FRESH VOICE

上流域・激流シーバス

Megabass茨城フィールドスタッフの寺門です。

ブログの更新が遅くなりすみません。

 

今回は稚鮎付きシーバスを狙って地元・那珂川上流へ。

河口から約2、30km離れた上流ですが、時期になると稚鮎を追って遡上したシーバスを狙えるポイント。

 

早い時間からポイントへ足を運ぶと、手前に稚鮎の群れが見え、いかにも釣れそうな雰囲気!

 

夕方からの開始に焦点を合わせ、様々なルアーのスイムチェックや流れの変化などを観察し、夕マヅメ。

 

ボイルもあちこちで起き始めるが、魚のサイズが小さい状況。

DOG-X COAYUでヒットするもバラシてしまう。

 

少し焦りつつあるがそのままナイトゲームへ。

流れの強弱が数時間おき、または数十分おきに変化する。

流れの変化に着くシーバスを狙って、オートマチックに誘える定番のカゲロウ100Fをセット。

 

遠投し、ドリフトさせ流れの変化のある所に流していくと数投でバイト!

しかし、喰いが浅かったか、掛からず。

 

再び同じコースを流しまたバイト!!

今度はしっかり掛ったのを確認した直後、激流へといくシーバス!!

 

ゴリ巻きで寄せてもいいのだが、あまり強引すぎるとフックが持たないと思い、
慎重にやりとりし、なんとかキャッチ!

 

寺門 知晃

 

元気いっぱいな稚鮎付きシーバス!

 

今もまだ狙える時期ですし、これからハクが少しずつ大きくなってくると、大型のミノーやトップウォーターでも反応が良くなるので、今後も期待してみます!!