FRESH VOICE

大人気のフリーリグを改良してチニング釣行!

こんにちは!杉浦永です!

 

今回は愛知県の衣浦港でナイトチニング調査をしてきました!

 

セッティングは近年人気の「フリーリグ」とワームは「ROCK HOG 2.5inch」で!

 

 

フリーリグとは誘導式シンカーにワームをセットしたバス釣りで人気のリグで、最近はソルトで使用するアングラーも増えてきました。

 

構造はシンカーストッパーを使わないテキサスリグに近いですが、着水後にシンカーが素早くボトムに着底するのでワームがフリーフォールする時間が長く、テキサスリグよりも魚にじっくりとワームを見せることができます。

 

この日は蠣殻とブレイクラインが絡むシャローエリアを、ボトムズル引きやボトムバンピング、リフトアンドフォールなど様々なアクションで探っていきました。

 

ズル引きをしながら蠣殻にシンカーを一度スタックさせ、スタックを外した瞬間に明確なリアクションバイト!

 

ラインが蠣殻に根ズレしないようにロッドを立てながら慎重にファイトし、良型のキビレをキャッチ!

 

 

フリーリグでチニングをしているとバイトは多いけど、なかなかヒットしないという状況もあります。

 

そんな時はこのリグ!

 

 

フックを少し小さくして、ワームから針先を剥き出しにするチヌボンスタイル!

 

オフセットフックと比較して、ヒット率が格段に高まるメリットがあります!

 

ただし、根掛かり率は通常のフリーリグよりも高まるので、根掛かりが少ないジャリ地帯などでの使用がオススメです。

 

根掛かりが多いエリアでは通常のオフセットフック仕様のフリーリグ、根掛かりが少ないエリアではチヌボンスタイルと、リグを使い分けてみてください!