FRESH VOICE

オッチー的!!なんだかんだで野池はロビンブレード!!

こんにちは!オッチーです。

 

今年は雨が多く、水温もガンガン下がっており水中は秋真っ盛りになりました。

夏の定番ポイントであるシェードやインレットから魚が離れ、あらゆる場所で反応が出ております。

 

 

さて、今回紹介するのはロビンブレードです。過去のブログでも何度も紹介していますが、個人的に大好きなルアーなので何度でも紹介していきたいと思います。

 

 

いっそのこと、ロビンブレード=オッチーになるくらいまで紹介していきたいくらい溺愛しておりますので、申し訳ありませんが今回もお付き合いください。笑

 

狙うレンジは2mまで

ロビンブレードを使う上で大事なのは、使用する水深。

 

2mまでとは書きましたが、2mの水深を引くのではなく、あくまでも2mより上のレンジにいる魚を狙うという事。

 

もちろん水質によりけりですが、ステイン~マッディーの場合での話です。

 

 

イメージとしては魚にルアーの存在を気付かせて食わせるということ。

 

すべての釣りで共通していますが、特にチャターベイトを使用する際には意識していますね。

 

あとはラバージグと共通してラバーが常に動き、形が変化し続けるという点も釣れる理由ですね。

 

 

アクションはシンプルにただ巻きで誰でも扱えますが、巻きスピードには注意しています。

 

ハイギアリールなら、レギュラーリトリーブ~ハイリトリーブがオススメです。

 

あとは、この時期からは減水した皿池がオススメ。これも釣る為の必須条件になります。

 

トレーラーも5インチ~6インチくらいの大きめのスティックベイトがマッチします。

 

ルアーのシルエットは大きくなりますが、30センチクラスも問題なく釣れるので、臆せず大きめのトレーラーを付けて使用してください。

 

 

シングルフックを掛ける釣りなので、ロッドはパワーのあるレギュラーファースト~ファーストテーパーのものがオススメです。

 

ちなみに僕はVALKYRIEVKC-611MHを使用しています。

 

この秋は是非ロビンブレードで良い釣りをしてください。