FRESH VOICE

巻いてゴンゴン、滑らせてボコン!

こんにちは!浜松の小野澤です。
 
暖流の関係か今年の浜名湖周辺は多くのメッキが荒ぶり、チョイの間釣行でも身近でエキサイティングなファイトを楽しませてくれています。
 
風裏の静かなシャローエリアの岸際で突然始まるメッキボイル。追われて跳び跳ねる小さなベイトのサイズにピッタリなチビマキッパ3g(プロト)を高速で巻けばたちまちゴンゴンゴンゴン!とバイトの嵐。
 

8aceiuhrar2pjswozmhk_480_480-a65aa110.jpg

 

d6aw3n3x53dssw5x9vgc_480_480-f943c8c4.jpg

 
チビマキッパの高速巻き…水面を飛び出す事もなくホントただ巻くだけでよく反応してくれます。
コツは兎に角止めない!以上!(笑)
 
マキッパのマキッパたる由縁をフルに生かしてひたすら巻きっぱなしでヨシ!です。
 
少々群れが離れたらマキッパ10gで沖からこれまた高速リトリーブ
 

bb5cdkeykc6gvz3rb9v2_480_480-f6023d1b.jpg

 
ティンセルフックを装備しているマキッパ10gなので横からカッ飛んでバイトしてくるメッキもしっかりフックアップ。
 

しかーーーし、やはり水面でバチャバチャされると上に出したくなるのがルアーマンのサガ…
 
細身の小さなベイトを補食してるので何かそれっぽいモノ無いかな~とガサゴソとバックを漁ってみるとコリーが…『私を使え』とばかりに指に絡みついて(BOXから脱走してただけ)きましたので
 
さっそく投入!
 
コリーといえば超スローシンキングタイプのメバルプラッギング用シンキングペンシル。
 
アクションも控えめで一見するとメッキの様に派手な動きに反応する魚には相反するセレクト?ですが、超スローシンキングなのを生かして潜らせない!
 
完全にトップウォーターペンシルのノリで着水したら即ドッグウォーク。
 
意外とキレ良く水面をスイスイ左右にスライドするコリー目掛けてドパン!と狙い通りバイト
 

ji2w7rdznkhb95osca9h_480_480-daad7384.jpg

 
コリーの裏技?でしょうか、これが意外にもハマって連発、しばしの楽しいトップゲームを堪能できました。
 

ibfikkntmoijdwe6c835_480_480-bd4c0694.jpg

 
さて、いよいよ今月末くらいにはマキッパの追加サイズ 3g、5g、7g が発売される予定です!
 
小さいモノから大きなモノまで巻いて巻いて楽しみましょう。
 
ではまた!

>>> GUNSHA FISHING CREW はまぞうブログ