FRESH VOICE

i-WING FRY 七色水面戦闘記

 

七色の見張り番西野が梅雨明け間近の七色ダム情報をお届けいたします。

ご存じの方も多いですが、こちら七色ダムは木々が生い茂る山間部に位置し、岸の殆どがオーバーハングに囲まれています。

そんなオーバーハング下の水面が爆発するシーズンに遂に突入しました! 

 

 

現在ゲキアツなのが今年発売されたばかりのi-WING FRYです。

66mmのサイズ感が絶妙で非常に使い易く、怒涛の連発バイトで水面がパラダイス♪ 

 

i-WING135譲りの大きなウイングによるクロールアクションがルアーの存在感を高め、ディープの魚でさえ水面に誘い出します。

基本アクションはストップ&ゴーで使用していますが、稀にシェイクを加えるアクションが更にお勧めで後方を追尾する悩めるバスにスイッチが入っちゃいます。 

 

 

キャストにお勧めなのが私も使っているBrand New DESTROYERF1-63X“POPX STICK”です。

ルアーウェイトキャパが1/8~1オンスもあり、i-WING FRY以外にも様々なトップウォータールアーに対応するロッドです。

短めのレングスがオーバーハング下へのアンダーハンドキャストを容易にし、シェード奥のピンポイントの狙い撃ちを可能にしました。LBOⅡを搭載したi-WING FRYとの組み合わせはもはや無敵レベルかと。

 

 

昨年はi-WING135で七色ロクマル寸止めフィッシュを水揚げしましたが、i-WING FRYの登場でこの夏は更にトップウォーターゲームが面白くなりそうです。 

追加情報ですが、発売直後から品薄となっていたi-WING FRYの再生産品の出荷が近日予定されている様なので、セミの大合唱シーズンに仕込みが間に合いそうです♪