FRESH VOICE

亀山レポート

今年は梅雨が続き水温もなかなか上がり辛い状況が続いていましたが、この所やっとこの時期らしい天候になり、水温も例年通りとなってきました。

 

引き続き満水をキープしている亀山ダムですが、満水となるとバンク沿いをクルーズする個体やそこに絡む立木等に着く個体をダイレクトに狙い辛くなってしまうという状況も発生してしまいます。

これが多少なりとも減水傾向にあればダウンショットやテキサスリグでバンク奥の立木等を狙う事が可能なのですが満水状態ではこれらのリグでオーバーハング下を狙うにはやや不向きとなってしまうので、ここ最近全体的な釣果が芳しくないのもこの事が原因の1つとも考えられます。

 

そんな状況ではTKツイスターJr.ノーシンカーのバックスライドセッティングで!

 

 

ハングギリギリにキャストしてもラインテンションを抜く事によってバックスライドをしてくれて岩盤のハング下にある立木もストレス無くダイレクトに狙う事ができるので現在の満水の状況下では重宝するルアーです!

 

 

ラインは8~10ポンド。ちょっと細いと思われるかもしれませんがこれにより、ラインの抵抗を減らして更にスライド幅を稼ぐ為のラインセレクトです。

 

その他には少しアプローチは難しくなりますが、よりフィネスに寄せたアプローチはトーナメントクローラーのネコリグをスキッピングで撃っていくスタイル!

 

 

 

岩盤に絡んだ立木等をダイレクトに狙うのならばダウンショットが適していますが満水状態ではスキッピングでハングの奥の立木を狙うのは少々厳しいのでシンカーとワームが独立していないネコリグがダウンショットに比べてアプローチをし易いかと思います。

また、立木までもやや水深がある為に目的のレンジに早くフォールさせられてノーシンカーより操作性の高いネコリグの方が立木等に絡め易いという所もあります。

ウエイトは0.6~1.3グラムを状況により使い分けていきます。

 

勿論、この時期に狙いとなるのはオーバーハングだけではなくアフターから完全に回復しフラットや岬周辺でベイトにフィーディングをする個体も増えてきます。

こちらはフラットや岬に絡むストラクチャー周辺やブレイク周辺が特に狙い目となります。

 

ベイトフィッシュが溜まっている場所では朝夕は勿論の事、昼間でもフィーディングを行っています。

その、待機状態やクルーズしてくる個体にはパタリロのライトキャロが効果的です。

釣り方のイメージとしてはフィーディング最中のバスを狙うというよりベイトを探してクルーズしている最中のバスやベイトにつられてバンクに寄った際に見つけさせてやるといった感じのアプローチになります。

 

 

見つけさせるという点においてはステイ時においても僅かな水流に反応してさりげなく存在感をアピールする事ができるパタリロの極薄なツインテールがとても有効になってきます。

 

 

 

それから同エリアにいるニュートラル状態の個体に対してや実際にフィーディング中のバスに対してはドッグX Jr.コアユの高速ドッグウォークでスイッチを入れさせてバイトをとるという釣りも効果的になってきます!

これらのフィーディングに関わる釣りはこれから減水が始まってきても有効になりますのでオススメなアプローチ方法です!

 

これから夏に向かい徐々に減水していく事が予想されますが満水状態でのオーバーハングの釣りやフィーディングに関わる釣り等を今回のようなアプローチをつかって是非夏バスを攻略してみてください!