FRESH VOICE

厳寒期の船釣りにはドクターチョロが必須!浮遊ベイトパターンで爆釣!?

こんにちは!杉浦永です!

 

2月の厳寒期はホームの衣浦港内の水温も低下して、魚からのバイトが少なくなる時期です。

そんな時、ふと外に出て無風だったら!?

 

釣りに行きたくなるのが、釣り人の性。(笑)

 

そこで、ドクターチョロ2inchを2パックとジグヘッドをポケットに入れ、ボートで衣浦湾を調査してまいりました!

 

 

 

最初は下げ潮が効きやすいライト下のポイントに到着!

 

水深1mくらいでドクターチョロを巻きつつライトとの明暗を狙っていると、いきなりヒットしたのは!

 

厳寒期には珍しい太った良型のシーバス!

 

いきなり釣れて人間の活性はアップしたものの、シーバスの活性は低いようで・・・後が続かず(笑)

 

次は根魚狙い!

タックルセッティングは同じままでOK!

 

 

石畳みのポイントでドクターチョロをスローにスローにボトムを舐めるように巻いて、カサゴ、クロダイ、メッキなどの多魚種がドクターチョロに連発ヒット!

 

最後は水深10mラインのスト撃ちに移動!

 

ベイトはミミイカが潮に乗って流れていたので、ドクターチョロをストラクチャーに対してバーチカルに落としてロッドを上下させ、潮に乗せながら浮遊ベイトを演出することに!

 

するとドクターチョロのバーチカルパターンがハマり、シーバスが6連発ヒット!

 

最終釣果としてはこんな感じでした!

 

厳寒期に魚種問わず釣りをするなら、絶対にドクターチョロが必須!

ライトゲームで色々なベイトを演出してみてください!

 

 

カラーも豊富なので、ベイトやライトの光加減によってカラーチェンジをすれば釣果もさらに高まると思います!

 

春のボートシーバスのデイゲームが待ち遠しいです・・・(笑)

皆様も寒さに負けず釣りを楽しみましょう!!