FRESH VOICE

i-SLIDE262Tでシーバスゲーム!!

こんにちは。

ソルトスタッフ・福嶋信悟です。

 

今回は『i-SLIDE 262T』について書いてみたいと思います。

 

 

私のホーム山陰エリア(宍道湖、中海)では6月~7月に掛けて大型ベイト(コノシロやボラ)を捕食するシーバスを、ビックベイトで狙うゲームが最盛期を向かえます。

 

昨年は、メガドックをメインに狙っていましたが、今年は『i-SLIDE262T』をメインに考えていました!

 

理由は…

苦手な釣りだったので克服しようと思い!!(笑)

大きさ、動かし方が壁に感じる中、少しずつ見えてくる事をi-SLIDE262Tと会話するように改善していく。

ひたすらこの繰り返しです。

 

愛着でしょうか!?(((^^;)

 

 

シーバス用ビックベイトルアーの大型化が勢いを増す中で262mmのサイズが、大きいかどうかと聞かれると人それぞれですが、私の中では十分大きいサイズだと思います。

ですが、不思議なことに魚からの反応が返ってくると、大きさを気にすることが無くなりました。

 

今では『コイツなら大丈夫!』と思えるほどです!

 

シーズン開幕からバイト数も多く好調スタートでしたが、

フックアップまで持ち込めない…。

シーバスの動きを見ていると、勢いに欠ける感じがしました。

下から突き上げるバイトも半信半疑。

 

ルアーの動かし方はいいようですが、何か足りない様子…

『食わせの間』で262Tを止める時を点とし、点と点を結ぶ『線』の時を高速リトリーブ、もしくは青物を狙うような誘いだし的ロッドワークで繋いでみました。

 

 

すると、明らかにシーバスの飛び出してくるスピードが違う!!

その日のパターンもあったと思います。

ちなみに、i-SLIDE262Tはロッドを大きくさびくことで、横に倒れこむ平打ちを見せてくれます。

 

見せる時はしっかり見せる!

追わせるときは見切らせずスピーディーに!

 

 

使用ロッド:VALKYRIE World Expedition VKC-66XH

 

画像の通り、使う際はウエイトチューンしているのですが、私は0.5㎜の板オモリを

前5g / 後2g  のセッティングで貼っています。

 

 

これでスローシンキングにセッティングし、

その日の潮の早さなどに合わせて、重さを調整しています。

 

その日のパターンなどでアタリの出やすい動かし方もありますので、

色々と試しながら、i-SLIDE262Tとの会話を楽しんでみてください!