、これも景気上昇期待の表われかと(ご迷惑おかけしましてすいません)。いずれにせよ、ニッポンが大きく前進する年であったらいいですね。

 

伊東由樹

 

伊東由樹

 

伊東由樹

 

メガバス本社は、1月4日から始業、全社朝礼で出社。新たに私が社長を務めさせていただくことになったカリフォルニアのM.O.A(メガバスオブアメリカINC.)と、日本の本社との合同開発プロジェクトをはじめ、ブランディングセクションではコンセプトアルバムの制作、フィッシングショー出展アイテムのプロト作成の大詰め、年始のあいさつ等、さっそく慌しい日常に舞い戻っております。さらにメキシコのTVロケに関する緊急連絡が入りまして、どうやらロケ予定地で物騒な事件があったらしく、アメリカ人クルーが射殺された模様。麻薬取引に絡む組織が登山客や海外からの釣り客等を襲撃しているようで、ただいま局の方で現地警察と調整中という。どうなりますやら。

 

ito-blog_20130105_05

 

ito-blog_20130105_06

 

ito-blog_20130105_07

 

ito-blog_20130105_10

 

ito-blog_20130105_11

 

ito-blog_20130105_09

 

いよいよアンベールした「ARMS・CHALLENGE」ですが、当初予定していた年間計画生産数をはるかに超えるオーダー数に生産が追いつかず、大変ご迷惑をおかけいたしております。年始より早速、カロッツェリアでは稼働時間を延長して対応しております。完全ハンドメイド生産に加えて、新素材・YOLOYをマイクロピッチで丹念に巻き上げて溶着加工していくため、従来のバスロッド製作と比較して現時点では生産のリードタイムがかかっていますが、今春、新設備を導入し本社ロッドファクトリーでは現実的な生産時間になるよう効率化を推進していきます。お待ちのお客様、本当に申し訳ありません。シーズンイン早々にはお届けできますので、しばしお待ちくださいね。

なお、いよいよはじまるARMSオーナー様限定の”WEBコンペティション&テストフィッシングプログラム”、注目の「ARMS Challenge CUP 2013」に、さっそく各地のチャレンジャー達からエントリーをいただいております。追加機種開発やブラッシュアップに参画していただくためにも、チャレンジカップ本部一同、多数のエントリーお待ちしております!

 

 

ちなみに本部の話では、弊社開発部が所有していたアームズチャレンジのプロトタイプでよければ、JR新幹線・浜松駅北口で降りて、ホテルクラウンパレス裏の北通り「アングラーズカフェ」にて常時展示中とのこと。テストフィッシングで使っていたプロトですが、お気軽に触って見て感じていただけるそうで、「アングラーズカフェ」でWeb検索できるらしい。元・弁天島の釣り宿の女将が趣味でやっている、ちいさな喫茶店です。(営業時間は成り行き!だそうです)

 

 

 

TOPへ