FRESH VOICE

釣れるルアーの動かし方!ハゼドンの鬼ジャーク編!

こんにちは!杉浦永です。

先日、ボートチニング便で出船しました!

 

大潮のシャロー地帯を攻めることができる最高な潮周りなのは確かですが

 

1流し目…2流し目…共にフリーリグに全く反応が得られず…

「釣れない!やばい!」と感じたので低活性時の秘技「ハゼドンワインド」にシフト!

ダート系のジグヘッド+ハゼドンをセット!

 

・釣り方

まずはフルキャスト。

30mほどキャストして、リールのベールを返してカーブフォールでボトム着底。

 

ボトム着底後に、手首のスナップを効かせた「高速鬼ジャークを3発→カーブフォール」を繰り返していきます。

 

この際に高速鬼ジャークがポイント(笑)

ストロークは短めで、手首のスナップを使って素早くシャくることで

低活性なチヌのリアクションバイトを誘発します。

 

今回は鬼ジャーク3発からのカーブフォールで良型チヌがリアクションバイト!

 

ハゼドンの機敏かつ素早い動きがチヌの本能を刺激してくれました!

 

・ロッド

 

 

ボトムワインドに最適なロッドは礁楽SL-75MLS

鬼ジャークを連発していても、手首の負担は少なく、長時間楽しくシャクれちゃいますよ~

 

なにせ

ロッド全体の「張り」と「粘り」のバランスがベストセッティング!

シャくりの時は「張り」を使ってルアーに機敏で素早い動きを!

魚を掛けた後は「粘り」で礁楽SL-75MLSに仕事をしてもらって確実に獲る!

 

 

困った時のリアクションバイトの誘発!

ハゼドンワインドいかがでしょうか?