FRESH VOICE

禁漁前日の長良川水系

こんにちは!

Megabass Field staffの小林です。

 

いや〜、今年もあっという間にトラウトシーズンが終わっちゃいましたね。

 

 

お疲れ様でした。今年はどうでしたか?

自分はう〜ん…イマイチって感じですね。

 

 

盛期ならアマゴはそこそこ居る感じですが、サツキマスは例年以上に少なく感じました。

いつもなら魚影を見る機会がもっと多いのですが、今年は残念ながら魚影が薄かったですね。

 

そんな状況でしたが…少し前の9月末の釣行をレポートします。

 

お盆が過ぎた頃から遡上魚や大型アマゴは更に口を使わなくなり、秋を感じさせる空気が漂う9月に入ると一気に釣果が落ち始めます。

 

それでも魚影の濃い年は通えば何らかの反応があったり、それなりに釣果が出たりします。

が…今年は違いました。毎日のように通っても魚が見られたらラッキー、くらいです。

 

それを承知で通うのも良いですが、今年は普通に通っても釣れないのは一目瞭然。

何事も無く毎日が過ぎて行き、メンタルはズタボロです。

 

なので、ここぞ!と言う時に的を絞ろうと考え…川との睨めっこが続き…。

 

好条件のタイミングなど数える程度しか無いので、雨降りや出水、引き水など、この時期は自然の恩恵を受けなければ釣れません。

 

気候+水温が下がるのか上がるのかを見極め、第六感を頼りに魚が口を使ってくれそうな時!を信じて行くのみ、です。

 

何度か良さそうなタイミングを見計らってロッドを振りに行きましたが、全て平日の早朝なので実釣時間は1時間もありません。

 

良型を見る事だけは出来ましたが、フックに掠る程度でバイトが浅く、2度目はありませんでした。

 

お盆を過ぎるとヤス&タクリ漁や網漁が解禁となり、鮎と一緒にアマゴも追われて更にスレ始めるので、口を使わせるのは至難の技です。

 

そして、9月末の禁漁3日前、前日に降った雨により川は増水!

その引き水のタイミングが今シーズン最後のチャンスと睨んでいながら、そんな時に限って寝坊で行けなかったという(笑)。

 

仕方がなく次の日の早朝に行ってみると、川の水はまだ引き切っておらず少し多い程度。

水質はクリアで川底もスケスケでした。

 

好条件では無いものの、1つだけ良かったのが無風で落ち葉が水中に漂って無かった点。

落ち葉が大量に流れている時には良い思いをした事が無いからです。

 

最初に選んだポイントは、激しい水流が岩盤に当たって流れが緩く、水深は深い所でも2m程度の開けた場所。

 

このポイントは以前に雄雌のペアが居るのを良く目にしていましたが、ここ数年は魚が着かなくなりました。

 

それだけ魚の数が減ったという事なのか、川が変わったせいなのか、毎年同じ事を思っています。

 

若干高い水位なので立ち位置は自ずと決まっています。

手に取ったルアーはGH64 HUMPBACK、カラーは来シーズン発売予定のAL オータムハレーション。

 

 

ネーミングの通り秋に強いカラーですが、シーズン初めから終盤までカバーできる婚姻色カラーです。

真夏の本流が厳しい時期にも何度か渓流で使用しましたが好反応でした。婚姻色カラーに魚が凄く反応しているのが目に見えて分かりました。

 

まずは1投目!アップクロス気味に対岸スレスレにキャスト!

深めのレンジから連続トゥイッチで誘うが反応は無い。

 

魚は居ると思うので、問題は口を使ってくれるかどうか。もう捕食では無く、威嚇でどう怒らせるか。スレでは納得がいかないので、ルアーを追って口を使って欲しい。

 

2投目はもう少しアップにキャスト!レンジも深め。

すると尺ぐらいの魚影がチェイスして消えた!

 

この時期は1度チェイスすると2度目は無いのが普通、時間が有ればルアーをローテーションして投げ続ければ出る事もありますが、それはかなり稀なケースです。

 

もう来ない可能性が高いと思いながらも、同じコースに3投目…更に深いレンジにルアーを通す!

 

そして、ここぞ!というタイミングで連続トゥイッチすると、猛烈に反応する先程とは明らかに違う魚影!

婚姻色カラーのルアーを敵だと思ったのか完全にスイッチが入っています!

 

このまま何もしないまま巻くだけでは食わない!しかし止めたら見切られるので、ロッドワークと巻きスピードに極僅かな変化をつける!

口では言い表せませんが、絶妙なサジ加減でヒットに成功!

 

シーズン終盤とあって引きは驚く程ではありませんでしたが、フックはしっかりと口に掛かっていました。

 

 

色付き始めた鼻曲がりの雄アマゴ、禁漁前日でもこの体色の薄さ、個体差はありますが今年は色付きが遅く感じます。

 

 

滅多にお目にかかれない、パーマークがはっきりと出た綺麗なヒレピンの個体!

遡上系ではなかったですが、居着きの大型秋アマゴ!今シーズンの締めに相応しい秋アマゴになりました。

 

 

シーズン終盤のルアーカラーで、やはり反応の良さが頭1つ抜き出ているのは銅色(コパー)系で、GH HUMPBACKシリーズだとAL オータムハレーションやM レッドストリームⅡなどが該当します。

 

それとパーマーク入りもしくはブナ模様的な柄がやはり強いです!

縄張りに入って来た同種の魚だと思うのか一気にスイッチが入るし、違うカラーでは反応しなかったのに銅色系に変えたら怒って喰ってくる、という事は多々あります。

 

皆さんも経験があるのではないでしょうか?足元まで猛烈にチェイスして来て、食い切れずに帰って行く。

その時に対応が出来るかどうかで釣果は凄く変わってくると思います。

 

特に終盤はチェイスしてくるだけでなかなか食わないので、盛期のように見えないところで食わせるのは非常に難しいです。

また、活性が高い小型アマゴに先に食われてしまう場合も多いので、良型アマゴを引き出せるチャンスはごく僅かだと思います。

 

 

そんな時に活躍するのがGH HUMPBACKシリーズです。

 

 

今回ご紹介したAL オータムハレーションを含め、新色6色は来シーズン発売予定です!

ぜひ宜しくお願いします!!

 

今年は禁漁になりましたが、あと4ヶ月もすればまた解禁です(笑)

 

準備して来シーズンを楽しみに待ちましょう!

では…また次回更新まで!!