FRESH VOICE

ドクターチョロでフロートメバル

福岡の山浦です。

メバルがアフターから回復しつつあり、少しずつ食い気のある個体が増えてきましたね。

凪のタイミングを見計らってフロートリグでメバルを狙ってきました。

 

むか~しフロートリグに挑戦したことがあったのですが、使う場所やタイミングを全然理解しておらず、釣れず、面白くない!と思ってましたが今回はどうでしょう。笑

 

満潮2時間前にゴロタ岩交じりの地磯に入りました。

 

仕掛けはPE0.6号+フロロリーダー2号をFGノットで結束しウキ止めとシモリペットを通して極小サルカンに接続。

さらにフロロリーダー1.5号を60cmほど取って0.2g~0.7gくらいのジグヘッドにドクターチョロという組み合わせです。

フロートはシモリペットのスナップに接続し10g~17gを状況に応じていつでも着脱できるようにしております。

 

 

 

この仕掛けはトラブルが少なくそれぞれのパーツも安く入手しやすいのでオススメです。

リグをフルキャストし、だいたい50m~60m飛ばしてブレイクを直撃です。

 

いつバイトが出ても感じ取れるよう、常にテンションを掛けて糸ふけが出ないように流します。

基本的には巻かず糸ふけだけを巻き取るイメージ。

それでも手前の潮にラインが引っ張られて糸ふけが出たりするのでたまにロッドを煽って確認すると良いです。

 

程なくして時合に突入し、バイトが出始めてヒット!

 

基本的に水中は岩だらけなのでラインが擦られないよう、ノンストップゴリ巻きファイトです。

で、このドクターチョロ

めっちゃ釣れます!!

 

友人と並んでやっててもバイトの数が断然多いです。

 

柔らかい素材のリブボディ+極細のピンテールとイカ・エビフレーバー配合がいい仕事してくれてるみたいです。

 

 

個人的にはメバルはカラーに敏感な魚ですので、カラーローテーションをすることで数を伸ばすことができると思います。

 

ぜひ一度フロートリグに挑戦してドクターチョロを試してみてください!

 

フロート+ドクターチョロの釣りにドハマリ中の山浦からでした!

 

超オススメですよッ!!!