FRESH VOICE

平成最後のビックフィッシュ

こんにちは

フィールドスタッフの小林です。

 

GWバタバタでレポート出来なかったので更新が遅れましたが…改めてレポート致します。

 

4月29日

大型GW序盤の長良川本流盛期を迎え釣り人の姿をあちこちで見る早朝の釣果でした。

 

今年の序盤は長良川中央管内を攻めようと思っていたので4月中旬ぐらいから中央管内に足を運び…ポイント確認していました。

 

そんな中…更に下流の漁協管轄が変わる岐阜市内にてサツキマスやモドリの釣果を聞くようになり中央管内でもサツキマスが上がったと聞き、もうファーストランの遡上魚が数は少ないと思いますが、居てもおかしく無い状況。

 

 

鱒が居るかも!と思いつつ

中央管内下流部に早朝4時半に到着。

 

もう気が抜け無い状況なので1投1投…丁寧に!

いつバイトが来てもいいように緊張感ピリピリです。

 

 

下流から上流へ歩きながら、1時間ぐらいやりましたが…全く…。

 

雰囲気はいいのですが、アマゴのチョイスすら有りません。

ましてや中央管内はアマゴの数も少ないボウズ当たり前ですからね…。

 

反応無ければ移動のみ、2箇所目。

 

車で上流へ少し移動。

 

瀬、深瀬、開きがある良いポイントです!

時間は午前6時を少し回った頃で先行者は居なかったかなぁ〜と思います

 

この開きならアマゴ出そうと。

…が、居ない、出ない。

 

 

更に上流の深瀬、ここの確信部は対岸側に岩が沈んで居て、流芯の流れがカーブしてその岩に当たってる場所。

 

付くならあそこかな!

 

立ち位置は変えず、少し上流からドリフトを効かせながらその沈み岩際を通した瞬間!

 

ギラッギラッて追って来る魚体が…その体高、長さでデカイ!!

これは…もしや!と頭をよぎる。

 

リトリーブスピードが速く感じたので少し速度を落とした瞬間、ガツン!

 

久々の強烈なバイト!首振りやローリング!

 

この重さ…まさか…。

 

最初はいい引きでしたが…これ違うな!

ジャンプしないけど…違う!

 

寄って来たのは…なんと!

 

 

 

長良幅広レインボー…虹鱒でした(^_^)v

 

 

 

 

50cmを少し切りますが、体高はなんと…13cm!幅広虹鱒(^_^)v

 

 

コンディション最高のかっこいい魚体でしたね!

 

 

本命では無いが…これはこれで嬉しい1尾。

 

 

コレが平成最後となったビックフィッシュ!

 

 

 

このサイズ、コンディションは長良川ではなかなか出ませんので

価値は高いかと思ってます(^_^)v

 

 

 

このサイズが居れば60…70も居るでしょうね。

 

 

長良川では虹鱒は放流して居ない河川なのに…

このネイティブ化したレインボーはどう言う事を表しているのでしょうか?

 

 

GWも終わりハイシーズンがやって来ました!

平成は幕を閉じましたが、令和も思い出に残るメモリアルフィッシュを求めて行きたいと思います。

 

では、次回ブログ更新まで。

 

 

■ 使用タックル

ロッド:GH57-3LS

リール:GAUS 20X

ライン:PE 0.6号+リーダー 1.7号

ルアー:X-80Jr.(和銀セツキアユ)