FRESH VOICE

和歌山県串本沖でのボートロックフィッシュゲーム

皆さんこんにちは!

Megabassスタッフのトシユキです。

 

今回は和歌山県串本沖にてボートロックフィッシュゲームを楽しんできました。

 

お世話になったのはサンマジックさん。串本沖でのティップランエギングからマグロまで幅広いゲームフィッシングに対応している船宿さんで、気さくで楽しい船長さんが出迎えてくれます♪

 

 

当日は風が強くなる予報で沖に出られるか心配でしたが、風裏になるポイントでなんとか釣りが出来ました。

 

朝イチは水深20m前後のフラットな岩礁帯からのスタート。

 

先ずはソコッパ40gのレッドグローゼブラをセットし、ボトム付近をチェックしていきます。

 

低重心ボディの背中にブレードフックを装着しているので、根掛かり回避能力も抜群!

岩礁帯でも安心して攻められます。

 

数投しましたが、当たってはくるもののショートバイトでなかなか乗りません…。

そこで、ブレードをタコベイトに変更。

 

 

巻きジグボルトをミニマムにした感じで、ただ巻きでもクネクネとロールしてアピール抜群です♪

 

先程より巻くスピードを若干落としてボトム付近を誘ってやると、いきなりゴン!

 

サイズは小ぶりでしたが、ファーストヒットは元気なアカハタくん。

 

 

こちらは、お帰りしていただきました。

 

続けざまに少しサイズアップのアカハタ。

 

 

 

その後もアカハタが釣れ続け、ソコッパのタコベイトチューンが絶好調♪

 

潮止まり前にはカラーをグリーンゴールドに変更し、底を少し切った層でオオモンハタをキャッチ♪

 

 

 

その後、ポイント移動で水深15m前後の岩礁帯へ…。

 

同じくソコッパのタコベイトチューンをキャストすると、一投目からゴン!

 

強烈な締め込みでドラグが止まりません…。

 

これはかなりの大物かと思った瞬間にプチッ!

痛恨のラインブレイクです…(泣)

 

巻き上げてリーダーをチェックすると、ルアーの結び目の直ぐ上辺りがささくれて切れていました。おそらく大型のハタがソコッパを丸呑みして、歯に擦れて切れてしまったようです。フロロ4号のリーダーでは少し非力でした…(反省)

 

その後は風が強まったので湾内に戻り、タイラバゲームに移行。

お土産を確保して終了となりました。

 

しかし、ソコッパのポテンシャルには感心です。

 

今回はタコベイトチューンが好調でしたが、背中、腹、テールにアイが装着されており、対象魚やシチュエーションに応じてブレードやフック増しなど、好みで色々とチューン出来るのも魅力です。

 

オリジナルのブレード仕様に反応が悪い時は、是非ともタコベイトチューンを試してみてくださいね♪

 

あと、対象魚に見合ったラインシステムをしっかり組みましょう。

逃した魚はデカイ…(泣)