FRESH VOICE

Dr.CHOROで春告魚♪

こんにちは!

広島の門永です^^

 

三月に入り、三寒四温を繰り返しながらも日中は春の陽気を感じられる季節になってきました!

 

海の中でも春に向けて魚が動き出しているようで、「春告魚」とも呼ばれるメバルも春の高活性のパターンにもう移りだしています!

 

春~初夏の良型メバルを狙う上で「潮に付く」魚に対してのアプローチが有効なことが確立されていますが、この浮き気味の潮付きメバルを狙う上で有効なワームが今回紹介します、礁楽「Dr.CHOROなんです!

 

門永 晴記

 

Dr.CHOROの一番の特徴はやはり、平らな扁平ボディにピンテールというデザイン!

「1.5インチ」と「2.0インチ」の2サイズがあり、

フックの刺し方によって『縦セット』と『横セット』の2WAYで使用できます!

 

■縦セット(平たい面が左右になるようにフックセット)

僕の場合はボトム周辺を探りたい場合にはこの縦セットで使用します。

フォール時に水の抵抗を受けにくいので比較的軽めのリグでもボトムを感じとりやすいのが特徴です!

ロッドアクションにも反応が良く「チョンチョンとアクションさせながらリフトさせて、フラットサイドに流れを受けさせるイメージで潮と同調させながらナチュラルにフォーリングさせていく」ような釣りにも向いたセッティングです!

アフタースポーニングのメバルにも有効なセット方法ですね!

 

■横セット(平たい面を上下になるようにフックセット)

横セットはフォール時に水の抵抗を受けやすい分、同じウェイトのリグ(ジグヘッド)でも縦セットより、スローかつ潮流に馴染ませたアプローチができます!

下に落ちる事に対しての抵抗が生まれやすいセッティングなので、自然と水平姿勢を保ちやすくなり、自ずとレンジキープ力も高くなります!

 

 

Dr.CHOROのデザイン(性能)をフルに引き出せるセッティングはこの「横セット」と言えるかもしれません。そしてこれからの季節にはこのセッティングが特に有効になってきます!

 

 

春の高活性な「潮に付いてエサを待ち構える」メバルには、この「潮流に馴染ませる」使い方が非常に重要で、この横セットなら、潮上からメバルがステージングするスポットに「一般的なワームよりスローに送り込める」使い方ができます!

例えば、1.5gのジグヘッドではないと届かない場所のスポットを同じ1.5gでもよりもゆっくりと通してやれるような使い方ができるのです!

 

はっきり言いまして、これはかなり使える特徴を持ったライトゲームワームです!

 

門永 晴記

 

人気のフロートリグでの使用にも非常に相性が良く、特に2.0インチはこれからの季節にベストマッチしますよ!

 

普段のピンテールワームとはまた違うアプローチができるこの「Dr.CHORO」!!

是非、皆さんのフィールドでもこの性能を試してみていただきたいです♪